TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

2016年度のスーパー惣菜/CVS・FF市場は、前年比3.3%増の3兆6,763億円となった。要因としては、共働き世帯や単身世帯、シニア層の利用者が増加したことが挙げられる。当資料では、今後の拡大が期待されるスーパー惣菜/CVS・FFの市場動向を調査し、米飯・惣菜事業の商品戦略・開発動向を分析。さらに、関西圏の主要スーパーの品揃えを調査し、現状のスーパー惣菜の店頭販売実態も明らかにしている。

カフェ(喫茶店)市場は、2016年度で1兆1,666億円となった。このうちフード分野は、約23%の2,672億円となった。近年のカフェフードは大手企業を中心に、競合店との差別化により、サンド類やトースト等のパンメニューや単価の高いパスタメニューの開発が強化されている。当資料はカフェフード市場を種類別に実査するとともに、食材マーケットも分析することで、食材メーカーの営業開拓のためのデータとしている。

2016年度のダイエット食品市場は、前年度比4.1%増の873億円となった。同年度は、機能性表示食品を上市した企業や、ダイエット領域に特化した健康食品企業が躍進。加えて、燃焼系・抑制系の訴求商品が支持を集めたことで市場が拡大している。当資料は、ダイエット食品市場についてサプリメント、代替食品、ドリンクを対象に調査。さらに、ダイエット食品を訴求別に分類し、商品展開や市場規模等を分析している。

今回、1年以内に「かゆみ」「かぶれ」「ニオイ」のトラブルに対して何らかの対策をした20代~60代女性を対象に、デリケートゾーンのトラブル実態と商品ニーズに関する調査を実施。その結果、「かゆみ」のトラブルは再発率が高く、OTC利用者は5割弱にのぼることが分かった。また、「ニオイ」対策におけるデリケート用のソープや石鹸の利用者は3割程度と少なく、これら商品の使用感の訴求が今後の課題となっている。

近年の食系企業は、特に“健康”を切り口とした高付加価値製品の開発に注力している。これは、乳酸菌の機能性に対する注目度の高まりや、今後のシニア層の拡大などが背景にある。このほか、応用製品の開発に向け、機能性表示食品制度を積極的に活用する動きも目立っている。当資料は、食系企業27社を対象に、基礎・開発研究から製品開発動向について、健康・機能性製品事業の推進状況と、R&D戦略の両面から調査している。

当資料は、欧米化学メーカー16社の成長戦略を分析したもの。近年の欧米化学メーカーは、経営資源を重点事業と注目エリアに投下することで、利益重視の成長を図っている。具体的には、注力事業の買収及び非コア事業の売却、さらに経営効率を意識した事業再編を推進。その結果、営業利益が大幅に改善された。当資料は欧米化学メーカー16社について、業績分析、R&D戦略、主要生産投資状況などを詳細にレポートしている。

2016年度の機能性表示食品市場は、前年度比約3.2倍の851億円となった。2017年度は、さらに倍の1,690億円となる見通し。拡大要因としては、相次ぐ届出受理製品の上市や、健康意識の高まりによる需要増などが挙げられる。当資料では、2017年6月30日までに届出受理された978商品を、16のヘルスクレームに分類し、これらの市場や商品を分析。さらに、各社の販促活動についてもレポートしている。

2016年の中国の健康食品市場は、前年度比6.6%増の2,100億元となった。同市場は、消費者の健康意識の高まりや、所得水準の向上、医療費の負担増大、高齢化の進展、慢性疾患患者の増加等の影響により急速に拡大している。当資料では、中国の保健食品やサプリメント、機能性飲料の市場動向を調査。さらに、主要な現地企業及び外資系企業16社の商品展開状況、売上分析、販売方法、販売促進活動等も分析している。

今回、美白や紫外線対策のために美容食品、健康食品、医薬品のいずれかを摂取している20代~60代の女性を対象に、インナーUVの商品ニーズに関する調査を実施。その結果、「シミ」などの肌トラブルや、紫外線・日焼けへの対策意識が高いことがわかった。しかし、対策アイテムを2点以上重ね使いしても紫外線を完全には防ぎきれず、特に「顔」の紫外線対策では、被験者の93.9%の人が失敗していることが明らかとなった。

2016年度の加工米飯市場は、前年比5.9%増の1,951億円となった。家庭用米飯では、個食の増加傾向により、簡便性や味への評価が高い冷凍米飯の売上が大幅に増加。一方で業務用米飯は、外食産業の人手不足により簡便調理が可能な加工米飯の需要が高まっている。当資料は、加工米飯市場について、用途別、ジャンル別、加工形態別、種類別のほか、参入各社の商品動向や販売促進策などを調査・分析している。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.