2017年12月06日 17:30

TPCマーケティングリサーチ株式会社、シニア層が抱える食事の問題点と今後のニーズについて調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、食事や調理について何らかの悩みを抱える60歳以上の男女を対象に、シニア層の食事問題に関する調査を実施。その結果、被験者は糖質・カロリー・塩分の取りすぎ、かみづらさ、メニューのマンネリ化、調理の準備や後片付けの手間に悩んでいることが分かった。また、こうした悩みに対し、栄養バランスや塩分・糖分に配慮した食事を求める声が多く、時短ニーズを満たす冷凍食品、レトルト食品等の利用意向が高かった。

概要
調査趣旨
◆今回、食事や調理について何らかの悩みを抱える60歳以上の男女617名を対象に、食事の実態や栄養実態、加工食品の利用状況などに関するアンケート調査を実施した。その結果、シニア層は、食事面・調理面・栄養面でさまざまな悩みを抱えていることがわかった。

◆特に、食事面では“糖質”“カロリー”“塩分”の取りすぎや“かみづらさ”、調理面では“メニューのマンネリ化”“メニューの偏り”“下ごしらえ等の準備や後片付けの手間”といった点が主な悩みとなっている。

◆こうした悩みに対し、食事面では「栄養バランスに配慮した食事」や「塩分・糖分を抑えた食事」を求める傾向にある。また、75歳以上では、「噛む力や飲み込む力が衰えても食事を楽しみたい」との意向が強く、「噛みやすさ・飲み込みやすさに配慮した商品」のニーズが高いとの結果となった。さらに、調理面では、“簡単“に”短時間”で調理できる冷凍食品やレトルト食品、缶詰・瓶詰等の利用意向が高く、今後の利用拡大が期待できる状況にある。


【調査内容】
1.シニア層が食事面・調理面で抱える悩み
2.若い頃からの食生活の変化
3.食事に対する意識・考え方
4.加工食品の利用状況
5.食事・調理に対する今後の要望


TPCコンシューマーレポートNo.251
「シニア層が抱える食事の問題点と今後のニーズを探る」
―シニア層の食事問題と今後のマーケティング戦略を提示!―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/cr110180353
体裁:A4判カラーコピー製本170頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2017年11月29日
頒価:360,000円(税抜)


【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531
  • 飲食、料理

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.