2016年10月17日 14:00

リピート注文必至!新しいしゃぶしゃぶの味!「自家製トリュフバターしゃぶしゃぶ」

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しゃぶしゃぶの店 縁-ENISHI-(福岡市中央区薬院)は、自家製のトリュフバターを出汁に溶かして食べる新感覚のしゃぶしゃぶを2016年10月リリースしました。

しゃぶしゃぶの店 縁-ENISHI-(福岡市中央区薬院)は、自家製のトリュフバターを出汁に溶かして食べる新感覚のしゃぶしゃぶをリリースしました。

なぜトリュフバターをしゃぶしゃぶに入れてみたかというと、ボクは20166月に料理研究のために東京に行っていました。そのときに友人から紹介してもらった予約のとれない隠れ家イタリアンの店のスペシャルメニューだったトリュフバターの味に衝撃を受けました。

 絶対に自分のお店のお肉にも合うと思ってダメ元でレシピを教えてくれないか聞いてみたところ、やはり無理でした。しかし、諦めきれなかったボクは東京に滞在している間、毎日そのお店に通いました。
 そして翌日の朝、福岡に帰るというタイミングで「毎日通ってくれてありがとう。そんなに気に入ったならレシピを特別に伝授してあげるよ。」とエプロンを渡されて直接教わることができました。


 福岡に帰り、同じレシピで作るも湿度や温度から同じ味にはならなくて試行錯誤してようやくお客様に提供できるものができました。最初は、教わったお店と同じようにバターとクラッカー、お肉にバターを添える使い方をしていたのですが、あるお客様がトリュフバターを出汁に溶かしてみたところ、トリュフの香りが部屋中に充満して、バターのコクがさらにお肉の味を美味しくすることがわかりました。


 正式に2016年10月1日から発売を開始し、今では「トリュフバター(税抜500円)」をクラッカーとワインでまずは楽しみ、途中でしゃぶしゃぶに入れて味わう。最後にお肉と野菜の旨味、トリュフの香り、バターのコクが合わさったリゾットで〆る。というのが、常連のお客様に大人気です。


==============================

 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。

よければ取材がてら、当店のトリュフバターしゃぶしゃぶを食べに来てください。
そしてご不明な点はご遠慮なくお尋ねください。
 <過去取材関連記事> なし
 お問い合わせは広報担当:加藤まで
広報直通は「090-5614-6700

しゃぶしゃぶの店 縁-ENISHI-】
福岡市中央区薬院3-12-22 美山ビル1
電 話 092-753-6629 / FAX 092-753-6629
メール enishi0824@yahoo.co.jp
(直通)atsuki1860@yahoo.co.jp
定休日 不定休 / 営業時間 18002400
検索キーワード 「えにし 薬院」
  • 飲食、料理

会社概要

しゃぶしゃぶの店 縁-ENISHI-
商号
しゃぶしゃぶの店 縁-ENISHI-(シャブシャブノミセ エニシ)
代表者
加藤 充貴(カトウ アツキ)
所在地
〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院3-12-22 美山ビル1階
TEL
092-753-6629
業種
飲食
上場先
未上場
会社HP
http://enishi-shabushabu.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.