2014年08月18日 18:00

ジンコソーラー、中国民生銀行と10億RMB融資戦略提携を達成 最初の8880万RMB融資は浙江省20MW太陽光発電プロジェクトに使用

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)は本日より中国民生銀行株式会社(“民生銀行”)と期間5年で、総金額10億RMBの融資戦略提携の達成を発表した。

上海、2014年7月16日-世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)は本日より中国民生銀行株式会社(“民生銀行”)と期間5年で、総金額10億RMBの融資戦略提携の達成を発表した。
中国ダウンストリーム太陽光発電所開発のリーダー位置を強固し 、金融機関との提携を更に開拓するため、ジンコソーラーは民生銀行と期間5年、融資金額10億RMBの戦略提携を達成した、製品には(including but not limited)M&A融資、サプライチェーン融資、つなぎ融資、プロジェクト融資、letters of guaranteeおよびその関連貿易融資、特に分散式太陽光発電プロジェクト融資等がある。
本提携により、最初の8880万RMB融資は既に許可をもらい、まもなくジンコソーラーの浙江省海寧高新園区の20MWの分散式太陽光発電プロジェクトに使用する事となる。このプロジェクトは総面積23.4万平方メートルの園区企業屋根を利用し、自給自足で、余った電力がナショナルグリッドに売るという運営モデルを採用し、そして既に国家発展改革委員会に許可された。同じ融資モデルで、ジンコソーラーは近日に嘉興市エリアにある3つの20MW、合計60MWの分散式太陽光発電プロジェクトを起動すると計画している。
「世界トップのPV企業として、我々は民生銀行と今回の戦略提携を達成することにとても喜びを感じます。」ジンコソーラーの取締役社長李仙徳が述べた、「分散式太陽光発電は中国国内太陽光発電市場の未来発展の傾向です。けれども現在の融資の問題が強く分散式の国内での発展を制約してしまいました。我々は今回民生銀行との戦略提携によって、ジンコソーラーの分散式太陽光発電プロジェクトの融資ボトルネックを突破する事を期待しています。我々もこの融資提携によって、ジンコソーラーのいい質の分散式プロジェクトをどんどんクリーンエネルギーを提供しながら豊かな投資収益が回収出来る太陽光発電に転換するつもりです。同時に、今回の提携達成もジンコソーラーが国家政策性銀行の陸上太陽光発電所への融資支持の後、さらにトップクラスの商業銀行がジンコソーラーの全体的実力とプロジェクト開発能力、特に分散式太陽光発電所能力への認可をもらえたことを表しました。我々はジンコソーラーと民生銀行の共同に行った分散式太陽光発電プロジェクトの融資モデルが中国の分散式発電プロジェクトの発展の参考になれると幸いです。」
ジンコソーラー(JinkoSolar)社について
ジンコソーラー株式有限公司(NYSE:JKS)は、世界トップクラスの太陽光発電企業である。生産拠点は江西省上饒市及び浙江省海寧市、グローバル経営販売センターが中国上海市浦東新区に位置している。そのほか、ジンコソーラー社はグローバルマーケティングシステム作りとして、中国・上海、北京、シンガポール、ドイツ・ミュンヘン、米国・サンフランシスコ、オーストラリア・クイーンズランド、カナダ・オンタリオ、イタリア・ボローニャ、スイス・ツーク、日本・東京また南アフリカ・ケープタウンに子会社を設立した。
ジンコソーラー社が高品質のインゴット、ウェーハ、セル、及び高効率単多結晶モジュールを生産しており、2014年3月31日時点で、インゴット、ウェーハ、セル垂直統合生産能力が約2.0ギガワットに達成、モジュール生産能力が約2.1ギガワットに達成しました。ジンコソーラー社は常に世界トップクラスの太陽能光発電製品を提供することにこだわっており、マーケティングネットワークは主にヨーロッパ、アメリカ、及びアジア太平洋数国、イタリア、ドイツ、ベルギー、スペイン、アメリカ、カナダ、東欧、オーストラリア、中国、インド、日本及び南アフリカなどの主流PVモジュール市場におります。
【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。
住所:105-0004東京都 港区 新橋4-21-3 新橋東急ビル
担当者:Sophie Zhai
電子メールアドレス: sophie.zhai@jinkosolar.com
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

投資、リリースに関するお問い合わせ:
In China:
Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 6061 1792
Email: pr@jinkosolar.com
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.