2016年10月19日 16:00

【ABIリサーチ調査報告】産業用とフィールドサービス市場のウェアラブル技術

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国市場調査会社ABIリサーチが、英文調査レポート「産業用とフィールドサービス市場のウェアラブル技術:機器、利用ケース、サプライヤのエコシステム分析」を2016年10月に出版しました。

【調査レポートのサマリー】
2016年10月発行
緊急医療の現場で働く医療従事者や製造業でのエンジニアの保護メガネなど、業務用の現場では幅広い特殊な機器が必要とされている。グーグルグラスのような機器が医療市場に新しい機能性を導入してきたが、テレプレゼンスや遠隔患者監視、肩越しでの業務教育など、生産性に関わる幅広いウェアラブルの用途が出現しつつある。

しかし、新しいモバイル製品カテゴリーの成功の決定要因は、ウェアラブルの変化が続くこと、それもアンドロイドやiOSなどの機器のエコシステムというよりは、モノのインターネット(IoT)や万物のインターネット(IoE)のようなエコシステムそのものの変化によるのであって、企業はデジタルと物理的な世界の接続能力を高め、コンテンツやコンテンツ制作ツールの変化をもサポートしていくことが重要となるだろう。消費者と企業の根本的な文脈の相違は、現在の消費者用アプリケーションが利便性の周辺や主観的価値を目指している一方、企業はそれをツールとみなしているということである。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】産業用とフィールドサービス市場のウェアラブル技術:機器、利用ケース、サプライヤのエコシステム分析」は、産業用途とフィールドサービス市場での企業用ウェアラブル技術に関する最大の動向と発展に関するABIリサーチの見解を報告している。第1セクションでは、この調査レポートの概念的な枠組みと産業用途フィールドサービス設定の利用に関する特徴、機能、フォームファクタについて述べている。第2セクションでは、市場をウェアラブル機器、平均価格、エンドユーザチャネル、垂直市場(教育、医療、倉庫・製造、政府・軍事、小売り、商業、マーケティング、交通運輸、フィールドサービス)に区分して予測している。最後のセクションでは、バリューチェーンの様々な側面を例示するために多くの関連ベンダの高次元の評価を行っている。

A wide range of occupations requires specialized equipment, such as scrubs for medical professionals working in urgent care, or protective eyewear for engineers in manufacturing. While the market has seen how devices like Google Glass can introduce new capabilities in healthcare - telepresence, remote patient monitoring, over-the-should style coaching - a wide range of wearable productivity applications purpose built for the enterprise have since started to surface.

But as determinants of success surrounding new and emerging mobile product categories such as wearables continue to shift - focusing less on the device ecosystem (Android, iOS), and more on the ecosystem of devices (IoT, IoE) - it will be critical that companies cultivate a capacity to connect the digital and physical worlds, as well as the content and content creation tools to support the transition. The fundamental difference between the consumer and enterprise contexts is that the current cohort of consumer applications are positioned around the marginal (and subjective) value of convenience, while in the enterprise they’re viewed as a tool.

This research analysis examines what ABI Research considers to be the most significant trends and developments related to enterprise wearable tech in industrial and field service markets. The first section includes the conceptual framework supporting the research, as well as the features, functions, and form factors fit for use in industrial and field service settings. The second section consists of updated and refined forecasts, broken down by wearable device type, ASP, end-user channel, and market vertical (Education; Healthcare; Warehouse and Manufacturing; Government and Military; Retail, Commerce, and Marketing; Transportation; Field Services). The final section provides a high-level assessment of a number of relevant vendors to exemplify the different parts of the value chain.



ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。

ABIリサーチの年間プログラム「リサーチサービス」は、複数の調査レポートやマーケットデータを1年間を通して提供します。対象分野の最新動向を継続的に詳細に分析するもので、アナリストへの質問時間も提供し、70以上の分野を調査対象としています。



■ 調査レポート ■

【分析レポート:技術】産業用とフィールドサービス市場のウェアラブル技術:機器、利用ケース、サプライヤのエコシステム分析
Wearable Tech in Industrial and Field Services Markets: Devices, Use Cases, and Supplier Ecosystem Analysis
4Q 2016 | Technology Analysis Report | AN-2345 | 33 pages | 6 tables | 3 charts | 3 figures | PDF
出版社:ABIリサーチ(米国)
出版年月:2016年10月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian2345.html

【サービス区分】IoTマーケットトラッカー
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html?cid=1157

【サービス区分】ウェアラブル、ユーザブル、拡張可能デバイス
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html?cid=1202

(ABIリサーチのマーケットリサーチは、調査レポート、マーケットデータ、最新情報を提供するABIインサイツ、アナリストへの質問時間などの組合せによって提供する年間契約の情報サービスです。)

株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ     

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー   
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社データリソース(カブシキガイシャデータリソース)
代表者
佐々木 浩(ササキ ヒロシ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
TEL
03-3582-2531
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.dri.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.