2017年09月14日 12:00

待望のDLP方式の4Kホームシアタープロジェクター。8.3Mピクセル4K UHDで、画面に没入する臨場感。オプトマUHD65新登場。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社オーエスプラスeは、8.3Mピクセルを持つUHD規格の4KプロジェクターUHD65を発売いたします。UHD65はテキサス・インスツルメント社の4K UHD用DLPシングルチップを採用し、クリアで深いな4K映像を生み出すとともに、7.8kgという小型・軽量化を実現しました。UHD65はさらにHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)技術も搭載し広い諧調表現でさらにリアルな映像が楽しめます。

株式会社オーエスプラスe(本社:東京、代表:奥村正之)は、8.3Mピクセルを持つUHD規格の4KプロジェクターUHD65を発売いたします。
UHD65はテキサス・インスツルメント社の開発した4K UHD用DLPシングルチップを採用、9000回/秒の高速スイッチング技術により8.3Mピクセル(2716×1528×2)を実現し、フルHD(1080p)の実に4倍という解像度で、アライメントの正確さとクリアで深い4K映像を生み出すとともに、7.8kgという小型・軽量化を実現しました。
UHD65はITU※1の定める4K UHD規格に適合し、さらにHDR10に準拠するHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)技術※2も搭載しています。4Kの高解像度は、鑑賞者にシャープでクリアな映像を楽しませることができますが、HDR技術がコントラスト比を広げることで、明暗の階調差だけでなく、さらに奥行き感と色合いを増し、スクリーンの中に没入する感覚を味合わせてくれます。
UHD65にはOptoma独自のピュア・エンジンが搭載され、コントラスト・カラー・フレームの動き・細部調整・シーンごとのコントラストなどの調整が自動的に行われ常に最適な映像を堪能できます。また、SDR(スタンダード・ダイナミック・レンジ)の従来のソフトウェアも、映像メニューにより、HDRに近づける設定を選ぶことができます。
UHD65には垂直レンズシフト機構を搭載。HDMIは2ポートを持ちMHL規格にも対応するため、ポピュラーなメディアサービスや、ストリームTV、ビデオクリップなどもお楽しみいただけます。オプトマUHD65は、全国のオーエスプラスe特約店でお求めいただけます。
※1 ITU:国際電気通信連合
※2 HDR:映像を、人間の瞳が明暗(コントラスト)を判別する能力に近づけようとする技術

商品名:オプトマ 4K UHDプロジェクター UHD65
希望小売価格:オープン
市場想定価格:500,000円未満(消費税別)
発売予定日:2017年10月下旬
・オプトマ公式サイト https://www.optoma.jp


■UHD65の主な特長
・4K UHD規格8.3Mピクセルによるリアリティあふれた映像。
・BT.2020に対応する深い色域で素晴らしい色彩再現。BT.709は100%カバー。
・DLPシングルチップでアライメントフリーの正確でシャープな映像。
・HDR10※対応の輝度レンジの拡張によるHDRコンテンツに対応。※HDR10:HDR規格の一種
・高輝度2200ルーメン。
・コントラスト比1,000,000:1。
・4K(8.3Mピクセル)のために新たに開発された映像エンジン「ピュア・エンジン」。
・小型軽量ボディ(外形寸法:W498×D331×H153mm、製品質量:7.8kg)
・ステレオサラウンドスピーカー内蔵。
■UHD65独自のピュアエンジン
・ピュア・コントラスト:明るさ・暗さが同居するシーンで、その都度コントラスト比を読み取り、最適な調整を行い、画面に奥行を生み出します。
・ピュア・カラー:シーンごとに画面のカラー情報をその都度読み取り、イメージの鮮明さを自動的に強調します。
・ピュア・モーション:ビデオプロセッシングのフォームで、一秒間に24fpsのビデオ映像を60fpsに補間するシステムで、動きの速い場面などでスムーズで素早い動きを、自然に滑らかな動きで楽しむことが出来ます。
・ウルトラディテイル:画像のディティールを描き起こすイメージプロセッシング。
・ダイナミックブラック:フレーム毎に、明暗の情報を検出し、シーンに最適なコントラスト比になるようにランプ出力を調整します。
■HDRとUHD
HDRはハイ・ダイナミック・レンジの略称です。明るさ情報(輝度)を人間の瞳の能力に近づけたいという、広階調で記録する規格です。
・UHDは4K・8Kそれぞれの解像度を放送業界の国際電気通信連合(ITU)が定めた規格です。実際に4K UHDは、フルHDを縦横2倍にした3840×2160ピクセル(16:9)です。それとは別に映画業界DCI(デジタルシネマ)が定めた解像度があり、映画の4Kになります。解像度は4096×2160ピクセル(17:9or1.90:1)になります。単に4Kと言われた場合にはITU(4K UHD)とDCI 4Kは解像度が異なるために注意が必要です。
■UHD65の主な仕様
商品名称:4K HDR対応DLPプロジェクター
型式:UHD65
JANコード:4942465021724
本体カラー:ピアノブラック
投写方式:単板DLPTM 4K UHD方式 ※1
表示素子:UHD 4K(2716x1528x2)0.65型DMDTMパネル※1※2
アスペクト比:16:9※3
明るさ:2,200ルーメン
コントラスト比:1,000,000:1
投写レンズ:F=2.5~3.26, f=20.91~32.62、1.6倍
光源:UHEランプ(240W、ユーザー交換可能)
光源寿命:15,000時間(ダイナミックモード)、10,000時間(エコモード)、4,000時間(ブライトモード)
ランプ型式:SP.78V01GC01
投写距離:0.92m(30型)~14.74m(300型)※4
レンズシフト:マニュアル式  垂直方向 +15%
キーストン補正:非対応
コンピューター信号:4K UHD(3840 x 2160)、FHD、HD、WSXGA+、SXGA+、WXGA+、WXGA、SXGA、XGA、SVGA、VGA
ビデオ対応信号:Full NTSC、NTSC4.43、PAL、PAL-M、PAL-N、SECAM、SDTV(480i)、EDTV(480p)、HDTV(720p、1080i/p)
入力端子:HDMI(V2.0 HDCP2.2 / MHL 2.1)x1、HDMI(1.4a)x1、VGA IN x1、 オーディオ(3.5mmジャック)×1
出力端子:オーディオ(3.5mmジャック)×1、USB(1.5A)×1、トリガー(12V)×1、S/PDIF(光デジタルオーディオ出力端子)×1
コントロール端子:RS-232C×1 、LAN(RJ-45)×1、USB(タイプA)×1
3D方式:非対応
スピーカー:8W(ステレオ)
騒音値:25dB(エコモード)
電源:AC 100V240V50/60Hz
消費電力:317W(ブライトモード)
待機電力:0.5W以下(エコモード)
RoHS指令:適合
VCCI:適合
外形寸法:498(W)×347(D)×288(H)mm (突起部含む)、498(W)×331(D)×153(H)mm (突起部含まず)
製品質量:7.8kg
付属品:レンズキャップ、電源コード、リモコン、単4電池×2、取扱説明書(保証書付)
※1 DLPTM、DMDTMはテキサスインスツルメンツ社の登録商標です。
※2 DMDTM/DLPTMテクノロジーの中核をなす半導体、デジタル・マイクロミラー・デバイス。半導体上に可動する極小のミラーが、UHD65(2716x1528)の場合415万個以上敷き詰められ、1秒間に9000回というスピードで切り替えられて、ミラーに当たった光を反射して画像を再現します。
※3 画面の横と縦の比率です。
※4 アスペクト4K・FHD(16:9)映写時の距離です。投写距離は実際の距離と誤差のある場合があります。(許容誤差±5%)
■UHD65主な投写距離/画面サイズHD(16:9)単位:m
・80型(イメージサイズW1.77×H1.00)投写距離:最短2.46~最長3.93、オフセット最大0.15
・100型(イメージサイズW2.21×H1.25)投写距離:最短3.08~最長4.91、オフセット最大0.21
・110型(イメージサイズW2.44×H1.37)投写距離:最短3.38~最長5.41、オフセット最大0.19
・120型(イメージサイズW2.66×H1.49)投写距離:最短3.69~最長5.90、オフセット最大0.22
・130型(イメージサイズW2.88×H1.62)投写距離:最短4.00~最長6.39、オフセット最大0.24
・140型(イメージサイズW3.10×H1.74)投写距離:最短4.31~最長6.88、オフセット最大0.26
・150型(イメージサイズW3.32×H1.87)投写距離:最短4.62~最長7.37、オフセット最大0.15
・300型(イメージサイズW1.77×H1.87)投写距離:最短2.46~最長3.93、オフセット最大0.28
・300型(イメージサイズW6.64×H3.74)投写距離:最短9.23~最長3.93、オフセット最大0.15
■オプトマ社 Optoma corporation                                                          
1992年創業。高品質な光学機器メーカーとして、OEMを含みDLPプロジェクターにおいて、世界トップクラスのシェアを持つ。2008年12月発表のPK101は大きな話題を呼び、ポケットプロジェクターという新しい市場を開拓。2013年発表のRGB-LED光源採用のフルHDプロジェクターは、ホームシアター向けの新しい映像作りに高い評価を得ている。
■製品に関するお問合せ先
株式会社オーエスプラスe コンタクトセンター   東京都足立区綾瀬3-25-18  
TEL.0120-212-750 FAX.0120-380-496 E-mail e.info@os-worldwide.com
※接続できない場合には、次の番号をご利用ください。
TEL.03-3629-5211 FAX.03-3629-5214
■本ニュースに関するお問合せ先・ニュース発信者 
株式会社オーエス マーケティング課 藤枝 昭  東京都足立区綾瀬3-25-18     
TEL.03-3629-5356 FAX.03-5697-0990  E-mail a.fujieda@os-worldwide.com
■株式会社オーエスプラスe 会社概要
名称:株式会社オーエスプラスe 
本社:東京都足立区綾瀬3-25-18  https://jp.os-worldwide.com/os_plus_e/
創業:2000年10月
資本金:1000万円
代表者:代表取締役 奥村正之
事業内容:
2000年10月12日創業以来、日本市場に「家庭で映画を」と言う、ホームシアター文化を提案・構築。オーエスグループの中でも、最もエンドユーザーに近い企業として、グループ全体のスローガンである「キモチをカタチに」の実現を目指す。映像文化に関する幅広い取り組みを推進し、業績拡大を目指す。

■関連企業
株式会社オーエス 本社:大阪市西成区 https://jp.os-worldwide.com
株式会社オーエスエム 本社:兵庫県宍粟市 https://jp.os-worldwide.com/osm/
株式会社次世代商品開発研究所 本社:兵庫県宍粟市https://jp.os-worldwide.com/njmc/
株式会社オーエスビー沖縄 本社:沖縄県中頭郡 https://jp.os-worldwide.com/osbee/
OSI CO., LTD.:香港 https://hk.os-worldwide.com
奥愛斯商貿(北京)有限公司:中華人民共和国 http://www.os-worldwide.com.cn
■日本総販売代理店
Optoma(台湾)/ 世界トップクラスのDLPプロジェクターメーカー
Vogel’s(オランダ)/ フラットディスプレイなどのスタイリッシュハンガーメーカー
SCREEN RESEARCH(イタリア / THX、ISF公認のサウンドスクリーン
AV Stumpfl(オーストリア)/ 画像処理技術で世界的に定評あるメーカー

  • 住宅、建築、不動産

会社概要

株式会社オーエス
商号
株式会社オーエス(カブシキガイシャオーエス)
代表者
奥村 正之(オクムラ マサユキ)
所在地
〒557-0063
大阪府大阪市西成区南津守6-5-53 オーエス大阪ビル
TEL
06-6657-0980
業種
その他の製造・メーカー
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.os-worldwide.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.