2011年07月14日 09:00

これが“原発本”の決定打! 広瀬隆・明石昇二郎『原発の闇を暴く』、7月15日(金)発売!

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1980年代から一貫して原発の危険性を訴え続けてきた広瀬隆。2007年の著書『原発崩壊』で福島原発事故の惨状を予見した明石昇二郎。原発と原子力行政の暗部を知り尽くした二人が、今日の破局を招いた「責任者」たちの罪状を、実名で糾弾する。数ある原発本の中で、最も具体的、かつ容赦ない内容。悲劇を繰り返さないために知るべき事実は、すべてこの一冊にある!

明石昇二郎さんとは、絶えず連絡を取り合ってきた仲だが、再会するのは久しぶりである。集英社で二人の対談書を出すことになったが、このように悲惨な福島第一原発事故を前にして再会することは、互いに無念でならない。私自身はすでに『福島原発メルトダウン』(朝日新書)を緊急出版し、また書店には、反原発の書がかなりの数、出ている。色々な立場の人が発言することに意味はあるが、本を買う読者にとってみれば、「明石と広瀬がつくる本」であるなら、やはり原子力を推進してきた連中を、実名を挙げて徹底的に糾弾する、特徴ある内容にしなければならない。何しろ明石さんはずっと、「責任者出て来い」という論法で、胸のすくような記事を書いてきた変り者だ。二人で、原子力の闇を暴きたい。(広瀬隆「まえがき」より)

【目次】
第1章 今ここにある危機
命より電気のほうが大事なのか/本当にこわいことはメディアに出ない/汚染水は東電の本社に保管させろ/子供たちが被曝している/「半減期」という言葉にだまされるな/「原発震災」は今後も必ず起こる
第2章 原発事故の責任者を糾弾する
安全デマを振りまいた御用学者たち/原子力マフィアによる政官産学のシンジケート構造/原子力マフィアの実権を握る東大学閥/放射能は「お百姓の泥と同じ」/報道番組を牛耳る電事連/保安院はなぜ「不安院」なのか/“デタラメ”委員長の「想定外」/「深く陳謝」するなら54基の原発を止めよ/「最終処分」という恐怖の国策/「被曝しても大丈夫」を連呼した学者たち/政府発表の「チェルノブイリとの比較」/「放射能安全論」の源流/耐震基準をねじ曲げた“活断層カッター”
第3章 私たちが知るべきこと、考えるべきこと
監視の眼を怠るな/原発がなくても停電はしない/独立系発電事業者だけでも電気は足りる/発送電の事業を分離せよ/電力自由化で確実に電気料金は安くなる/ガス台頭で原発はますます御用済みに/無意味な自然エネルギー神話/福島について、真剣に考えるべきこと/日本から原子炉を廃絶するために
『原発の闇を暴く』
著者 広瀬隆(ひろせ・たかし)、明石昇二郎(あかし・しょうじろう)
定価 798円(税込) ISBN 978-4-08-720602-9
http://shinsho.shueisha.co.jp/

【著者プロフィール】
広瀬隆 1943年生まれ。作家。著書に『二酸化炭素温暖化説の崩壊』(集英社新書)、『福島原発メルトダウン』(朝日新書)など。
明石昇二郎 1962年生まれ。ルポライター。著書に『原発崩壊』(金曜日)、『グーグルに異議あり!』(集英社新書)など。
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.