TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

2016年度の主要11ヶ国における健康食品市場は、前年度比6.1%増の8兆5,786億円となった。同市場は、東南アジアを中心とする新興国や中国で、急速な経済成長や食生活の変化による健康意識の高まりに伴い、健康食品の需要が向上している。このため、日本の健康食品企業は新しい市場を求め、海外進出の動きを活発化させている。当資料では、日本の健康食品企業における海外事業展開の戦略を明らかにしている。

今回、10~60代の男女を対象に、ホットドリンクの飲用実態とニーズについて調査を実施。その結果、今冬ホットドリンクを飲んだ人は、前年より増加したことがわかった。特に、コーヒー類で「カフェオレ」など“砂糖・ミルク入りの甘いもの”のニーズが急増しており、今後の利用意向も高かった。しかし、週1回以上利用する「ヘビーユーザー」は減少しており、今後は「ヘビーユーザー」の育成・定着化が課題であるといえる。

2016年度のスキンケア市場は、前年度比2.4%増の1兆799億円となった。各社は、インバウンド需要の落ち着きを背景に、国内顧客へのアプローチを強化している。また、近年は“シワ改善”や“肌の土台づくり”に着目した商品が増加しており、今後は“アンチポリューション”を謳う商品も増える見通し。当資料は、スキンケアアイテム7種の商品分析、チャネル別・ブランド別・注目カテゴリー別売上高等を分析している。

近年、国内医療用医薬品市場における参入各社の多くは、重点領域を絞り経営資源を投入するなど、自社開発力の向上に注力している。また、同業他社に留まらず、ベンチャー企業や大学などの産学とも連携し、開発パイプラインの充実とR&D効率の向上も図っている。当資料では、国内専業企業、国内兼業企業、外資系企業の28社を対象に、大型製品のパテントクリフや後発品の台頭に対応する各社のR&D戦略をレポートしている。

近年の清涼飲料市場は、既存ブランド強化のためのフレーバー・容量の拡充や、利益率が高いブランドの拡販に注力する動きが目立っている。その中で、各社は独自性を持った高付加価値品の展開を進めている。特に近年は、消費者の健康意識の高まりを受け、機能性を重視した商品展開が活発化している。当資料では、9カテゴリーの飲料を抽出し、商品展開や市場規模、参入各社の取り組みなどを、多角的な視点から分析している。

国内の化粧品市場における主要各社は、販売拠点の拡大や買収による販路の拡大、生産拠点を現地化するなど海外展開を加速させている。特に、日本品質への需要の高まりから、『Made in Japan』によるブランド力の強化や、デジタルへの取り組みが活発化している。当資料は、化粧品企業が展開している海外事業への参入経緯や組織体制、拠点、事業方針などを分析し、グローバル展開の戦略を明らかにしたものである。

今回、現在、定期的にプロテインを摂取している20~70代の男女を対象に、プロテインの摂取実態とニーズについて調査を実施。その結果、週1以上で運動・スポーツをしている人は83.5%にのぼった。さらに、若年・中年層はダイエットを目的に、高年層は衰え防止といった“健康”を意識して運動している人が多かった。また、女性はプロテインに対して、“美容・ダイエット・ロコモ”等の効果を求めていることもわかった。

2016年度の樹脂添加剤市場は、2,297億5,000万円となった。販売単価の下落や公共投資の削減等により縮小したものの、低毒性に優れた高機能製品のニーズが国内外で伸長している。よって2017年度は一転して、前年度比3.2%増の2,370億円となる見込みである。当資料は樹脂添加剤9品目を対象に、品目別・用途別の市場規模や企業別シェア等を調査。今後のマーケティング活動に資するレポートとしている。

2016年度の糖質ゼロ・オフ食品市場は、前年度比28.0%増の210億円となった。糖質制限は、ここ数年でテレビや雑誌等の特集が増えたことから認知度が向上し、ダイエットや生活習慣病予防に取り入れられている。今後も同市場は、主食系を中心に2桁成長が続く見込み。当資料は、糖質ゼロ・オフ食品の主食系、調味系、惣菜系を対象に、分野別及び種類別の市場規模、商品展開状況、参入各社の動向等を分析している。

2017年度の在宅高齢者向け配食サービス市場は、前年比3.4%増となる見通し。今後も高齢化や医療・介護の在宅化の推進による成長が期待される。そうした中、各社はFC店舗の開拓、配送エリアの拡大、冷凍弁当・惣菜セットの投入等に注力している。当資料は、在宅高齢者向け配食サービス市場を種類別、配送方法別等で分析するとともに、参入企業の生産・仕入れ体制、営業体制・販売手法等についても調査している。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.