2011年08月04日 09:00

RSG放射線安全保障は放射線量測定の第三者機関として農家の依頼により肉牛の飼料である藁の放射線量測定を行いました。この測定結果を通じてブランド牛の通常価格を維持し風評被害から守る事に成功しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RSG放射線安全保障は、2011年6月22日の三重県発表による宮城県産の飼料用「稲わら」から国の暫定基準値300ベクレルを超える5909ベクレルの放射性セシウムが検出された事件を重く見た牧場主から、風評被害を避けるための放射線量測定依頼を受け、2011年7月24日現地へ赴き、飼料用稲藁約3.5トンのスクリーニングによる調査を行いました。

調査の結果は、各試料とも70ベクレル前後で平均的な測定値であることが確認されました。 この結果を翌日の東京の牛肉市場に持ち込み「せり」にかけた結果、放射性物質の未検出が証明されたことにより、正常な価格にて取引されました。

第三者機関による測定結果は、このような商品の風評被害を防ぎ価格を守る意味でも非常に役立つ事が証明されました。


この記事に関するお問い合わせ先

会社名 : RSG放射線安全保障(運営 : 有限会社TKアソシエイツ)
URL : http://www.japan-rsg.com
所在地 : 愛知県江南市東野町西出24-1
お問い合わせ電話番号 : 0120-55-0071
メール : info@tk-associate.com
担当者 : 城田 ・ 岸
  • 医療、福祉

会社概要

商号
有限会社ティーケイアソシエイツ(ティーケイアソシエイツ)
代表者
岸 龍男(キシ タツオ)
所在地
〒483-8424
愛知県江南市東野町西出24-1 バンブータウン202
TEL
0587-53-7901
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.