2015年07月07日 11:30

経済的・環境的に不安が無ければ「3人以上子どもが欲しい」人が7割以上-育児情報誌miku読者アンケート結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の喫緊の課題とされる少子化対策ではさまざまな政策が検討され、地方自治体では出産一時金や充実したサポートを提供しているところも出てきました。実際に子育てをしているmikuの読者には、どのような施策が望まれているのかを尋ねてみたところ、経済的な不安解消が重要だという結果となりました。

株式会社ブライト・ウェイ(本社東京 代表取締役 高祖 智明)が発行する育児情報誌mikuでは、子育て家族の意識や生活状況を知るために毎号さまざまな視点でアンケ-トを実施しています。
日本の喫緊の課題とされる少子化対策ではさまざまな政策が検討され、地方自治体では出産一時金や充実したサポートを提供しているところも出てきました。実際に子育てをしているmikuの読者には、どのような施策が望まれているのかを尋ねてみました。

結果概要
●出産・子育てに前向きになれない一番の理由は過半数の56.5%があげた「経済的に余裕が無い」。
 2位は「子どもを産むと仕事を続けられない」で22.2%
●安心して子どもを産み育てるのに必要・有効だと思える施策1つを選ぶと、
 「出産費用・子どもの医療費・幼児教育の無償化」が
1位で29.4%
 続いて「出産時の一時金や子ども手当などの金銭的支援」が
2位で22.0%
 経済的な支援・負担軽減が望まれる。

●経済的にも環境的にも不安がなくなれば子どもは3人以上欲しいと思っている人が7割以上に達し、
 少子化の原因は環境・経済要因が大きいことがうかがえる。
●「第3子以降の出生に対して育児資金前渡し金1000万円を公費で拠出する」と、
 上記問で子どもは
2人と応えていた回答者の4割以上は3人以上と回答(クロス集計)

回答者プロフィール
集計総数 2052人 男女比 8:92(男性165人 女性1887人)中心年齢 30代前半
集計期間 2015年 3月25日~ 2015年 6月15日


■育児情報誌「miku」 季刊(3.6.9.12月発行)
全国約2600箇所以上の小児科・産科医院、保育園・託児施設などにラックを設置して無料配布
発行部数:13万部  WEBサイト http://www.kosodate.co.jp/miku/


アンケート結果

●少子化がなかなか改善されません。
 子どもを産もうとしない理由は何だと思いますか?
1位 経済的に余裕が無い……………………………………………56.5%
2位 子どもを産むと仕事を続けられない…………………………22.2%
3位 自分の自由な時間を奪われたくない………………………… 7.4%
4位 何となく不安…………………………………………………… 5.6%
5位 子どもが嫌い…………………………………………………… 0.1% 
  その他…………………………………………………………… 8.2%

●安心して子どもを産み育てるのに必要・有効だと思えるのは?(複数選択)
1位 希望すれば認可保育施設に100%入れる…………………… 70.9%
2位 出産費用・子どもの医療費・幼児教育の無償化……………70.3%
3位 出産時の一時金や子ども手当などの金銭的支援……………65.9%
4位 家族・親族の協力………………………………………………57.1%
5位 育休取得後、元の職場に復帰できる保証……………………48.3%
  その他…………………………………………………………… 9.3%

●安心して子どもを産み育てるのに最も必要・有効だと思えるのはどれですか?
1位 出産費用・子どもの医療費・幼児教育の無償化……………29.4%
2位 出産時の一時金や子ども手当などの金銭的支援……………22.0%
3位 希望すれば認可保育施設に100%入れる…………………… 21.1%
4位 家族・親族の協力………………………………………………18.2%
5位 育休取得後、元の職場に復帰できる保証…………………… 5.6%
  その他…………………………………………………………… 3.8%

●経済的にも環境的にも不安がなくなれば、子どもは何人欲しいですか?
1位 3人……………………………………………………………… 56.9%
2位 2人……………………………………………………………… 22.9%
3位 4人……………………………………………………………… 11.4%
4位 5人以上……………………………………………………………5.4%
5位 1人…………………………………………………………………2.4%
  その他…………………………………………………………… 1.1%

画像1-クロス集計 現在の子どもの数と希望する子どもの数

提言
http://www.kosodate.co.jp/miku/mikus_select/vol40_22_01.html

●「第3子以降の出生に対して育児資金前渡し金1000万円を公費で拠出する」
 という提言について、どう思いますか?
 (お金は我が子のために有益に遣われるという前提でお答えください)
1位 子育てにはお金がかかるので助かるから賛成………………37.8%
2位 国の先行投資として賛成………………………………………18.4%
3位 不公平感があるので反対………………………………………17.5%
4位 国の財政を圧迫するので反対………………………………… 8.5%
5位 わからない……………………………………………………… 8.1%
6位 その他の理由で反対…………………………………………… 7.3%
7位 その他の理由で賛成…………………………………………… 0.8%
  その他…………………………………………………………… 1.7%

●この提言が実現(3人目の出産から1人に1000万円の育児資金提供)したら、
 何人子どもが欲しいですか?
1位 3人……………………………………………………………… 57.2%
2位 2人……………………………………………………………… 15.2%
3位 4人……………………………………………………………… 14.1%
4位 5人以上……………………………………………………………7.1%
5位 1人…………………………………………………………………3.8%
  その他…………………………………………………………… 2.7%

画像2-クロス集計 経済的・環境的に不安がなくなれば欲い子どもの数と提言が実現したら欲しい子どもの数


回答者プロフィール

集計総数 2052人 男女比 8:92(男性165人 女性1887人)中心年齢 30代前半
集計期間 2015年 3月25日~ 2015年 6月15日
                    
■このリリースに関するお問い合わせ先  
(株)ブライト・ウェイ   
〒120-0023 東京都足立区千住曙町41-1-206  
 フリーダイアル 0120-028-415(マルには、よいこ 10:00~18:00 土日祝除く) 
 URL http://www.brightway.jp   
 E?mail:ganbare@kosodate.co.jp
  • 医療、福祉

添付資料

会社概要

株式会社 ブライト・ウェイ
商号
株式会社 ブライト・ウェイ(カブシキガイシャブライト・ウェイ)
代表者
高祖 智明(コウソ トモアキ)
所在地
〒120-0023
東京都足立区千住曙町41-1-206 
TEL
0120-028-415
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
http://www.brightway.jp
公式ブログ
http://blog.brightway.jp
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.