2016年12月01日 10:30

ISRがDivvyCloud社との日本独占販売契約を締結 クラウド管理ポリシー自動化ソリューションを日本市場へ

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ISRは、 Amazon Web Services Advanced Technology パートナーであるDivvyCloud Corporationと日本国内における独占販売代理店契約を締結し、DivvyCloud社が提供するマルチクラウドサービスを簡便に管理できるクラウド管理ポリシー自動化ソリューションを取り扱うことになったことを発表いたします。

株式会社インターナショナルシステムリサーチ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:メンデス・ラウル、Google Enterprise パートナー、Google Cloud Platform パートナー、及びセキュリティソリューションプロバイダー/以下、ISR)は、 Amazon Web Services Advanced Technology パートナーであるDivvyCloud(本社:米国バージニア州、CEO Brian Johnson/以下、DivvyCloud社)と日本国内における独占販売代理店契約を締結し、DivvyCloud社が提供するマルチクラウドサービスを簡便に管理できるクラウド管理自動化ソリューションを取り扱うことになったことを発表いたします。なお、DivvyCloud社のサービス販売開始は2017年1月16日を予定しております。
昨今、パブリッククラウド市場は世界的に成長を続けており、この市場の代表的サービスであるAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)などをはじめとする様々なパブリッククラウドサービスが普及しております。このような普及期を迎えるなかで、マルチクラウドを利用する企業も多く見受けられるようになってきました。
しかしながら、クラウドサービスへ移行することで利便性が高められるというメリットは確かにあるものの、片やデメリットとして、導入や採用を行う上で様々な課題を企業が抱えることになったことも現実に起きています。それは多くのクラウド利用者が、敏捷性を高めるためプロビジョニングを分散化することで、組織として保持しているクラウドリソースを把握することが容易ではなくなってしまうという問題です。DivvyCloud社は、大域的な可視性を実現するため、リアルタイムで自動的に新しく作成されたリソースなどの検知・発見をした上で、そのリソースが企業ポリシーを遵守しているか確認し、必要に応じてリソースの削除などの自動対応ができるツールを開発しました。
DivvyCloud社のBotFactoryTMは、企業ニーズにあったBotを100種以上標準装備し、提供しています。この機能により、コスト管理、セキュリティ強化、組織ポリシー準拠の自動化が行えます。また、利用者はBotFactoryにて、Botをカスタマイズすることも可能です。
ISRのファウンダー、CEOであるメンデス・ラウルは、「パブリッククラウドの利用には、管理コストの増大や利用規模が大きくなると、クラウド利用状況の全体像や詳細な実態把握が困難になるという問題があります。しかし、DivvyCloud社のサービスを導入することで、クラウド管理に携わる人員や時間を削減し、自動化推進などの創造的・生産的な活動にリソースを割り当てることができますし、また可視化や自動化による管理が可能となるので、今後パブリッククラウド利用が多様化する日本企業での運用管理の改善にも貢献できると考えています」と述べています。
DivvyCloud社のCEOであるブライアン・ジョンソン(Brian Johnson)氏は「私達は日本市場でも有数のクラウドイノベーター企業であるISRとパートナーシップを締結できたことを非常に嬉しく思います。DivvyCloud社のクラウド管理ポリシー自動化ソリューションによって、日本で今後拡大するクラウド市場をサポートし、促進できると期待しています」と述べています。
*商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

◆インターナショナルシステムリサーチについて
1993年、東京に設立されたインターナショナルシステムリサーチ(ISR)はインターネット黎明期の頃からWebシステム開発に着手し、常に時代の要請に即した製品開発、システムインテグレーション、各種コンサルティング業務など様々なソリューションを提供してまいりました。
現在は主力事業をCloudGate UNOに一本化し、2008年のサービス開始以来、約8年ものサービス運用実績があり、現在では1,200社62万ユーザー(2016年3月時点)にご利用頂いております。


本件に関するお問合せ先
株式会社インターナショナルシステムリサーチ
マーケティング部
E-mail: sales(at)isr.co.jp
〒164-0012 東京都中野区本町6-16-12 新中野FKビル 2F
TEL:03-3384-1123 FAX:03-3384-1124




International Systems Research Partners with DivvyCloud to Bring the Leading Cloud Automation Solution to the Japanese Market
Tokyo, Japan: International Systems Research Co. (ISR), a certified Google Enterprise Partner, Google Cloud Platform Partner, and security solutions provider, today announced that it has established an exclusive reseller agreement for the Japanese market with DivvyCloud, a certified Amazon Web Services Advanced Technology Partner that provides an automated policy enforcement solution for multi-cloud services.
Led by cloud services like Amazon Web Service (AWS), Microsoft Azure, and Google Cloud Platform (GCP), public cloud services have grown rapidly worldwide. The public cloud is becoming the default infrastructure option for enterprise applications. However, along with the convenience offered by the cloud services, come various implementation and adoption challenges. In the interest of agility, many cloud adopters decentralize provisioning in favor of agility, making it easy for the organization to lose sight of their cloud resources. In order to bring global visibility, DivvyCloud has developed a tool to automatically detect and discover new resources in real-time as they are being created, and inspect these resources for policy compliance, taking automated remediative action where necessary.
DivvyCloud’s BotFactoryTM provides over 100 types of standard automation Bots to meet enterprises’ needs. Bots automate policies around cost controls, security enforcement and organizational policy compliance. Customers can implement Bots as needed from the standard library, or create their own using BotFactory.
“When using the public cloud, there are some problems such as managing cost, security and grasping the cloud usage as the scale increases.” said Raul Mendez, the founder and CEO of ISR. “However, by implementing DivvyCloud, it is possible to save manpower and time involved in the cloud management, allocate resources to creative and productive activities. Therefore, we believe that by using DivvyCloud, ISR can contribute to the ops management in Japanese enterprises as they move their applications to the public cloud.”
ISR is planning to launch their DivvyCloud services on January 16th, 2017.
Brian Johnson, CEO of DivvyCloud, commented, “we are excited to partner with ISR, a leading cloud innovator in the Japanese market. We expect DivvyCloud’s automated policy enforcement technology to support and facilitate the large, growing cloud market in Japan.”

*All product names, company names, and organization names appeared are registered trademark.

About International Systems Research Co. (ISR)
ISR, established in 1993 in Tokyo, is a certified Google Enterprise Partner (GEP) since 2008 that has been developing the CloudGate authentication service for G SuiteTM and since then it has grown along with the G Suite ecosystem reaching 620,000 users in 1,200 Japanese and international companies at the end of March 2016. The company is built on customer satisfaction, and as such will continue providing high quality products and services based directly on clients’ needs.
ISR’s official website is at: http://www.isr.co.jp

Media Contacts
Marketing Department
ISR Japan Office
E-mail: sales@isr.co.jp
TEL: +81-(0)3-3384-1123 FAX: +81-(0)3-3384-1124
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社インターナショナルシステムリサーチ(カブシキガイシャインターナショナルシステムリサーチ)
代表者
メンデス ラウル(メンデス ラウル)
所在地
〒164-0012
東京都中野区本町6-16-12 新中野FKビル2階
TEL
03-3384-1123
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
http://www.isr.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.