2015年10月14日 09:00

株式会社LBHが『レセプト分析システム』を提供開始 レセプト高速分析システムと連動して医療機関経営を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院・クリニック・診療所など、医療機関向けのコンサルティングを数多く手がけてきた株式会社LBH(本社:東京都千代田区、代表取締役:小杉朝光)が増減点のあったレセプトや、返戻されてしまったレセプトを分析し、医療機関経営を支援するレセプト分析システムを提供開始します。

病院・クリニック・診療所など、医療機関向けのコンサルティングを数多く手がけてきた株式会社LBH(本社:東京都千代田区、代表取締役:小杉朝光)が増減点のあったレセプトや、返戻されてしまったレセプトを分析し、医療機関経営を支援するレセプト分析システムを2015年10月14日(水)より提供開始します。

レセプトとは、医療機関が審査支払機関を通じて保険者(市町村や健康保険組合等)へ提出する診療報酬明細書・調剤報酬明細書の事をいいます。
レセプトの提出日は、毎月5日(国民健康保険)か10日(社会保険)と定められていて、医療機関はこの日を基準に前月分のレセプト作業を行います。
もし、レセプトに不備が見つかった場合は、レセプトが医療機関に返戻されたり、請求点数が減点されるといった措置がとられます。
社会保険診療報酬支払基金が『支払基金サービス向上計画』で推し進める「コンピュータチェックの充実」に伴い、多くの病院・クリニック・診療所などの医療機関が、コンピュータによるレセプト内容のチェックを行っています。

『レセプト分析システム』は、提出したレセプトの査定結果を分析することができ、請求月別・診療科別・病棟別・レセプト種類別・医師別に、請求金額・請求件数・返戻情報・増減点情報などを分析集計することが出来るようになっています。

■集計属性
●請求月別
●診療科別
●病棟別
●レセプト種類別
●医師別
など

■集計項目
●請求金額
●請求件数
●返戻情報
●増減点情報
など

増減点のあったレセプトに対して発行される『増減点連絡書』と、返戻されてしまったレセプトに対して発行される『返戻内訳書』の情報を取り込み、項目毎・時系列毎に請求金額等を分析することが可能です。

また、レセプト請求時に使用した『レセプト高速点検システム』と連動することによって、不備が見つかったレセプトデータと照合することも出来るようになっており、現場のレセプト業務効率化を始め、診療科や病棟が提供する医療自体の品質向上、ひいては医療機関の経営支援にも貢献できる設計になっています。

■会社概要
会社名:株式会社LBH
代表者:小杉朝光
所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町2F
ホームページURL:http://www.lbh.co.jp/

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社LBH
TEL: 03-5215-7341
FAX: 03-5215-7342
メールアドレス:info@lbh.co.jp
  • 医療、福祉

会社概要

株式会社LBH
商号
株式会社LBH(エル・ビー・エイチ)
代表者
小杉 朝光(コスギ アサミツ)
所在地
〒102-0083
東京都千代田区麹町3-5-2 ビュレックス麹町2F
TEL
03-5215-7341
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
その他
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.lbh.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.