2013年08月12日 14:00

松戸駅前に、DIYで作られたミニシアタースペースが誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市内全域から映画館が姿を消した松戸市。その松戸駅前に、イベント会場を転用した映画上映スペース「MAD Cinema」が8月下旬に誕生。独立系配給会社のユナイテッドピープルと提携しメッセージ性の強いドキュメンタリー作品を上映。

株式会社まちづクリエイティブ(代表取締役:寺井元一、以下弊社)が千葉・松戸駅前エリアで地域活性のため取り組む「MADCityプロジェクト」では、自社運営するルシーナビル7Fにて、8月下旬より「MADCinema(マッドシネマ、以下「本シネマ」)」と命名した映画上映スペースの運営を開始します。社会性に富んだ映画作品の配給で知られるユナイテッドピープル株式会社(代表取締役:関根健次)と提携し、単館系の映画作品を上映する個性的な上映スペースを目指します。

本シネマは40坪強の床面積で1スクリーンのみの上映スペースであり、一般的な映画館同等の設備はありません。しかし従来から近隣地域住民を交えた自主改装(DIY改装)が施され、音楽イベント等に利用されてきた経緯があり、家庭レベルを大きく超えた大音量での視聴が可能です。本年1月にシネマサンシャインが撤退し、映画上映スペース自体が失われた松戸において、小規模を活かし、個性的な作品が楽しめるミニシアタースペースとなることを目指します。上映に際しては、来館者同士の交流を促進するなど、これまでの映画館の枠組みを超えたサービスを盛り込みます。

当面の上映日時は金曜夜、土曜午前・午後の週3回で、8月から日替わりでユナイテッドピープル社配給の3作品を上映します。今後、新作上映、上映曜日の拡大についても検討する予定です。また将来的には、映像作家個人による作品上映を受け付けるなどを想定し、より多様な映像コンテンツの発表・視聴の場として発展していきたいと考えています。

■MAD Cinema(マッドシネマ)概要
住所 千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F (JR/新京成 松戸駅西口 徒歩2分)
営業開始 8月23日(金)~
上映時間 毎週 金曜19時30分~、土曜10時30分~、土曜13時30分~
 ※開場は上映開始時間30分前、なお上映時間は今後変更する可能性があります
 ※8月28日(水)のみ19時30分~でカフェ「Lift Cafe」でのトライアル上映を行います
席数 20席
スクリーンサイズ 100インチ同等
料金 1,500円(1ドリンク付)
 ※8月28日(水)のみ1,500円(1ドリンク付&1フードオーダー制)
飲食メニュー ソフトドリンク、ビール、ポップコーン
運営 株式会社まちづクリエイティブ
配給協力 ユナイテッドピープル株式会社

■8月度上映作品
サバイビング・プログレス - 進歩の罠
上映日時:8月23日(金)19時30分~、8月28日(水) 19時30分~、8月31日(土)13時30分~
ベストセラー作家で『暴走する文明「進歩の罠」に落ちた人類のゆくえ』の著者ロナルド・ライトは、目先の利益のために将来を犠牲にする「進歩の罠」によってこれまでの文明が繰り返し破壊されてきたことを指摘し、現在、人類が文明の崩壊の瀬戸際にあると警告する。ライトがナビゲーターとなり、コリン・ビーヴァン(『地球にやさしい生活』)、ジェーン・グドール(霊長類学者)、スティーヴン・ホーキング(理論物理学者)、デヴィッド・スズキ(遺伝学者/活動家)、サイモン・ジョンソン(前IMF チーフエコノミスト)たちと人類の未来を考察する。製作総指揮にアカデミー賞受賞監督のマーティン・スコセッシ、『ザ・コーポレーション』監督のマーク・アクバーを迎えて、壮大なスケールと圧倒的な映像表現で人類の進歩史を描き、21世紀を生きる私たちに警鐘を鳴らす渾身のドキュメンタリー。
監督:マチュー・ロワ
エグゼクティブ・プロデューサー:マーティン・スコセッシ、マーク・アクバー、ベッツィー・カーソン、エマ・ティリンガー・コスコフ、シルヴァ・バスマジアン
86分/カラー/カナダ/2011年
配給:ユナイテッドピープル

マヤ ― 天の心、地の心 ―
上映日時:8月24日(土)10時30分~、8月30日(金)19時30分~
マヤ暦の終焉は盛んに「人類の滅亡」と関連付けられ、様々な情報が溢れているが、このような憶測よりも説得力のある事実がある。現代のマヤ人900万人が暮らすメキシコのチアパス州とグアテマラは、グローバリゼーションによって翻弄されているのだ。遺伝子組み換え作物、グローバリゼーション、鉱山開発などにより、地球が破壊され、マヤ人たちの文化や生活環境が崩壊に貧している。現代マヤ人に起きていることは、私たち自身が抱える問題の縮図ではないだろうか。
監督・脚本:フラウケ・ザンディッヒ、エリック・ブラック
製作:アンブレラ・フィルムズ・プロダクション、ZDF/3SAT共同製作
カラー/98分/ドイツ/2011年
配給:ユナイテッドピープル

パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~
上映日時:8月24日(土)13時30分~、8月31日(土)10時30分~
オランダで再生可能エネルギー普及に取り組む活動家や、10年かけてデンマークのサムソ島を100%クリーンエネルギー化を実現したソーレン・ハーマンセン氏の取り組みを紹介する力強いドキュメンタリー。本作のナビゲーターは、第三次産業革命の提唱者のジェレミー・リフキン氏。リフキン氏は欧州委員会、メルケル独首相をはじめ、世界各国の首脳・政府高官のアドバイザーを努め、分散型の再生可能エネルギーとネットの融合で、分散型資本主義を訴えているキーパーソンです。再生可能エネルギーを導入することで、地域でお金が循環し、人々が活き活きとエネルギーを活かして働く様子が描かれています。まさに、パワー・トゥ・ザ・ピープル。人々に力を、人々に電力をというメッセージを伝えてくれます!
監督:サビーヌ・ルッベ・バッカー
50分/カラー/オランダ/2012年
配給:ユナイテッドピープル

<株式会社まちづクリエイティブ/MAD Cityプロジェクトについて>

まちづクリエイティブ http://www.machizu-creative.com/
MADCityプロジェクト https://madcity.jp/


株式会社まちづクリエイティブは、クリエイターなど特殊な客層を誘致する不動産サービス事業、新旧住民のコミュニティを創出するまちづくり事業に取り組み、ソフト面による創造的な地域活性を実現してまいります。現在は千葉県・松戸駅周辺エリアを「MADCity」とブランディングし活性化を図る、「MADCityプロジェクト」を推進しています。

========= このプレスリリースに関するお問い合わせ先=========
株式会社まちづクリエイティブ 担当:赤星(あかほし)
TEL:047-710-5861  FAX:047-413-7542  E-mail:info@machizu-creative.com
========= 写真素材等についてはこちらにお問い合せください=========
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

会社概要

株式会社まちづクリエイティブ
商号
株式会社まちづクリエイティブ(カブシキガイシャマチヅクリエイティブ)
代表者
寺井 元一(テライ モトカズ)
所在地
〒271-0091
千葉県松戸市本町6-8 
TEL
047-710-5861
業種
住宅・家具・不動産・建築・土木
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://machizu-creative.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.