2016年03月02日 17:00

月や小惑星における水などの資源探査を目的とする自律制御ロボット『宇宙群ロボット』の共同研究開発を開始

  • Clip to Evernote
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ispaceとジグソー株式会社は、月や小惑星など地球近傍天体(NEO:Near Earth Object)を軸にした宇宙空間での資源探査を目的とした、1000台規模の超小型ロボットで構成される『宇宙群ロボット』の共同研究開発を開始致します。

株式会社ispace(本社:東京都港区、代表取締役:袴田武史、以下ispace)とジグソー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山川真考、以下JIG-SAW)は、月や小惑星など地球近傍天体(NEO:Near Earth Object)を軸にした宇宙空間での資源探査を目的とした、1000台規模の超小型ロボットで構成される『宇宙群ロボット(※)』の共同研究開発を開始致します。

※ 群(ぐん)ロボット
自律的に動く多数のロボットから構成されるロボットシステム。ロボット自身が、他のロボットとの距離や速度を判断しながら移動し、ロボット同士や障害物とも衝突せず、資源探査などの目的を達成できる機能を保有。魚や蜂のような生物システムの自然回路を指向し、中央コンピュータ指示ではなく、個々がミッション完遂のために自律分散的に相互制御する、Swarm Robot(群制御ロボット)。

これまでの宇宙探査では、大型探査機による探査のため投資コストと時間が膨大であること、機会が少ないため探査場所が限定的であること、点あるいは線の探査であることが課題でした。それらの課題を解決する新しいアプローチとして、月面など宇宙空間における小型探査ロボットの開発技術を持ち、民間組織による月面無人探査レースGoogle Lunar XPRIZEに参加する日本チームHAKUTOを運営し、JAXAとの共同研究も行うispaceと、自律協調制御技術(リアルタイムロボットOS含む)、センシング技術、信号処理技術、データコントロール技術及び分散型ネットワーク技術を保有するJIG-SAWは、両社それぞれの特徴を活かして、1000台規模の超小型ロボットを分散させて協調制御を行う宇宙探査システム『宇宙群ロボット』の開発に取り組みます。

大型探査ロボット1台の場合と比較して、複数の小型探査ロボットを分散させて協調制御を行う分散協調型の宇宙探査システムは、複数ロボットの分散による“探査領域の広域化”、センシング、通信、運搬、マッピング、カメラなどの機能分散による“探査システムの多機能化”、個体トラブルなどの際の“探査システムのリスク分散化”といったメリットがあります。

上記のようなメリットを活かした『宇宙群ロボット』による探査の実現によって、水資源の存在が示唆されている月の極地点にある永久影クレーター内部や月面の縦孔など、これまでの探査ロボットでは探査しきれなかった未踏破領域の広範囲かつ高密度の探査が可能になります。

両社が開発する『宇宙群ロボット』は、特に月面での水資源探査を重要視しています。月で大量の水資源の存在が発見できれば、地球から水を運搬することなく、月面上で飲用や植物の育成へ利用ができるほか、水素と酸素に分解することで呼吸用の酸素やロケット燃料が確保できます。これにより、将来の火星探査をはじめ、月を拠点とした宇宙開発が地球規模で加速するため、科学的発見という意義を超えて、新たな宇宙開発の幕開けとなります。

『宇宙群ロボット』は、ispaceが2018年~2023年にかけて繰り返し実施予定の月面資源探査で実運用を予定しており、実現すれば世界初の『宇宙群ロボッット』ミッションとなります。また同時に国内外の様々な研究機関・関連団体とも密接に連携しながら開発を進め、2017年初頭までに初期稼働モデルを完成させ、実用に向けた様々な試験・実験を行っていく予定です。

両社は、人類がまだ成し遂げていない領域に挑むことが未来を切り拓くという信念の元、『宇宙群ロボット』開発をはじめとした宇宙空間におけるパッケージプロダクト及びサービス開発、あるいは収集されるスペースビックデータ等の分析や販売にも取り組み、2030年には年44兆円と大きな拡大が期待される宇宙関連市場に向けた事業の展開を推進していきます。

ご参考データ:宇宙関連ビジネス市場 【宇宙分野】
2030年予測:43兆9,653億円 株式会社富士経済「航空宇宙関連市場の現状と将来展望 2014」
■ 株式会社ispace http://ispace-inc.com/ja/
宇宙で人類にとって必要な資源を見つけ、そこに沢山の人が暮らせる生活圏を作る事をミッションとする宇宙開発企業。日本から唯一月面探査レースGoogle Lunar X PRIZEに参加するチーム「HAKUTO」の運営や航空宇宙機器・部品の研究開発、設計、製造、販売などを行っています。またJAXA(宇宙航空研究開発機構)との間で、月惑星などの「不整地環境を移動探査する「昆虫型ロボット」の共同研究」も行います。


■ ジグソー株式会社 (東証マザーズ 証券コード:3914) https://www.jig-saw.com/
ジグソー株式会社は人工知能制御によるIoTデータコントロール及びロボット型ソフトウエアモジュール群による全自動IoTプラットフォーム及び分散型E2Eデータコントロールアーキテクチャー(分散レジャー)基盤の提供、次世代リアルタイムOS・最先端チップモジュール群及び通信制御技術の研究開発等を軸にし、ビジネスシステムの最適制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースに、全産業の自動化・分散化・シェアリング化を加速させる次世代の A&Aロボットテクノロジーカンパニー。 OS技術及びグループ会社Mobicomm社による組み込み技術及び専用ソフトウェアのバランスチューニングによる分散型エッジ超並列高速処理技術を保有。


■本件に関するお問合せ先
ジグソー株式会社(JIG-SAW, Inc.)
〒108-0073 東京都港区三田2-10-6 9F
経営管理ユニット 広報担当
TEL:03-5442-3957

株式会社ispace 担当:米澤
〒106-0041 東京都港区麻布台3-1-6
飯倉片町アネックス 601
TEL:03-4405-7540 FAX:050-3730-2339
MAIL: info@ispace-inc.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

JIG-SAW株式会社
商号
JIG-SAW株式会社(ジグソーカブシキガイシャ)
代表者
山川 真考(ヤマカワ マスナル)
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 18F
TEL
03-6262-5160
業種
通信・インターネット
上場先
マザーズ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.jig-saw.com/
公式ブログ
https://www.jig-saw.com/information/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.