プレスリリースの究め

2017年7月21日開催『2017年広報PR総合セミナー講座シリーズ第2回(全3回)』

プレスリリース中級講座~記者の目にとまるプレスリリースの書き方~

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース配信代行サイト『ドリームニュース』を運営するグローバルインデックス株式会社は7月21日(金)、元毎日新聞社記者の山川健氏(以下、山川氏)を講師に迎え、広報PR総合セミナー講座シリーズ第2回(全3回)「プレスリリース中級講座~記者の目にとまるプレスリリースの書き方~」を開催しました。

7月21日(金)開催の『プレスリリース中級講座』は、記者の目にとまるポイントをおさえたワンランク上のプレスリリースを作成できる講義と実践形式のグループワークの2部構成で行われました。

講義で学んだ内容をグループワークにて実践するプログラムは、2014年から2017年7月までのセミナーのアンケート調査にて80%以上の満足度を獲得し、プレスリリースの書き方の理解が深まったとご好評をいただいています。

セミナー風景

2017年広報PR総合セミナー講座シリーズ第2回(全3回)
『プレスリリース中級講座~記者の目にとまるプレスリリースの書き方~』

第1部 講義『記者の目にとまるプレスリリースの書き方』

セミナー風景今回は講義前に簡単なプレスリリースのテストを実施。会場全体に張り詰めた空気が流れましたが、テストの解説で今回実施したテストの意義を理解した後は、程よく参加者の緊張がほぐれ『プレスリリース中級講座』の講義がスタート。

前回の初級講座のおさらいを含め、「記者が困る文字の表現・英字表記」や「自社で統一してほしい記載表記」、「伝わる文章の作り方」など記者の目線から貴重な情報をたくさん教えていただきました。

時間を忘れるほど熱心に講説していただいた山川氏に対して、参加者は講義内容を絶えずメモし続け、時折、感嘆の声がもれる場面も見受けられました。

第2部 講義『「悪いプレスリリースの改善点探し」と「実践!プレスリリースのタイトル作成」』

セミナー風景毎回ご好評いただいている第2部のグループワークは、参加者が4人1組のグループになり「悪いプレスリリースサンプルの改善点探し」と「実践!プレスリリースのタイトル作成」の2テーマを実施。各自プレスリリースを読み込み、グループ内で意見交換をしてまとめ、最後に山川氏に講評していただきました。

どちらのテーマでも、講義直後だったためか参加者はすぐに改善点などを書き留めており、グループ内の意見交換も活発に行われていました。

今回のメインとなる「実践!プレスリリースのタイトル作成」のグループワークでは、各々のグループで1つにまとめたタイトルをホワイトボードに記載してもらい、各グループの代表者がタイトルの作成ポイントを発表。それぞれのグループで作成してもらったタイトルは、リリースサンプルのサービスの特色をつかみ、甲乙つけがたいタイトルばかりでした。

セミナー風景最後に山川氏による講評が行われました。
グループのタイトルに対してサンプルリリースの1番の特徴となるキーワード「価格・バイキング形式・業界初」をタイトルに加え、語弊のないタイトルの作成を心がける、などの作成ポイントを講義内容のおさらいを交えて説明をしていただき、参加者の熱気に満ちあふれた第1部・第2部のセミナープログラムは、全て終了しました。

プログラム終了後の質疑応答では、講義で聞けなかった自社のリリース作成時にでる疑問や質問を積極的に投げかける姿が印象的で、名刺交換会でも参加者同士で情報交換していたり、個別に山川氏に相談されたりと賑わいをみせ、“参加者同士で交流を深め、横のつながりを作る”というセミナーのもう1つの目的を達成できたと感じました。

参加者からは「メディア側の意見が聞けてよかった」や「悪いプレスリリースの例を見ることで、自社のプレスリリースを見つめなおすことができた」、「実際に記事に取り上げる際の困った表現等具体的なお話が聞けて良かった」との声をいただき、ご満足いただけたかと思います。また、オウンドメディアの活用やマーケティングに関するセミナー、プレスリリースを次々添削するセミナーを開催してほしいなどのご要望もあり大変貴重なご意見をいただいたセミナーでした。

今後のセミナー開催について

次回のセミナーは9月22日(金)に、広報PR総合セミナー講座シリーズ第3回(全3回)「メディアへの売り込み方講座(仮)」という内容で開催を予定しています。
ドリームニュースでは、プレスリリースの書き方講座シリーズ以外にもテレビ局のプロデューサーを招き、テレビ業界やテレビ局への売り込み方の講座など様々なセミナーを開催しています。

定期的に有益なセミナーを開催して参りますので、今後ともドリームニュースをよろしくお願いします。

講演内容

第1部 講義

『プレスリリース中級講座』
・プレスリリースの定型パターン
・タイトル、リード文、本文の書き方
・他社と差をつけるポイント
・事例に見るプレスリリースの良しあし

第2部 グループワーク

『実践!プレスリリースのタイトル作成』
グループに分かれて資料を読み、タイトルを作成していただきます。

講師

編集記者/広報アドバイザー 山川 健(やまかわ・たけし)氏(元毎日新聞社記者)

1960年生まれ。毎日新聞社経済部記者・サイバー編集部キャップを経て週刊アスキー編集部デスク。
その後大型ホテル・ショッピングモール・ドーム球場を所有するホークスタウン広報宣伝統括職、パソコン用ゲーム会社の広報宣伝常勤顧問などを歴任。現在は大手出版社、新聞社系ニュースサイトの編集記者、各種の執筆活動と同時に、企業の広報アドバイザーを務め、広報関連セミナーの講師としても活躍する。
共著書に『ハッカーVS.不正アクセス禁止法』(日本評論社)、『電脳記者が行く』(毎日新聞社)『知の方舟』(ローカス)など。

開催概要

開催日時 2017年7月21日(金) 13:30~16:00(受付は13:00から)
主催 グローバルインデックス株式会社
会場 株式会社ナレッジソサエティ セミナールーム
東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
MAP
会場TEL03-6272-5627

このセミナーは終了いたしました。

セミナー開催情報一覧に戻る

サービスに関して、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

サービスお問い合わせ専用ダイヤル9:00~18:00(土日祝日を除く)

03-6459-2831

サイトからのお問い合わせ

新規企業会員登録 プレスリリースを配信するには企業会員登録が必要です。

  • ご利用案内ダウンロード

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.