株式会社総合企画センター大阪

会社概要

株式会社総合企画センター大阪
商号
株式会社総合企画センター大阪(カブシキガイシャソウゴウキカクセンターオオサカ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.tpc-osaka.com/
  • 公式facebook

株式会社総合企画センター大阪が過去に配信したプレスリリース

今回、飲料メーカー21社の2017年1月製品発売状況を集計。調査の結果、飲料商品投入数は合計40品目であった。

2015年度のパウチ惣菜市場は、前年比4.5%増の1,514億円となった。同市場は、共働き世帯の増加や高齢化により需要が拡大しており、個食に適した容量、保存性の良さなどからニーズも高まっている。当資料はパウチ惣菜市場について、分野別及び種類別の市場規模、企業別シェア、商品展開状況を調査。さらに参入各社のパウチ惣菜事業の動向を分析し、今後のマーケティング活動に有用なデータとしている。

東南アジア7ヶ国の飲料市場は、2016年度で2兆3,337億7,300万円となった。各国の飲料市場では、健康志向の高まりからカロリーオフタイプや無糖タイプの需要が増加しており、今後は健康を訴求した商品・カテゴリーの市場拡大が見込まれる。当資料は、東南アジア7ヶ国における飲料市場をカテゴリー別、メーカー別で調査。現地での飲料の販売ルートや現地有力企業等についても分析している。

今回、1ヶ月以上継続的かつ定期的に「糖(血糖値)」対策の特定保健用食品または機能性表示食品を摂取している20~60代の男女を対象に調査を実施。その結果、男性は糖尿病やメタボリックシンドローム、女性は体型や肌の変化など見た目を意識して糖対策を行っていることが分かった。今後、糖の吸収を抑えるには、トクホのお茶が最も有効であるという認識が強かった。

今回、関節リウマチの薬物治療を受けている30歳以上の男女を対象に、治療の実態について調査を行った。その結果、分子標的薬使用者は、非使用者よりも薬物治療の効果を実感していることが分かった。また、生物学的製剤使用者のうち5割は、バイオ後続品の使用意向が高いことも明らかとなった。本調査は処方薬の実態と薬粒治療全般に対する評価及び今後の使用意向について集計・分析したものである。

当資料は、2014年度および2016年度に実施した「骨粗鬆症の患者調査」において、連続参加した被験者145人の薬剤変更状況や骨密度・満足度について追跡調査を行ったものである。調査の結果、薬剤処方内容は、いずれの年度でもBP製剤のみを処方された被験者が約4割を占めることが分かった。さらに、処方内容の変更状況では、2014年度の内容から全く変更がなかった被験者が全体の51.0%となった。

2015度の肥料・土壌改良材市場は前年度比0.3%減 の1,928億円となった。同市場は、農家の高齢化や輸入農作物の増大等により国内需要が伸び悩む中、商品的には有機質肥料等のニーズの高まりや海外進出が活発になっている。当資料では、肥料・土壌改良材の国内市場を種類別・企業別に算出するとともに、主要企業の事業戦略を分析。参入各社の今後のマーケティング活動に有用なデータとしている。

国内の医療用医薬品市場を取り巻く環境が厳しくなる中、国内企業では、開発の質やスピードの向上など、R&D業務の効率化を目的とした組織改編が相次いで行われている。一方、外資系企業では研究機関や企業との提携を進め、開発の加速化が図られている。当資料では、国内専業企業、国内兼業企業、外資系企業の28社を対象に、各社の研究体制、R&D費用・R&D比率、新薬の発売・開発状況などを調査している。

2015年度のスキンケア市場は前年度比1.7%増の1兆531億円となった。洗顔料、美容液、化粧水のほか、根強い人気を誇るオールインワンアイテムが伸長。また、オイル美容ブームによりスキンケアオイルの売上も好調に推移した。当資料では、スキンケアの主なアイテム6種類における市場の沿革や商品分析、チャネル別・ブランド別・剤型別売上高などを調査。今後の各アイテムの商品開発の一助となるデータとしている。

今回、飲料メーカー21社の2016年12月製品発売状況を集計。調査の結果、飲料商品投入数は合計37品目であった。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.