2016年08月02日 11:00

岐阜県御嵩町民が中心につくる “電車を楽しむ遊園地”【御嵩(みたけ)あかでんランド】2016年9月24日(土)・25日(日)の2日間、オープンイベントを開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月24日(土)・25日(日)の2日間。名古屋から電車で約1時間の岐阜県御嵩町にて”電車をたのしむ遊園地”がオープンします。その名も【御嵩あかでんランド】。廃線跡を歩く「オールドレイルウェイ八百津」や、真っ赤な電車と競争する「レッド・ゴー」など、ユニークな企画が盛りだくさん。住民がキャストとなってお出迎えする本イベント、ぜひご注目ください。

名古屋から電車で約1時間、ここは小さな町の遊園地です。芝生の上に寝転がると電車が身体のすぐ上を走り抜ける「アンダー・ザ・トレイン」、廃線跡を歩く「オールドレイルウェイ八百津」、真っ赤な電車と競争する「レッド・ゴー皆さんをお出迎えするのは、あかでんランドのオープンに向け、準備をしてきた住民“キャスト”。2日間だけの特別な遊園地で、みなさんにワクワクとドキドキをお届けします
◎あかでんランド、誕生の経緯

同企画は「存続危機にある名鉄広見線を救え!」を合い言葉に、御嵩町役場とissue+designが昨年度開催した全4回のワークショップを経て企画されました。ヒアリングやフィールドワークを重ねた結果、見えてきたのは懐かしくも新しい“広見線”での体験の数々。電車がある風景と体験を未来に残すべく、今年度、全6回のワークショップを開催。町内外から幅広い年代(10-70代)の約40名集まり、20-30代が中心となって、企画の実現に向け取り組んでいます。
(活動の様子⇒ https://www.facebook.com/gogo.hiromisen/

◎issue+designについて(http://issueplusdesign.jp/

地域、日本、世界が抱える社会課題(ISSUE)を、地域の創造力(DESIGN)で解決することに挑戦するソーシャルデザインプロジェクト。郷土愛に燃える、岐阜県羽島市出身のスタッフが同企画を担当します。

イベントのお申し込み:
http://akadenland.jp/2016_autumn/
(受付期間 8/1~ 9/16)

お問い合わせ先:
issue+design御嵩あかでんランド」事務局 担当:白木、栗崎
TEL : 03-6441-7752  E-Mail :info@issueplusdesign.jp WEBhttp://issueplusdesign.jp
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

添付資料

会社概要

商号
特定非営利活動法人イシュープラスデザイン(トクテイヒエイリカツドウホウジンイシュープラスデザイン)
代表者
筧 裕介(カケイ ユウスケ)
所在地
〒107-6322
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 11F 1107C i+d
TEL
03-6441-7752
業種
デザイン・イベント
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://issueplusdesign.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.