2017年03月02日 13:00

岸本葉子(エッセイスト/『NHK 俳句』司会)が贈る「俳句に学ぶ女性の生き方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 洋泉社(東京都千代田区/代表取締役社長:江澤隆志)は、書籍『575 朝のハンカチ 夜の窓』(定価:本体1,400円+税)を3月3日(金)に発売します。

【本書の特徴】
 岸本葉子(エッセイスト/『NHK 俳句』司会)が贈る「俳句に学ぶ女性の生き方」。
本書では、女性俳人(俳句作家を「俳人」と呼びます)が私たちの誰の上にもありそうなことを詠んだ50句を選んでいます。日常を飾り気のないシンプルな言葉にした50句を通じ、俳句の親しみやすさを感じてほしい。そんな思いを『575 朝のハンカチ 夜の窓』というタイトルにこめました。
第1章から第5章まで、5つのシーンに合うような俳句をご紹介します。いつもとは違う場所に心を遊ばせてリセットする「少し遠くへ出かけたい」、自分をオフにする時間を持つことで原点回帰をする「電源を入れない時間」、身のまわりのものに目を向けることで自分が見えてくる「気がつけば、そばにある」、なんてことはない毎日の中に人生を感じる「いつもと同じ日のなかで」、歩んできた道を振り返り、今を思う「あのころよりも、私を好き」。5つのシーンの中に、今のあなたの気持ちに寄り添う句との出会いがあれば、うれしいです。
この本では、それぞれの句に私の鑑賞を添えました。けれど俳句の鑑賞はひとつではありません。読んだ人の数だけ鑑賞があります。ぜひみなさんも、「私はこう想像する」「私の場合はこう読む」と、自由に鑑賞してみて下さい。この本が、俳句の楽しさを知る入り口となって、イマジネーションを広げて大きな世界とつながったり、たいせつなことに気づいたり、毎日がちょっと楽しく、豊になるきっかけとなれば、著者としてこんなに幸せなことはありません。(「はじめに」より抜粋)

【本書の目次】
序章 俳句と私
第1章 少し遠くへ出かけたい
第2章 電源を入れない時間
第3章 気がつけば、そばにある
第4章 いつもと同じ日の中で
第5章 あのころよりも、私を好き

コラム1 俳句の基礎知識
コラム2 おすすめの入門書
コラム3 初心者は避けたい「禁じて」
コラム4 句会のすすめ
コラム5 吟行のすすめ
コラム6 最初にぶつかる「壁」
コラム7 女性俳人の歴史


【監修者紹介】
岸本葉子 (きしもと・ようこ)
エッセイスト 1961年神奈川県生まれ。大学卒業後、会社勤務、中国留学を経て、執筆活動に入る。食や暮らしのスタイルの提案を含む生活エッセイや、旅を題材にしたエッセイを多く発表。同世代の女性を中心に支持を得ている。著書は『ブータンしあわせ旅ノート』(角川文庫)『わたしの週末なごみ旅』(河出文庫)『欲ばらないでちょうどいい』『いのちの養生ごはん』(中公文庫)『五十になるって、あんがい、ふつう』(ミスター・パートナー)『ちょっと早めの老い支度』(オレンジページ)など多数。2015年から『NHK俳句』(NHK Eテレ)の司会を担当。


[商品概要]
洋泉社書籍『575 朝のハンカチ 夜の窓』
定価:本体1400円+税
発売日:2017年3月3日
判型:四六判/192ページ
ISBN:978-4-8003-1174-0
発行所:株式会社洋泉社
予約受付URL(Amazon):http://amzn.asia/cajyTnD

<報道関係の方からのお問合せ先>
洋泉社プレス窓口  E-mail yosensha.press@gmail.com  TEL 03-5259-0251
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社洋泉社(カブシキカイシヤヨウセンシヤ)
代表者
江澤隆志(エザワタカシ)
所在地
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル5F
TEL
03-5259-0251
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.yosensha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.