2017年10月23日 10:00

MAGLAB、業界初のIoT/AIに特化した一括見積サービスを開始 ~複数企業からIoT/AIに関する見積を取得する手間と期間を短縮~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoT/AI分野で「リユースPoC」を提供する株式会社MAGLAB(本社:高知県高知市帯屋町、代表取締役:武市 真拓 https://maglab.jp、以下「MAGLAB」)は、同じくIoT/AI分野に特化した「IoT/AI一括見積サービス」のβ版提供を2017年10月23日より開始します。これにより、ユーザー企業はIoT/AI分野における複数企業からの見積をすばやく簡単に取得可能になります。

■MAGLABが一括見積サービスを提供する背景
IoT/AI分野は変化が激しく、多くの技術や課題が混在しているため、見積を取得するにあたってのコミュニケーションの時間を多く要するばかりか、課題を解決できる企業にコンタクトすることすら難しくなっております。MAGLABでは、50社以上のIoT/AIに関する技術とノウハウを持った企業とエコシステムパートナーとして連係をしております。IoT/AI分野におけるノウハウやネットワークが豊富なMAGLABが窓口となり一括で見積を取得するサービスを提供することで、ユーザー企業の担当者の手間を取らせることなく、スピーディーで適切な見積の取得が可能となります。見積が可能なパートナーについては今後も追加していく予定です。

<MAGLABの「IoT/AI一括見積サービス」のイメージ>
■IoT/AI一括見積サービスの特徴
- 最短5分で依頼が完了します。
- ご依頼の課題解決に対して適切な企業からのみ見積が提示されます。
- 見積依頼時にはユーザー企業の連絡先は相手企業に非開示。無用な連絡作業を低減します。

■「IoT/AI一括見積の依頼」はこちら
https://maglab.jp/ikkatsu/

■「リユースPoC」とは
株式会社MAGLABが提供する「リユースPoC」とは、IoT/AI技術の投資判断において実施される実証実験が複雑化、高コスト化の傾向が増えつつある現在、実施済みのPoCを組み合わせて再利用することで、本番への移行率を向上させることを目的としたサービスプログラムです。 課題を設定せずにPoCを実施することによりゴールが曖昧になり、プロジェクトが長期化しがちという問題を解決するために、ユーザーの解決したい課題をパートナーと共に調査を行い、その課題をベースとした「リユースPoC」を提供することで、機器やソフトの選定に時間を要することなく、解決したい課題に対して動作検証と設定済みな環境が提供され、実験の開始と分析が容易となります。

■株式会社MAGLABについて
本社:高知県高知市帯屋町1丁目
東京:東京都渋谷区渋谷2丁目
代表取締役:武市 真拓
事業内容:IoT/AIに特化したリユースPoCプロバイダー。実証実験であるPoCを効率良く再利用することで、IoT/AIプロジェクトの成功率を向上、世の中にIoT/AIを利用した課題解決策の普及を加速することをミッションとしている。
URL: https://maglab.jp/

■本件の問い合わせ先
株式会社MAGLAB
TEL:050-5867-0362
E-MAIL(広報): pr@maglab.jp (担当 武内、武市)
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社MAGLAB(マグラボ)
代表者
武市 真拓(タケチ マサヒロ)
所在地
〒780-0841
高知県高知市帯屋町1丁目14番9号 
TEL
050-5867-0362
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://maglab.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.