TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.tpc-osaka.com/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

当資料は、2011年度から2015年度までのDPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」を基に、癌種別の癌化学療法に関するデータをレポート。2015年度は、肺の悪性腫瘍に対して化学療法を実施した症例数が15万例を超え最も多く、全体の17.6%を占めている。治療施設数をみると、結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍に対して化学療法を行った施設が1,800施設以上でその割合は58.9%と最も多い。

2016年度の健食通販市場は前年度比4.3%増の5,320億円となった。分野別では、サプリメントの拡大が顕著である。訴求別では、睡眠改善が拡大傾向にある。また、アイケア訴求も近年著しい成長を見せている。こうした市場拡大の背景には、機能性表示食品制度の施工が影響している。当資料では、主要通販専業メーカー、製薬・化学などの異業種メーカー計21社の健食通販の展開商品や売上高などについてレポートしている。

皮膚外用薬の日・米・欧における2015年度の市場規模は前年度比5.9%増の1兆3,917億円となった。タイプ別では局所作用型が前年度比12.6%増の9,106億円。一方、全身作用型は前年度比4.9%減の4,811億円となった。当資料では、皮膚外用薬市場及び開発動向を日・米・欧3極で調査・分析。企業別データとして国内・海外企業計29社の製品展開、開発状況及び販売高をレポートしている。

2016年度のロコモティブシンドローム関連商品の市場規模は前年度比7.0%増の1,354億円で推移している。市場拡大の要因としては、アクティブシニアの増加、現役世代への拡販、機能性表示食品制度の開始などが挙げられる。訴求機能の傾向としては、複合訴求・統合型商品の拡販が著しい。当資料では、主要企業21社の商品分析、商品の売上高、販売方法を調査分析している。

2016年度の酒類市場は、低アルコール、ウイスキー、ノンアルコールが前年を上回った。こうした中、税制大綱において2026年の酒税の改正が明記されたことで、ビールと低アルコール飲料の価格差が小さくなり、需要獲得競争は激化する。各社は同カテゴリーの強化を行う方針。当資料では、酒類市場を分野別に調査・分析するとともに、メーカー別・ブランド別のシェアや商品動向、今後の市場性などについてレポートしている。

製薬企業の提携戦略では国内外問わず積極的なM&A戦略がとられている。こうした中、製薬企業ではアカデミアや創薬ベンチャーから創薬シーズや技術導入を行うオープンイノベーションをするなど、提携戦略が多様化している。また、近年は再生医療への関心が高く、各社で同分野への参入が相次いでいる。当資料では、国内製薬企業18社を対象に、各社の提携状況や新薬候補物の導出・導入・共同研究/開発の実績を調査分析している。

今回、1年未満に「顔の肌トラブル」を経験し、スキンケア医薬品「IHADA」「Saiki」「カユピット」「キュアレア」のいずれかの利用歴がある20~50代の女性516名を対象にアンケート調査を実施した。その結果、カサつき・乾燥、かゆみ、赤み改善のためにスキンケア医薬品を利用した人が多く、頬や目・口のまわり、額に症状が起こりやすいことが分かった。

今回、65歳以上の要介護予備軍の高齢者と同居する家族を対象に、要介護予備軍の栄養状態や栄養強化食品の利用状況に関するアンケート調査を実施。その結果、要介護予備軍に栄養強化食品を「利用したい」とした人は27.6%となった。今後の需要拡大にあたっては(1)高齢者の低栄養問題及び栄養強化食品の啓蒙活動、(2)栄養不足の問題を抱える要介護予備軍へのアプローチ強化による潜在需要の掘り起こしがポイントとなる。

2016年度のゼロ・オフ飲料市場は、前年比4.8%増の9,644億5,000万円となった。伸びた要因としては消費者の健康志向が高まり、清涼飲料市場において存在感が大きくなっている事が挙げられる。近年は、ゼロを訴求した飲料の需要が大きく、コーヒー飲料や茶系飲料が市場を牽引している。当資料では、ゼロ・オフ飲料の中で、より市場が伸びているゼロ飲料の市場動向と商品展開状況についてレポートしている。

近年の国内の食品市場は、人口減少や少子高齢化により縮小傾向にある。このため食品企業各社は海外展開を強化、特に食品需要の旺盛なアジアや米州での事業拡大に力を入れている。商品としては、アジアでは高付加価値で簡便性の高いメニュー用調味料やカップめん、米州ではアジアンフーズの需要が拡大している。当資料では、調味料・加工食品・食品原料を展開している食品企業を対象に、海外での事業戦略を分析している。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.