2017年11月13日 16:00

ボーダフォン、「2017-2018年度版 IoT普及状況調査レポート」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大規模なIoT展開で、アジア太平洋地域が、IoT導入で世界をリード

ボーダフォン(日本法人:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ・ジャパン株式会社:東京都千代田区、IoTジャパン カントリーマネージャー 阿久津茂郎、以下「ボーダフォン」)は、今年で5年目となる「2017―2018年度版ボーダフォン IoT 普及状況調査レポート」を本日発表しました。本レポートは、グローバル規模で実施されたIoT普及・利用に関するビジネスリーダー13カ国1,278人へのインタビュー調査結果をまとめたものです。本調査レポートでは、IoT接続されたデバイスを利用するアジア企業の数が2013年の12%から200%急増して2017年に36%に達し、モノのインターネット(IoT)の導入率において世界をリードしていることが、報告されています。また、さらに重要な点として、IoTは世界的に普及率が飛躍する分岐点に来ており、今や大規模に展開されています。

2017-2018年度版ボーダフォン IoT普及状況調査レポートの日本語版の全文は以下のURLよりダウンロードが可能です。www.vodafone.com/business/iot/japan

今回の主な調査結果は下記の通りです。

- アジア企業の77%が「IoTは業務に不可欠である」と認識
- アジア人回答者の88%が「過去12カ月でIoTソリューションの利用を拡大した」と回答
- アジア企業の過半数(53%)が「IoTにより市場競争力を強化できた」と回答
-アジア企業の42%が「接続デバイスを1,000台以上保有」、53%が「大幅な投資収益率向上を達成」したと回答

IoTに対する今後の展望に関する調査では、アジア企業の世界に向けたメッセージがより明確に反映されています。

- 91%が、「IoTは今後5年間でより広範な経済に非常に大きな影響を与える」と予測
-79%が、セキュリティやプライバシーに関する懸念が大幅に軽減するにつれ、「IoTの利用が増加する」と回答
- 91%が、「異業種間の連携によりIoTの共同ソリューションが生み出される」と回答
- 89%が、「AI(人工知能)と機械学習は2022年までに一般化する」と予想

本調査では、調査対象企業に対して「市場の状況」「ビジネス上の利点」「普及推進」「今後に対する楽観的考え」という4つのポイントを調査しています。

本レポートでは、急速に増えた導入件数に加えて、IoTが更に大規模に展開され、結果的にROIの向上を実現していることが最も重要なポイントとして、記載されています。また、同レポートは、IoT導入によって企業が享受する様々なメリットについて、「ビジネスにおける洞察力の向上」、「コストの削減」、「従業員の生産性向上」をリストのトップに挙げています。

ビジネス上の利点としては、「ブランド差別化(42%)」と「市場競争力の改善(53%、米州:35%、欧州:33%)」が主なIoT導入の利点として挙げられています。また、IoTを収益化する能力についてはその他の地域の平均である53%に留まっています。

今後の展開についての問いに対する回答から、企業ではIoTセキュリティに対する積極的な取り組みはIoT導入を妨げる障害ではなく、「企業がさらに多くのことをするための自信を与えてくれるもの」と考えられている、という意外な調査結果が明らかになりました。セキュリティを「実現の鍵」として認めている回答者は、グローバルでは79%であったのに対し、アジアでは86%、さらに「IoTセキュリティを管理する十分なスキルを備えていると」答えた企業は83%と、欧州の70%や米州の65%と大きく差を付けています。

本レポートではIoTプロジェクトの大規模になってきていることを受けて、接続要件の増加についても調査しています。企業は、アプリケーションに応じて固定網から省電力広域ネットワーク(LP-WAN)までの技術を組み合わせて利用したいと考えています。通常、企業は大規模プロジェクトにおいて、4つの異なる接続オプションを使用しており、非常によく使われるのが携帯電話とWi-Fiの2つです。一方で、ナローバンドIoT(NB-IoT)などの新しいテクノロジーへの関心も高まっており、今では企業全体の28%が新しいIoTプロジェクトにこのNB-IoTや他のLP-WANオプションの活用を検討しています。

ボーダフォンのIoT事業部門カントリーマネージャー阿久津茂郎は次のように述べています。「アジア企業は今やIoTを現在と今後のビジネスの中核として位置付けており、競争優位性をもたらすものとして高い期待を寄せています。ただ日本のIoTは、まだまだこれからです。この普及状況調査レポートが、日本企業のリーダーの方々にとって、IoTによるビジネス革新をさらに加速する刺激になれば、嬉しく思います。」
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Vodafone(ボーダフォン)
代表者
エカーブ 二クラス(ニカーブ ニクラス)
所在地
〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー15F
TEL
03-5269-1038
業種
通信・インターネット
上場先
その他

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.