2016年10月19日 17:00

【マーケッツアンドマーケッツ 調査報告】脅威検出システム市場は2022年に1191億7000万ドルの市場規模

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドの調査会社マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)が、英文調査レポート「脅威検出システム市場」を2016年10月に出版しました。

【調査レポートのプレスリリースより】
2016年10月発行
幅広い市場を対象としている調査会社マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の調査レポート「脅威検出システム市場:検出タイプ毎(爆発物、放射性物質・原子力、化学・バイオ、麻薬、侵入)、製品毎(線量計、レーザ、ライダ、ビデオ監視、生体認証)、用途毎、地域毎 - 2022年までの世界市場予測」は、脅威検出システム市場は2016-2022年に年平均成長率(CAGR)13.11%で成長し、2015年の483億8000万ドルから2022年には1191億7000ドルに達するだろうと報告している。テロリストの活動による脅威の高まりや領土をめぐる争い、地政学的な不安定性などが脅威検出システムの需要を後押ししている。公共の場や商業施設などでの大規模な監視システムの需要が高まり、脅威検出機器の需要を促進している。

ビデオ監視システム市場は予測期間中最も成長するだろう

ビデオ監視システムは予測期間中脅威検出システム市場全般を主導し、2016-2022年に最高の成長率が期待されている。商業施設、産業用建造物、公共の場での監視の需要が高まり、ビデオ監視システムの需要を促進する最大の要因のひとつとなっている。ビデオ監視の録画も、多くの犯罪捜査に利用され、ビデオ監視システムs場を促進している。

[プレスリリース原文]
Threat Detection Systems Market worth 119.17 Billion USD by 2022

October 13, 2016
According to the new market research report "Threat Detection Systems Market by Detection Type (Explosive, Radiological & Nuclear, Chemical & Biological, Narcotics, Intrusion), Product (Dosimeter, Laser, Radar, Video Surveillance, Biometric), Application, and Geography - Global Forecast to 2022", the market is expected to grow from USD 48.38 Billion in 2015 to reach USD 119.17 Billion by 2022, at a CAGR of 13.11% between 2016 and 2022. Increasing threat of terrorist activities, rising territorial conflicts, and geopolitical instabilities have led to the rise in the demand for threat detection systems. Also, increasing need for large-scale surveillance systems at public and commercial places is driving the demand for threat detection equipment.

The market for video surveillance systems are likely to grow at the highest rate during the forecast period
Video surveillance systems are expected to lead the overall threat detection systems market during the forecast period and is expected to grow at the highest rate between 2016 and 2022. Increasing need for reconnaissance at commercial places, industry premises, and public avenues is one of the prime factors which is leading the demand for video surveillance systems. Video surveillance recordings are also used for the investigation purpose in many crime scenarios which is also driving the market for video surveillance systems.
(以下省略)



マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は、通信、半導体、医療機器、エネルギーなど、幅広い市場に関する調査レポートを出版しています。また広範な市場を対象としたカスタム調査も行っています。



■ 調査レポート ■

脅威検出システム市場:検出タイプ毎(爆発物、放射性物質・原子力、化学・バイオ、麻薬、侵入)、製品毎(線量計、レーザ、ライダ、ビデオ監視、生体認証)、用途毎、地域毎 - 2022年までの世界市場予測
Threat Detection Systems Market by Detection Type (Explosive, Radiological & Nuclear, Chemical & Biological, Narcotics, Intrusion), Product (Dosimeter, Laser, Radar, Video Surveillance, Biometric), Application, and Geography - Global Forecast to 2022
出版社:マーケッツアンドマーケッツ(米国)
出版年月:2016年10月
http://www.dri.co.jp/auto/report/mam/mamse4650.html

◆米国調査会社マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mam/index.html

株式会社データリソースは、マーケッツアンドマーケッツの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マーケッツアンドマーケッツ 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社データリソース(カブシキガイシャデータリソース)
代表者
佐々木 浩(ササキ ヒロシ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
TEL
03-3582-2531
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.dri.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.