2016年02月24日 13:00

損害保険PCサイト部門で3ヶ月連続、三井住友海上火災保険が1位通販、生命保険、損害保険業界Webサイトのパフォーマンスランキングを発表

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下、サムライズ)は、通販、生命保険、損害保険、証券、各社Webサイトのトップページを対象とした、2016年1月分サイトパフォーマンス計測ランキングを2月24日ランキングとして発表いたします。

【報道関係者各位 プレスリリース】
2016年2月24日


損害保険PCサイト部門で3ヶ月連続、三井住友海上火災保険が1位
通販、生命保険、損害保険業界Webサイトパフォーマンスランキングを発表

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下、サムライズ)は、通販、生命保険、損害保険、証券、各社Webサイトのトップページを対象とした、2016年1月分サイトパフォーマンス計測ランキングを2月24日ランキングとして発表いたします。

生命保険PCサイト比較グラフ
「サイトランキング」 (2016年1月 計測期間:2016年1月1日~1月31日) 概要

通販PCサイトでは3ヶ月連続株式会社ミスミグループ本社(ミスミ WebOrderSystem(WOS))が1位でした。ミスミはレスポンスタイム、可用性、転送効率のすべて首位で安定したパフォーマンスをだしています。
証券サイトでは、丸三証券がPCサイトで2ヶ月連続1位となりました。前回7位の岡三オンライン証券が2位へ大きくジャンプアップしました。
生命保険PCサイトではレスポンスタイムが約2秒早くなったチューリッヒ生命が前回の4位から1位となりました。ライフネット生命保険、AIG富士生命ダイレクトも前月同様に安定したレスポンスとなっています。
損害保険PCサイトでは三井住友海上火災保険株式会社が3ヶ月連続で1位を維持、安定したパフォーマンスを
だしています。2位、3位も前月と同じく、そんぽ24損害保険、東京海上日動火災保険でした。


今回発表したランキング

- 通販PCサイト パフォーマンスランキング(2016年1月)
- 証券PCサイト パフォーマンスランキング(2016年1月)
- 生命保険PCサイト パフォーマンスランキング(2016年1月)
- 損害保険PCサイト パフォーマンスランキング(2016年1月)

各パフォーマンスランキングの結果は以下の通りとなりました。

URL: http://www.samuraiz.co.jp/dynatrace/ranking/index.html?WT.mc_id=07-2-15-198

※本ランキングの計測には、サムライズが販売するDynatrace Synthetic Monitoring (DYNATRACE LLC.:マサチューセッツ州 ボストン)を利用しております。


ランキング計測に関する補足及び計測対象
Dynatrace Synthetic Monitoringを利用して東京に設置されている計測ポイントから1時間に1回計測しています。

(1)レスポンスタイム
訪問者が特定のURLにアクセスしたとき、そのページの全てのコンテンツが読み込まれるまでの時間【単位:秒】を計測し順位を決定しています。
(2)可用性
訪問者が特定のURLにアクセスしようとした際に、アクセスできた割合を【単位:%】で表記しています。
(3)転送効率
1秒あたりの処理容量【単位:MB/秒】を表記しています。
(4)測定対象
通販サイトは、通販新聞社が2014年1月2日(第1444号)に発表した「第61回通販・通教売上高ランキング」(実績対象決算期:12年10月~13年9月)を 基に、上位30社の主要サイトトップページを測定対象としています。
生命保険PCサイト、損害保険PCサイト、証券PCサイトは弊社内にて対象企業をノミネートしています。
注意: このベンチマークは、Webサイトの優位性や利便性を保証するものではないことにご注意ください。

■Dynatrace とは
Dynatrace はビジネスにおけるITの効果・貢献・影響を測定 ビジネスの成長を支援する統合プラットフォームです。
- Webサイトの訪問者が増加すると、サイトの動きが遅くなる。
- TV-CMや人気サイトで紹介されたことによって、サイトに繋がりにくくなった。
- ログインや注文ボタンを押すと、とても時間がかかることがある。

このようなWebサイト訪問者のフラストレーションは、顧客の期待を大きく裏切りWebサイトの利用率やコンバージョンの低下、ビジネス機会の損失など多大な悪影響を及ぼします。
Dynatrace はこれらの問題を検知し、ユーザー体感を向上の為のヒントを導き出すことで、ビジネス上の成果を最大限に高めることに貢献します。

■株式会社サムライズについて
サムライズは常にお客さまの視点に立ち、投資に見合う情報化・効率化を実現する「革新的な技術やサービス」を提案することで、お客さまに課題解決の為の簡易かつ最適なサービスとソリューションを提供する総合ITサービス企業を目指しております。


-本社住所: 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
-電話: 03-5436-2040(代)
-URL: http://www.samuraiz.co.jp?WT.mc_id=07-2-15-198

■本件(ニュースリリース)掲載場所
URL: http://www.samuraiz.co.jp/news/20160224.html?WT.mc_id=07-2-15-198

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社サムライズ
担当:ビジネスアナリティクスグループ 髙橋
TEL:03-5436-2045

*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
以上
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社サムライズ(サムライズ)
代表者
谷 利太郎(タニ リタロウ)
所在地
〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
TEL
03-5436-2040
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
IR情報
http://www.samuraiz.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.