2016年01月08日 16:00

男性は「仕事の量」、女性は「金銭面」「家事」がストレスの要因~ストレスからくる欲に関するアンケート

  • Clip to Evernote
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット調査会社の株式会社マーシュ(東京都渋谷区渋谷、代表取締役:町田正一)は、全国、20歳~69歳の男女 有職、日頃ストレスを感じている方を対象に「ストレスからくる欲に関するアンケート」を実施し、その結果を12月24日に公開しました。調査期間は2015年12月11(金)~12月14日(月)で、同社が運営する「D STYLE WEB」のアンケート会員を対象に実施されました。

インターネット調査会社の株式会社マーシュ(東京都渋谷区渋谷、代表取締役:町田正一)は、全国、20歳~69歳の男女 有職、日頃ストレスを感じている方を対象に「ストレスからくる欲に関するアンケート」を実施しました。

性年代別ストレスレベル】
ストレスレベルを性年代別にみると、『高』では男性20代が42.5%と高く、次いで女性50代で32.5%となっている。反対に『低』が高いのは男性30代、女性20-30代で、いずれも35.0%がストレスレベルは『低』であった。

【総括】

~ストレスからくる欲に関するアンケート
 労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が、平成27年12月1日に施行された。施行によって従業員50人以上の企業には「ストレスチェック」の実施が義務付けられ、企業は1年に1回は従業員のストレス調査を実施しなければならない。ストレス社会と呼ばれる現代では、多くの人がストレスを抱えながら生活している。ストレスを抱えた人々は、どのようなストレス解消を行っていて、どのようなものを求めているのだろうか。今回は日頃ストレスを感じている有職者400名に対して「ストレスからくる欲に関する調査」を行った。

 まず、ストレスの要因について尋ねると、最も高いのは「仕事の内容」であった。属性別にみると、男性は60代を除く全ての年代で「仕事の量」が高く、女性40-50代では「金銭面」「家事」が高い傾向が見られた。男性20代、女性40代は全体的にスコアが高い項目が多くなっている。ストレスレベルを『高』『中』『低』に分けてみると、『高』では男性20代が高く、次いで女性50代が高くなっている。反対に『低』が高いのは女性20-30代であった。

次にストレスを感じる頻度を尋ねると、全体の3割が「ほぼ毎日」何かしらのストレスを感じている。特に女50代では「ほぼ毎日」が半数以上と高く、ストレスを感じる頻度が高いことがわかる。

 ストレスが原因で身体に不調が出るのは全体の7割で、症状としては「頭が痛くなる」「食欲が増す」「胃が痛くなる」が上位となっている。女性20-40代は「食欲が増す」が特に高く、その他にも何かしらの不調が出る人が8割以上と高い傾向がみられる。ストレスレベル『高』は「胃が痛くなる」「うつ状態になる」「胃が重くなる」が高い傾向がみられる。

 ストレス解消法としては、平日・休日共にトップは「寝る・ゆっくり休む」。平日の女性20-40代は「お菓子を食べる」「お菓子以外の好きなものを食べる」が高いことから食事でストレス解消をしていることがわかる。男性は年代が上がるほど「お酒を飲む」が高くなる傾向がみられる。

 休日を平日との違いでみると、男性の20-30代では休日になると「お酒を飲む」が高くなっている。女性では、「家族・友人と話をする」「旅行をする」「本屋マンガを読む」など、平日よりもストレス解消の方法が多様化している。ストレスレベル『高』では「お酒を飲む」「マッサージ・スパ・エステに行く」なども高い傾向がみられる。

 ストレスを感じたときに食べたくなる・飲みたくなる味は「甘いもの」が突出して高く、次いで「味が濃いもの」「塩気が多いもの」と続く。女性20-40代では特に「甘いもの」が高く、8割以上であった。また、男性60代と女性50代は「甘いもの」に次いで「さっぱりしたもの」が高く、他の属性と味の嗜好が異なっていることがうかがえる。具体的な食べ物・飲み物としては「チョコレート」がすべての属性で多く挙げられた。その他「ケーキ」「アイスクリーム」「ラーメン」「揚げ物」「アルコール」「コーヒー」などが多く挙がった。

 食べる・飲む場所としては、「自宅」が最も高く、女性、男性60代では特に「自宅」が高い傾向がみられた。一方で男性20代は「レストラン・定食屋」が高く、女性30-40代は「職場」が2割程度で他の属性より高くなっている。

 ストレスを感じるシーンや、ストレスの解消方法は、人それぞれ違いがある。ストレスのない生活を送ることは実際には難しいが、自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスを溜め込まない生活を心がけることが大切だろう。

【調査結果はこちら】
http://www.marsh-research.co.jp/examine/2711sutoresu.html
※上記ページにて、簡易レポートや、集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【調査内容】
・ストレスの要因(MA)
・ストレスを感じる頻度(SA)
・ストレスからくる身体の不調(MA)
・ストレス解消・発散方法【平日・休日】(MA)
・ストレス解消・発散のために食べたくなる・飲みたくなる味(MA)
・ストレス解消・発散のために食べたくなる・飲みたくなるもの(FA)
・ストレス解消・発散のために食べる・飲む場所(MA)

【調査概要】
調査名:ストレスからくる欲に関するアンケート
対象者:全国 20歳~69歳の男女 有職(パート・アルバイト除く)
・日頃ストレスを感じている人

有効回答数400
調査期間:2015年12月11(金)~12月14日(月)
調査方法:インターネット調査
調査機関:株式会社マーシュ
アンケートモニターサイト「D STYLE WEB」(http://www.dstyleweb.com/)の登録会員を対象に実施


----------------------------------------------------------------------------------------------
【会社概要】
会社名:株式会社マーシュ
代表取締役:町田 正一
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 アライブ美竹3F
電話番号:03-5468-5101
FAX番号:03-5468-5102
設立:2001年12月21日
資本金:5,000万円
加盟団体:社団法人日本マーケティングリサーチ協会、社団法人日本マーケティング協会
取得認証:プライバシーマーク(登録番号:12390094(05))
----------------------------------------------------------------------------------------------
《この調査に関するお問い合わせ先》
株式会社マーシュ 担当:観野
メール:info@marsh-research.co.jp
TEL:03-5468-5101 FAX:03-5468-5102
----------------------------------------------------------------------------------------------
  • ライフスタイル

会社概要

株式会社マーシュ
商号
株式会社マーシュ(カブシキガイシャマーシュ)
代表者
町田 正一(マチダ マサカズ)
所在地
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-2-5 アライブ美竹3F ※2014年1月に移転しました
TEL
03-5468-5101
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.marsh-research.co.jp
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.