TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.tpc-osaka.com/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

2016年度の食品添加物の市場規模は、前年度比0.4%増の7,884億円となった。食品添加物の各企業では、機能性を高めた新製品の開発と、新たな用途開拓に注力している。具体的には、今後需要が期待される介護食や流動食、健康志向食品などが挙げられる。当資料は、食品添加物を11カテゴリーに分類し、市場規模、種類別動向、メーカー別シェア、主要企業の展開動向などを調査している。

2016年度の惣菜市場規模は、前年比2.3%増の6兆3,230億円となった。市場拡大の要因としては、女性の社会進出や高齢化、単身世帯の増加、節約志向による外食からのシフトが挙げられる。当資料では、今後の中食市場を支える全国の惣菜関連企業929社の動向を調査し、業務用食材の営業先開拓の一助となるデータとして掲載。また、惣菜市場を種類別、チャネル別、地区別に分析し、中食市場の全貌を明らかにしている。

2016年の中南米地域の農薬市場規模は、140億9,000万ドルとなった。これは、世界の農薬市場全体のおよそ3割を占めており、ブラジルを中心に有力市場として注目されている。当資料では、主要国であるブラジル、アルゼンチン、メキシコ、チリ、コロンビアを対象に各国の市場特性、市場規模を調査。さらに、主要企業における中南米の進出事例を分析し、今後の新たな事業展開の一助となるレポートとしている。

今回、体温アップ対策商品のニーズを探るべく身体の不調を解消するために「身体を温める」ことを継続的に行っている女性620名を対象にアンケート調査を実施した。その結果、冷えだけを感じる冷え型は45.5%、低体温だけを感じる低体温型は7.3%、低体温も冷えも両方感じる低体温&冷え型は39.5%いることが分かった。また、身体を温めることで期待することのトップは「免疫力の低下」を解消することであった。

2016年度のスープ市場は、前年比3.5%増の1,545.5億円と好調に推移した。大手各社の積極的な製品リニューアルと新規商品の投入、外食産業の需要増加等が要因として挙げられる。特に市販用では、有職女性を主なターゲットにした「高品質」なスープの開発が活発になっている。当資料では、スープ市場を用途別、分野別、種類別、フレーバー別に分析。今後の市場や主要各社の動向についてもレポートしている。

2016年度の冷凍パン・スイーツの市場は、前年比3.3%増の753億円となった。市場拡大の要因として、人手不足や熟練者不足の課題を抱えるサービス業界において、現場での時短・簡便ニーズを満たす商品として、外食市場を中心に需要が増加していることが挙げられる。当資料では、冷凍パン・スイーツ市場を分野別・種類別・用途別などにより調査・分析。商品政策や販売促進策など参入企業の動向についてもレポートしている。

今回、アトピー性皮膚炎の処方薬の服用実態と評価を探るべく、アトピー性皮膚炎患者514名にアンケート調査を実施。その結果 “かゆみに対する速効性と持続性”“薬剤費”についての評価は低く、全体的な満足度も高くないことが分かった。当資料では、皮膚症状とかゆみの程度、処方薬に対する評価と満足度、新しい注射薬/内服薬に対するニーズなどをポイントに集計・分析している。

今回、「免疫力」対策商品のニーズを探るべく1年未満に免疫力の向上のために食事・ヨーグルト・サプリメントなどを摂取した30代~70代の男女618名に免疫力対策の内容や効果、今後の商品ニーズについてアンケート調査を実施した。その結果、免疫力の低下や疲れ対策として約9割の人が「食事・飲料・ヨーグルト」を摂っていることが分かった。また、「サプリ・健康食品」の利用者も約5割にのぼった。

近年、自販機では消費者の集客を高めるため、ITと連動した動きが活発化している。キリンビバレッジや伊藤園がスマートフォンアプリと連携させるサービスを展開するなど、各社は自販機サービスの普及に注力している。当資料では、各社の飲料事業における営業体制、営業人員数とその生産性、自販機台数、パーマシン、提携関係などを調査することで、各社の飲料販売戦略を分析している。

今回、CKD・慢性腎不全患者における貧血症状と薬物治療の実態を探るべく腎臓病患者387人を「CKD/ステージ1-3」「慢性腎不全/透析なし」「慢性腎不全/透析あり」に分類し、医師による腎性貧血の診断や貧血の自覚症状の有無、ESA製剤/鉄剤の処方実態、薬物治療の効果と満足度などについてアンケート調査を実施した。その結果、腎性貧血と診断されていない人の約6割で貧血の自覚症状があることが分かった。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.