2017年10月12日 10:00

「車載マイクロコントローラの世界市場:用途別、ビットサイズ別2022年予測」調査レポート刊行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「車載マイクロコントローラの世界市場:用途別、ビットサイズ別2022年予測」のお取扱いを開始いたします。


【レポート紹介】
車載マイクロコントローラの世界市場規模は2017年段階で9億8920万ドルと見られ、2022年には倍増近くとなる18億8640万ドルにまで拡大すると予測されます。2017年から2022年にかけての市場規模の平均年成長率は13.78%で推移するとレポートでは分析しています。
当レポートでは、2022年に至る車載マイクロコントローラの世界市場予測(市場規模US$、数量Units)、用途別市場(パワートレイン/シャーシ、安全/セキュリティ、ボディエレクトロニクス、テレマティクス/インフォテインメント)、ビットサイズ別市場(8ビット、16ビット、32ビット、32ビットフュージョンボックス)、接続タイプ別市場(V2V、V2I、V2C)、システムタイプ別市場(パークアシストシステム、ブラインドスポット検出システム、ACC、TPMS)、EV向け市場(BEV、HEV、PHEV、FCEV)、車両タイプ別市場(乗用車、商用車)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業12社プロフィール動向などの情報も交えて、車載マイクロコントローラ市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
車載マイクロコントローラの世界市場:用途別、ビットサイズ別2022年予測
Automotive Microcontrollers Market by Application (Body Electronics, Chassis & Powertrain, Infotainment & Telematics, Safety & Security), Technology (ACC, Blind Spot Detection, Park Assist, TPMS), Vehicle, EV, Bit Size, Connectivity, and Region - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/7/Automotive_Microcontroller_2022_MAM784.html

【レポート構成概要】
◆ 車載マイクロコントローラの世界市場予測2015-2022年
・市場規模(US$)
・数量(Units)

◆ 用途別、市場-2022年
・パワートレイン、シャーシ
・安全、セキュリティ
・ボディエレクトロニクス
・テレマティクス、インフォテインメント
※(市場規模US$、数量Units)

◆ ビットサイズ別、市場-2022年
・8ビットマイクロコントローラ
・16ビットマイクロコントローラ
・32ビットマイクロコントローラ
・32ビットマイクロコントローラフュージョンボックス
※(市場規模US$、数量Units)

◆ 接続タイプ別、市場-2022年
・車車間(V2V)接続
・路車間(V2I)接続
・車両クラウド間(V2C)接続
※(市場規模US$、数量Units)

◆ システムタイプ別、市場-2022年
・パークアシストシステム
・ブラインドスポット検出システム
・アダプティブクルーズコントロール(ACC)
・タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)
※(市場規模US$、数量Units)

◆ 電気自動車(EV)向け市場、タイプ別-2022年
・バッテリー電気自動車(BEV)
・ハイブリッド電気自動車(HEV)
・プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)
・燃料電池自動車(FCEV)
※(市場規模US$、数量Units)

◆ 車両タイプ別、市場-2022年
・乗用車
・商用車
※(市場規模US$、数量Units)

◆ 主要国地域別市場-2022年
アジア太平洋
・日本、中国、インド、韓国
欧州
・フランス、ドイツ、イタリア
・スペイン、英国
北米
・米国、カナダ
中南米
・ブラジル、メキシコ
その他地域
・ロシア、南アフリカ
※ 地域別に全てのセグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照
※ 国別に用途別の細分化データ掲載
※(市場規模US$、数量Units)

◆ 市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界構造分析(ファイブフォース分析)
・バリューチェーン分析
・技術概要、動向
・競合状況

◆ 車載マイクロコントローラの主要企業プロフィール動向
・ANALOG DEVICES, INC.
・CYPRESS SEMICONDUCTOR CORPORATION
・INFINEON TECHNOLOGIES AG
・MAXIM INTEGRATED
・MICROCHIP TECHNOLOGY INC.
・NXP SEMICONDUCTORS
・ON SEMICONDUCTOR
・ルネサスエレクトロニクス株式会社
・ローム株式会社
・STMICROELECTRONICS
・TEXAS INSTRUMENTS INCORPORATED
・株式会社東芝

(全203頁)
【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/7/Automotive_Microcontroller_2022_MAM784.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年10月10日

★関連レポート
「自動車V2X(Vehicle to Everything)の世界市場2017-2022年:通信タイプ別、用途機能別、市場予測と動向」
http://researchstation.jp/report/MAM/3/Automotive_V2X_2022_MAM379.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
リサーチステーション合同会社(リサーチステーションゴウドウガイシャ)
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://researchstation.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.