2017年09月22日 18:00

【秋の味覚キャッチャー第1弾】秋の味覚をトングで収穫する変わり種クレーンゲーム『甘栗キャッチャー』登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社東洋(本社:埼玉県北本市/代表取締役 中村秀夫)が経営する、1店舗当たりのクレーンゲーム設置台数が240台でギネス世界記録に認定されている「世界一のゲームセンター エブリデイ行田店(埼玉県行田市)」は、2017年9月21日(木)から、秋の味覚キャッチャー第1弾として、モンドセレクション3年連続金賞受賞の甘栗が景品で獲れる【甘栗キャッチャー】を本格稼働させました。


 株式会社東洋(本社:埼玉県北本市/代表取締役 中村秀夫) が経営する、1店舗当たりのクレーンゲーム設置台数が240台でギネス世界記録に認定されている「世界一のゲームセンター エブリデイ行田店(埼玉県行田市)」は、2017年9月21日(木)から、秋の味覚キャッチャー第1弾として、甘栗が景品で獲れる【甘栗キャッチャー】を本格稼働させました。

 甘栗キャッチャーは、9月14日から登場し“まるで栗拾いをしている様”に、アームの開閉に連動して、トングが開いたり、掴んだりするのが最大の特徴の変わり種クレーンゲームです。アームの先端に改造をしてトングを付け、トングで景品の甘栗を獲って頂く為、登場から1週間、問題なく動作するか、景品は獲れるのかなどの様子を見ましたが、問題なく景品が獲れる為、この度、本格稼働開始致しました。

 秋の味覚がコンセプト秋の味覚キャッチャーですが、第1弾として、“栗”を選んだのには理由があり、埼玉では、県内ほぼ全域で栽培されており、県内の果樹栽培面積では“栗”が最大で、その面積は699ヘクタールにおよび、生産量は755トンで全国5位(※埼玉県公式ホームページより)という、全国で有数の栗の産地としても知られていますが、まだまだ埼玉県の魅力を知らない方も多いのが現状で、埼玉県をより知って頂けたらという思いで、“栗”を、秋の味覚キャッチャーの第1弾のテーマに選びました。

 甘栗キャッチャーを立案した担当者によると、『 “栗拾い”をモチーフにしているので、本当は、イガグリを景品で使いたかった。しかし衛生上や、生の栗の鮮度管理などの問題があった為、代わりに、獲ったらすぐに美味しく食べて頂ける甘栗を景品に採用しました。景品の甘栗は、モンドセレクションで3年連続金賞受賞商品ですので、とっても美味しいですよ。との事。


 世界一のゲームセンター エブリデイ行田店では、秋の味覚キャッチャー第2弾で、秋刀魚や松茸など他にも秋の味覚はたくさんありますが、鮮度管理や、景品価格の問題などの問題から、どうしたら景品として提供出来るか、現在真剣に考えております。


 【本リリースに関するお問い合わせ先】 

株式会社東洋 
住所:埼玉県北本市中丸9-211
電話:048-593-0999
公式サイト:http://ev-toyo.com/

・クレーンゲーム専門店 『エブリデイ』
公式サイト:http://ufo-everyday.com/

広報担当:緑川 裕一(みどりかわ ゆういち)
電話番号:080-6858-9626
メール:midorikawa@everyday.co.jp
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

会社概要

商号
株式会社東洋(カブシキカイシャトウヨウ)
代表者
中村 秀夫(ナカムラ ヒデオ)
所在地
〒364-0013
埼玉県北本市中丸9-211 
TEL
048-593-0999
業種
エンターテイメント
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://ev-toyo.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.