2018年02月14日 09:00

超多忙なママのための「新託児サービス」とは? 『忙しいママの日常革命』2月14日発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『忙しいママの日常革命』(近藤美奈子 著)を2018年2月14日に発売いたします。

結婚して赤ちゃんが生まれると、女性の日常は劇的に変わります。赤ちゃんは24時間、365日お世話が必要になるため、ママには休みがありません。家事と育児に追われて自分のことは後回し――そんな毎日が始まるのです。こうして、ママたちの時間は奪われていきます。しかも、誰かに頼ると不思議なことに「罪悪感」を感じるのです。24時間365日、家族や子どものために尽くさなくてはいけない――世間ばかりかママ自身がそんな思いにとらわれてしまっているからです。

昔の子どもは大家族のもと、また近所の人も見守るなか、たくさんの大人の手で育てられました。それが今は核家族化が進んで、ママだけが育てる「ワンオペレーション」が当たり前になっています。ママが一生懸命頑張るのは悪いことではありません。しかし、すべてを自分だけで抱え込まず、肩の力を抜いて上手に「人の手」を利用することで、子育てはぐっとラクになります。

本書では、そんな忙しいママの強い味方である「一時預かり専門託児サービス」の魅力を紹介します。
【書籍情報】
書 名:『忙しいママの日常革命』
著 者:近藤 美奈子(コンドウ ミナコ)
発売日:2018年2月14日
定 価:864円(税込) 
体 裁:新書判並製/184ページ
ISBN :978-4-344-91530-5

【目次】
第1章 家事、育児……もう限界! 家族のために奔走するママたち
第2章 「自分の時間をもつのは悪いこと」忙しいママたちの微妙な心理
第3章 つらい毎日が劇的に変わる「一時預かり専門託児サービス」とは?
第4章 実録「一時預かり専門託児サービス」で輝くママたち
第5章 ママが笑顔になれば家族が幸せになり、日本社会が元気になる

【著者プロフィール】
フリーのヘアメイクアーティストとして約10年活動後、専業主婦に。初めての子育てで、専業主婦が子供を預けることへのハードルの高さや世間からの風あたりの強さなど、日本の子育て環境が未整備であることを自ら痛感。その経験から、誰でもいつでも気兼ねなく預けられる施設として、2012年7月、全国初となる一時預かり専門託児施設「ママのための一時預かり専門託児所ママズスマイル大宮本店」を開業。「託児に理由・罪悪感はいらない」をモットーとしたママズスマイルは、開業から延べ5万5000人の来店数を達成(2017年12月現在)。現在「ママが自分の時間をつくる場所」を全国に増やすべくフランチャイズ展開中。
  • ライフスタイル

会社概要

商号
株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(ゲントウシャメディアコンサルティング)
代表者
久保田 貴幸(クボタ タカユキ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7 
TEL
03-5411-6440
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gentosha-mc.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.