TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.tpc-osaka.com/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

近年の国内の食品市場は、人口減少や少子高齢化により縮小傾向にある。このため食品企業各社は海外展開を強化、特に食品需要の旺盛なアジアや米州での事業拡大に力を入れている。商品としては、アジアでは高付加価値で簡便性の高いメニュー用調味料やカップめん、米州ではアジアンフーズの需要が拡大している。当資料では、調味料・加工食品・食品原料を展開している食品企業を対象に、海外での事業戦略を分析している。

2015年度の国内の界面活性剤市場は、前年度比2.0%減の2,364億円となった。市場縮小の要因としては、ナフサ価格下落や建材市場の市況悪化、需要先メーカーの海外生産移転が進行中である点が挙げられる。当資料では、界面活性剤の市場分析のほか、国内主要企業の事業規模を用途別、種類別に算出。さらに各社の研究開発動向等も明らかにしており、今後のマーケティング活用に有用なデータとしている。

2015年度の美白スキンケア市場は前年度比7.7%増の2,314億円となった。要因としては、インバウンド需要により、カウンセリング系ブランドが好調であったほか、同市場をけん引している「HAKU」や「ホワイトショット」が大きく貢献したことが挙げられる。当資料では、美白化粧品の市場動向を企業別、ブランド別、種類別、成分別、価格帯別に徹底分析するとともに、今後の市場性と方向性についてもレポートしている。

2015年度のプラスチック製食品容器・包装材市場は、前年度比1.8%増の5,494億円となった。同市場は、食の簡便化ニーズの増加に伴い、惣菜及びレトルト食品用途への需要が拡大している。当資料では、(1)食品容器・包装材の種類や用途、素材等の市場分析、(2)主要企業の事業動向、さらに(3)新規顧客開拓のための惣菜メーカー約400社を掲載。今後のマーケティング活動に有用なレポートとしている。

2015年度のめん類市場は、前年比1.9%増の1兆767億円となった。同市場は、少子高齢化等の理由から、簡便、健康、個食といった切り口の商品需要が増加している。その中で、各社は基幹ブランドの強化や付加価値商品の開発に努めている。当資料は、めん類市場を種類別、業態別、フレーバー別等で分析。各社の商品開発動向や広告・販売戦略を明らかにし、今後の商品開発及びマーケティング活動に役立つデータとしている。

今回、飲料メーカー21社の2017年2月製品発売状況を集計。調査の結果、飲料商品投入数は合計124品目であった。

2015年度の機能性食品素材の市場規模は、前年度比5.1%増の521.5億円となった。同市場は、機能性表示食品制度によって“目の疲労感、ピント調節”“肌の水分保持”等の具体的な効果の表記が可能となり、このことが市場規模の拡大に繋がっている。当資料では、機能性表示食品制度により今後活性化が見込まれる機能性食品素材市場について、主要成分別に展開企業、研究開発動向、今後の市場性等を調査している。

2015年度の焼菓子専門店市場は、1.9%増の7,255億円となった。同市場では土産需要が拡大しており、新規ブランドの立ち上げや、店舗エリアの拡大による地域限定菓子の開発等が図られている。当資料は、焼菓子専門店市場を種類別・地区別に調査するとともに、全国130社の焼菓子専門店企業の売上実績、店舗展開状況等を明らかにすることで、菓子原材料メーカーの販路拡大に役立つデータとしている。

2016年度の清涼飲料市場は、金額で前年比3.6%増の3兆8,173億円となった。市場拡大の要因としては、主要カテゴリーであるコーヒー飲料や茶系飲料等の既存ブランドの強化策が奏功。具体的には新シリーズの投入やリニューアル及び販路の拡大が挙げられる。当資料では、清涼飲料市場をカテゴリー別に、その市場動向や参入企業の販売動向を分析し、今後の需要拡大に向けた商品開発ポイントを提案している。

今回、パーキンソン病に対する薬物治療の実態とアンメットニーズを明らかにするために、パーキンソン病患者を30人以上担当している専門医30名にインタビュー調査を実施した。調査内容としては、第1選択薬とその処方対象、L-dopa製剤と併用する薬剤の使い分け、各薬剤の処方患者割合、L-dopa製剤と併用する薬剤の評価、今後の処方意向と薬物治療のニーズなどを分析している。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.