プレスリリースの究め
2012年10月26日開催『プレスリリースの究め』第6回

ゼロから始めるメディアリレーション&プレスリリースの書き方セミナー

プレスリリース配信代行サイト『ドリームニュース』を運営するグローバルインデックス株式会社は、2012年10月26日(金)に、第6回ドリームニュース"プレスリリースの究めセミナー"『ゼロから始めるメディアリレーション&プレスリリースの書き方セミナー』を開催致しました。

第6回目である本セミナーは、広報プランナーの田熊秀美氏(現 株式会社デミパブリックリレーションズ取締役)と、編集記者/広報アドバイザーの山川健氏(元 毎日新聞社記者)のお二人を講師としてお迎えしました。

講師の山川氏と田熊氏溜池山王駅近くの会場を舞台に13:30にスタート、計3部構成で夕方まで行われました。
第1部、第2部は各講師陣による講義、第3部はグループワークで「自社のプレスリリースの改善点を話し合う」をテーマに熱い勉強会が繰り広げられました。
今回は「広報のお仕事が初めて」の方にぜひ受講していただきたいセミナー内容でした。

第6回ドリームニュース"プレスリリースの究めセミナー"
『ゼロから始めるメディアリレーション&プレスリリースの書き方セミナー』

第1部「ゼロから始めるメディアリレーション」(講師:田熊 秀美氏)

冒頭、田熊氏は「メディアリレーション(=メディアとの関係構築)って難しそうだと思っている方はいらっしゃいますか?」「私は、分かりやすい言葉で、専門用語を使わずに話していきます」とお話をスタートされました。緊張ムードだった会場の空気も和らぎ、皆様も興味津々といった雰囲気の中、講義が始まります。

セミナー風景講義内容は、大きく以下の3つです。
(1)まずは「メディア」の人たちの仕事に対する気持ちや日常、業界の傾向
(2)そもそもメディアリレーションはなぜ必要なのか
  「広報活動」が自社にもたらすメリットと落とし穴]
(3)広報担当者としての心がけやマナー、具体的な行動指針

実際の企業事例や田熊氏のご経験など、豊富な具体例と臨場感たっぷりのお話をしていただきました。
初めて「広報」に携わる方にもとても分かりやすく、学んだその日から実務に活かせるノウハウが満載。参加者の方の中には、社内で他の業務と広報を「兼任」されているご担当者も数人いらっしゃるとのことで、皆様も真剣なまなざしで耳を傾け、たくさんメモされている姿が印象的でした。

第2部「メディアが取り上げたくなるプレスリリース」(講師:山川 健氏)

講義内容は、具体的なプレスリリースの書き方とメディアへの配信についてです。
山川氏が実際に受け取って記事にしたプレスリリースの事例をもとに、主に4つのテーマでお話していただきました。

(1)プレスリリースが持つ本質的な意義  (文書スタイルや、メディアや消費者である読み手の気持ちなど)
(2)効果的な書き方や工夫 (誰もが一読しただけで内容を理解できる書き方と注意事項とは)
(3)記者や編集者の目を引くポイントとは?ニュース価値を高める要素やキーワード
(4)プレスリリースで企業価値を下げないための注意事項

プレスリリースをもとに記事を書いた記者時代、そして広報アドバイザーとして企業のプレスリリース作成にも携わる現在と、両者の豊富なご経験から語られる山川氏ならではの講義。鋭い視点が随所に盛り込まれた濃厚な時間でした。

講義の最後まで「とにかく誰が読んでも分かるリリースを!!」と、皆さんに熱いエールを送ってくださり会場の真剣ムードは最高潮になりました。

第3部「グループワーク」

参加者の方々には自社のプレスリリースを予め持ち寄っていただきました。3~4名で1グループになり、これまでの講義で学んだことを踏まえ、改めて自社のプレスリリースの課題をまとめるという内容です。

講師陣お二人にも各グループに参加していただき、約20分に渡り熱心な話し合いが繰り広げられます。最後に各グループのリーダーからは、今後の改善点や気づきを発表していただきました。

今回はさまざまな業界から参加してくださった方同士、互いのプレスリリースを客観的に見つめたことで、「当たり前のように使っていた専門用語や説明不足の製品紹介があった」「記事のボリュームが多すぎて読みにくかった」など、たくさんの改善点を挙げていらっしゃいました。

質疑応答風景その後、講師陣への質問タイムを経て、セミナー終了です。
最後に、グループワークで意気投合した参加者同士、名刺交換など積極的にされていらっしゃいました。

今後も有益なセミナーを開催して参りますので、今後ともドリームニュースをよろしくお願い致します。

講演内容

第1部 講義

『ゼロから始めるメディアリレーション』
・なぜメディアリレーションが必要か
・メディアリストをゼロから作るには
・メディアリレーションを深めるには
・メディアリレーション上のNGとは

第2部 講義

『メディアが取り上げたくなるプレスリリース』
・リリースが持つ本質的な意義とは
・効果につながる書き方の工夫とは
・記者や編集者の目を引く内容とは
・サイトで読む消費者への配慮とは

第3部 ワーキング

『自社のプレスリリースを持ちより改善点を話し合うグループワーク』

講師

田熊 秀美(たぐま・ひでみ)氏(デミパブリックリレーションズ)

90年代前半に環境及び有機農業推進事業を行っていた企業(現:らでぃっしゅぼーや株式会社)にて、社長秘書、会員向け会報誌の編集を経て、広報チームリーダー。広報として情報発信することの影響力、活用方法を学ぶ。
(財)日本環境財団の広報兼務後、 経営コンサルティング会社を経て、中小企業のための広報コンサルティング会社として2002年(有)デミピーアール設立。
マーケティング&ブランディング会社と業務統合し、現在株式会社デミパブリックリレーションズ取締役。
『小さな会社の広報術』としてコラム執筆、勉強会の開催を通じて、中小企業だからこそできる広報ノウハウを発信中。

山川 健(やまかわ・たけし)氏(元毎日新聞社記者)

1960年生まれ。毎日新聞社経済部記者・サイバー編集部キャップを経て週刊アスキー編集部デスク。
その後大型ホテル・ショッピングモール・ドーム球場を所有するホークスタウン広報宣伝統括職、パソコン用ゲーム会社の広報宣伝常勤顧問などを歴任。現在は大手出版社、新聞社系ニュースサイトの編集記者、各種の執筆活動と同時に、企業の広報アドバイザーを務め、広報関連セミナーの講師としても活躍する。
共著書に『ハッカーVS.不正アクセス禁止法』(日本評論社)、『電脳記者が行く』(毎日新聞社)『知の方舟』(ローカス)など。

開催概要

開催日時 2012年10月26日(金)13:30~16:30
主催 グローバルインデックス株式会社
会場 株式会社じげんセミナールーム
東京都港区赤坂二丁目17番22号赤坂ツインタワービル東館5階 セミナールーム
MAP
会場TEL03-5575-6400
定員 20名(*先着順とさせていただきます)
参加費用 5,000円(ドリームニュースご利用中の会員様は3,000円)
備考 大変恐縮でございますが同業者様のお申し込みはご遠慮願います。

このセミナーは終了いたしました。

セミナー開催情報一覧に戻る

サービスに関して、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

サービスお問い合わせ専用ダイヤル9:00~18:00(土日祝日を除く)

03-6459-2831

サイトからのお問い合わせ

新規企業会員登録 プレスリリースを配信するには企業会員登録が必要です。

  • ご利用案内ダウンロード

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.