TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

2016年度の糖尿病薬市場は、日・米・欧3極で3兆7,760億円となった。同分野では、「Lantus」のバイオシミラー参入の影響などにより、インスリン製剤市場が縮小したものの、GLP-1作動薬やSGLT2阻害剤については市場が拡大している。当資料では、日・米・欧3極の糖尿病薬の市場及び開発動向を分析しているほか、主要企業15社の商品展開や開発状況、販売高についてもレポートしている。

2016年度のメニュー用調味料市場は、前年比2.7%増の2,348億円となった。同市場では、有職女性や単身世帯の増加に伴いパスタソース等の需要が拡大。さらに、近年は単独世帯やシニア世帯等の「本格派」志向のニーズを受け、「簡便性」だけでなく「本格・高級」にフォーカスした商品展開も広がりを見せている。当資料では、メニュー専用調味料における分野・種類別の市場推移や、参入各社の販売動向等を調査している。

2017農薬年度の農薬国内出荷額は、前年度比1.8%増の3,369億6,200万円となった。縮小傾向から一転した要因としては、多くのメーカーが将来的なグローバル展開を見据え、基盤強化や商品開発を進めている点が挙げられる。当資料では、国内の主要農薬メーカー18社を対象に、各社の製品展開やR&D展開状況、主要提携状況、海外事業展開の動向等を分析することで、今後の事業戦略立案のためのデータとしている。

今回、NAFLD/NASHの治療の実態を探るべく、医療機関を受診している307人を対象にアンケート調査を実施。その結果、食事療法または運動療法について、8割の人は医師から指示されているものの、指示通りに行っている人は少ないことが分かった。さらに、減量目標の達成度も全体的に低かった。その一方で、体重減量や肝臓の状態改善に対する意欲は高く、薬物治療のニーズも高いことも明らかとなった。

2016年度の精神神経薬市場は、日・米・欧3極で前年度比9.8%減(円ベース)のおよそ3兆4,653億円となった。要因としては、大型製品の特許の満了が相次いでいることが挙げられる。ただし、日米では新薬の成長が期待されており、2017年度以降は各通貨ベースで拡大する見込みである。当資料では、日・米・欧3極の精神神経薬について分析。さらに、主要各社の製品展開や販売・開発状況についても調査している。

近年、世界では環境・持続可能社会を目指す動きが活発化し、ますます環境負荷低減ニーズが増加している。特に自動車排ガス触媒や膜・中空糸膜製品が注目されており、各社はM&Aを用いたグローバル展開、各種規制強化に対応した製品や高機能・高付加価値製品の開発を推進している。当資料は、環境浄化資材5品目を対象に、種類別、用途別市場規模の分析と、参入企業の事業展開動向及び技術開発動向についてレポートしている。

2016年度のケミカルメーカー18社の情報電子材料事業は、前年度比3.6%減の2兆6,136億円となった。同市場は、円高等により需要が低迷したものの、これらケミカルメーカーは、今後大幅な需要拡大が見込めるディスプレイ材料や半導体材料等に注力している。当資料では、ケミカルメーカー18社を対象に、情報電子材料事業の製品展開状況、事業規模、事業推進体制、今後の事業戦略等について分析している。

今回、「サントリーセサミンEX」を購入したことがある45~79歳の男女を対象に調査を実施。その結果、摂取のきっかけや理由としては、将来の健康が保証されそうなブランドイメージを持っており、その効果も、約4割の人が「疲れにくくなった」「体調がよくなった」等を実感していた。さらに、「定期」にスイッチする人も44.2%と多く、これら3つの点が同商品の強みとなっていることが明らかとなった。

今回、「免疫力向上、脂肪の低減、アレルギー疾患の改善、美容・アンチエイジング」を求めている男女を対象に、乳酸菌・ビフィズス菌配合商品に関する調査を実施。その結果、求められている機能は「免疫力向上」であった。また「脂肪の低減」を訴求している商品の効果は、利用者の求める効果と一致している割合が高かった。さらに、訴求ポイントとして有効なキーワードは“生きて届く/働く、乳酸菌の働き、増殖”であった。

今回、食事や調理について何らかの悩みを抱える60歳以上の男女を対象に、シニア層の食事問題に関する調査を実施。その結果、被験者は糖質・カロリー・塩分の取りすぎ、かみづらさ、メニューのマンネリ化、調理の準備や後片付けの手間に悩んでいることが分かった。また、こうした悩みに対し、栄養バランスや塩分・糖分に配慮した食事を求める声が多く、時短ニーズを満たす冷凍食品、レトルト食品等の利用意向が高かった。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.