2016年03月04日 11:00

アウトブレイン、Revee社の買収を発表。パブリッシャー向けに読者と収益を同時に獲得する「Outbrain オートマティックイールド」を提供開始

  • Clip to Evernote
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国初のローンチ・パートナーとしてTime社を発表

ディスカバリー・プラットフォームによる企業のコンテンツマーケティング支援を行うアウトブレインジャパン株式会社(本社: 東京都渋谷区、社長: 嶋瀬宏)は本日、コンテンツのリアルタイムでの収益性を可視化するサービスを提供するRevee社の買収を発表しました。アウトブレインは同社の技術を活用し、パブリッシャーが保有する各コンテンツの収益性をリアルタイムで把握し、収益性を高めると同時に読者を獲得することを可能にしたコンテンツ・レコメンデーション・ソリューション「Outbrain オートマティックイールド」の提供を開始します。

また、Time社が初のパブリッシャー・パートナーとして、FortuneEntertainment Weekly、米国における二つの主要メディアに「Outbrain オートマティックイールド」を初期導入することを発表しました。

アウトブレインのCEOであるヤロン・ガライ(Yaron Galai)は、次のように述べています。「ソーシャル・プラットフォームの台頭とアドブロッカー利用者の増加に伴い、パブリッシャーのコアビジネスは、厳しい状況下にあります。今回の買収を通じて、アウトブレインは、コンテンツの収益性をリアルタイムで可視化して、パブリッシャーの収益を最大化し、読者の増加を支援する技術とデータを提供します」

Timeの広告事業シニアバイスプレジデントであるAndy Blau氏は次のように述べています。「プレミアムコンテンツを通じた我々と生活者の関係を理解しているテクノロジーパートナーであるアウトブレインと協業できることを嬉しく思います。アウトブレインの最新のイノベーションにより、当社は自社コンテンツの収益性を理解することができます。コンテンツの価値を理解し、収益を増加させることは複雑ですが、アウトブレインが提供してくれるのは、シンプルかつ効果的なツールです」

読者と収益を同時に獲得する「Outbrain オートマティックイールド」
Outbrainオートマティックイールドは、パブリッシャーがリアルタイムにコンテンツの収益性を理解できる独自のサービスです。Revee社の特許出願中の技術をアウトブレインのコンテンツ・レコメンデーション機能に組み込むことで、単一テクノロジーでコンテンツ・プログラミングと収益を結びつけるという、デジタルパブリッシャーが当初から直面していた課題を解決します。

アウトブレインの製品マーケティング担当バイスプレジデントであるマット・クレンショー(Matt Crenshaw)は、次のように述べています。「パブリッシャーは、読者を継続的に拡大することに労力を費やしています。Facebookからのパブリッシャーへのトラフィックは、昨年の1月から2月の間で32%減少しており、Googleなどのインバウンド・チャネルにおいても、競争が激化しています。そこにパブリッシャーは課題を感じており、新たなソリューションを求めています。当社の「Outbrain オートマティックイールド」は、パブリッシャーが高い収益をもたらすトラフィックを容易に獲得する方法であり、ユーザーにパーソナライズしたコンテンツ・レコメンデーションと収益化をリアルタイムで連動するものです」

パブリッシャーは、フライティングやターゲティングなどパラメータの異なる、極めて多種多様な広告出稿パターンを保有していますが、そのページや動画の収益性は、1日の間で著しく変動します。アウトブレインが実施した初期試験では、単一のコンテンツが数時間で262%変動する可能性があることが分かりました。こういったページや動画の収益性をリアルタイムで把握し、関心のあるユーザーをそのコンテンツへと集客することで、アウトブレインはパブリッシャーに対し、今まで存在しなかった、全く新しい収益化の方法を提供します。

ガライは、次のようにも述べています。「コンテンツ配信とパブリッシャーの収益化を分けて取り組むことは、もはや現実的とはいえません。今回の買収は、ユーザーの需要とパブリッシャーの収益化という需要の両方にリアルタイムで対応する、当社のプラットフォームが今後発展する方向を示すものです」

アウトブレインは、米国以外でも「Outbrain オートマティックイールド」の導入拡大に向けた計画を推し進めており、英国、イスラエル、フランス、その他の主要な市場にて、今後数週間以内に導入を予定しています。米国でのローンチに参加したその他のベータ・パートナーには、Fox社(Fox NewsFox Business)、Rodale社があります。

Revee社は、Penske Media社で広告評価の課題に取り組んでいたニック・ポール(Nic Paul)とチャム・キム(Cham Kim)が、20138月に共同設立しました。買収の詳細は非公開です。

アウトブレインジャパン株式会社について
アウトブレインジャパン株式会社は米国ニューヨークに本社を持つOutbrain社の日本法人です。
Outbrainはサイト読者個人の興味・関心に応じて最適化された、オンライン、モバイル、動画コンテンツを提供し、パブリッシャーが読者を理解することでトラフィックを増加させる手助けをする、世界のリーディング・ディスカバリー・プラットフォームです。OutbrainCNNTime Inc.Fox NewsLe MondeThe GuardianSlate, The Telegraph, New York Postをはじめとする世界中のリーディングパブリッシャーで採用されており、月間5.5億人以上のユーザーがOutbrainを利用、月間2500億回以上のコンテンツ・レコメンデーションを提供しています。日本でも20144月にサービスを開始して以降、多くのリーディングパブリッシャーがOutbrainを採用しています。
Outbrain2006年にニューヨークで設立し、米国、イギリス、イスラエル、日本、シンガポール、オーストラリアの国々にオフィスを構えています。詳細はhttp://www.outbrain.com/jpをご覧ください。

報道関係のお問い合わせ先
ホフマンジャパン株式会社
アウトブレインジャパン 広報担当 高濱/高科/鷲野
電話: 03-5159-5750
Email: outbrainJP@hoffman.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アウトブレイン ジャパン株式会社(アウトブレイン ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
嶋瀬 宏(シマセ ヒロシ)
所在地
〒100-0005
東京都渋谷区恵比寿1-8-4 Ebisu One Bldg 6F
TEL
03-6409-6061
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.outbrain.com/jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.