2018年03月27日 17:00

国産材の需要創出へ訪日客向け総ヒノキづくり民泊施設を7月開設。日本の木材の魅力を海外の方々に知ってもらうために民泊施設に国産材を使用。地域の活性化に貢献することを目指し社会貢献型民泊施設モデルを構築。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社イレブンラボが行っている「活きい木育て若者プロジェクト」(神奈川県川崎市、代表:加藤寛)は、築35年のアパート物件の一住戸を活用して、新しい民泊施設モデルの構築を実施します。 これは、海外の人たちに日本の香りの良い木材(ヒノキ)を知ってもらうために、内装や浴室やベットなどの家具にヒノキ材を取り入れた民泊施設です。 本プログラムの実施期間は2018年4月~6月に終了いたします。

株式会社イレブンラボが行っている「活きい木育て若者プロジェクト」(神奈川県川崎市、代表:加藤寛)は、築35年のアパート物件の一住戸を活用して、新しい民泊施設モデルの構築を実施します。
これは、海外の人たちに日本の香りの良い木材(ヒノキ)を知ってもらうために、内装や浴室やベットなどの家具にヒノキ材を取り入れた民泊施設です。 本プログラムの実施期間は2018年4月~6月に終了いたします。

今年に入り、岩手県と岐阜県を視察した結果、実際に日本の地方のさまざまな問題や現状を目の当たりにしました。輸入木材が増え国産木材の活用が減少し、山や森林が荒れているという問題は私たちの工夫や努力で解決していかなければならない問題だと考えております。

今回「総ヒノキ新工法」は国産木材の代表格ヒノキを活用します。
それを長年の研究で開発された低コスト工法を用いて、ヒノキという高級素材を使用することの従来のイメージ、いわゆる「常識」を覆しました。これによって、ヒノキをふんだんに使いながらも、従来の工法よりも、低コストでの改修が実現可能になったのです。

本プログラムを実施するにあたって、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE キャンプファイアー」にて広く認知されることを目的にサイトを公開いたします。公開期間は、2018年3月27日~2018年4月20日。多くの方に桧の良さを知っていただく貴重な機会になることをうれしく感じております。

「CAMPFIRE キャンプファイアー」
URL  https://camp-fire.jp/projects/view/70793
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社イレブンラボ(カブシキガイシャイレブンラボ)
代表者
加藤 寛(カトウ ヒロシ)
所在地
〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-905-3 フォーシーズン新丸子4階
TEL
044-948-9833
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
会社HP
https://www.eleven-lab.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.