2018年04月11日 15:00

高校生アンケート集計結果 英語の外部検定、大学入試で何使う? 「英検(R)を入試利用予定」が約9割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)の教育情報センターは、大学受験ポータルサイト「大学受験 パスナビ」にて、アンケート「英語の外部検定、受検したことある?」を実施し、その結果を、4月11日に発表いたします。

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)の教育情報センターは、大学受験ポータルサイト「大学受験 パスナビ」にて、アンケート「英語の外部検定、受検したことある?」を実施し、その結果を、4月11日に発表いたします。

【概要】
実施期間: 2018年1月16日(火)~2月28日(水)
回答総数: 全体=1,441人(男女比…男子:517《35.9%》/女子:924《64.1%》)、資料(1)=651人
学年別回答率: 全体=高校1年生:18.5% 高校2年生:36.4% 高校3年生:36.4% 浪人生:8.7%

<大学受験 パスナビ>  https://passnavi.evidus.com/
旺文社が運営する、大学進学を希望する高校生のための国内最大級の大学・短大情報ポータルサイト。
年間2億3,500万PV、3,500万UU(2016年度実績)。



<アンケート結果> 「入試利用する」と回答した人のうち、約9割が「英検」を利用予定
圧倒的多数が「英検」と回答。注目すべき一般入試では、英検と実施団体を同じくする「TEAP」が後に続いています。

<参考データ> 入試で利用できる外部検定(大学側の採用率)
現在、外部検定利用入試を行っている大学では、英検はほとんどの入試で利用可能(採用率94.4%)。
今回のアンケート結果には、この大学入試での汎用性の高さが影響していると思われます。

<新テストではどうなる?>

3月26日、大学入試センターから、共通テストで利用可能な外部検定が発表されました。
ポイントは以下の点になります。
●認定を受けたのは、英検/TEAP/TEAP CBT/IELTS/TOEFL iBT/TOEIC L&R,S&W/GTEC/ケンブリッジ英語検定。
●英検は新方式が認定(「公開会場実施」「1日完結型」「英検CBT」)。
●新方式は、実施方法が異なるものの、級やスコア、問題構成等は「従来型」と同様。特に「公開会場実施」はほぼ同じ。
●今回の認定は「共通テストで使える検定」。各大学の独自入試では「従来型」も引き続き利用可能。
いよいよ新テストに該当する高校1年生が入学し、今後の動向が注目されます。



【会社概要】
社名 : 株式会社 旺文社
本社 : 〒162-8680 東京都新宿区横寺町55
設立 : 1931年10月1日
TEL : 03-3266-6400
代表者 : 代表取締役社長 生駒 大壱
URL  : https://www.obunsha.co.jp/
事業内容 : 教育・情報をメインとした総合出版と事業

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社旺文社 広報担当
TEL : 03-3266-6400
FAX : 03-3266-6849
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社旺文社(カブシキガイシャオウブンシャ)
代表者
生駒 大壱(イコマ ダイイチ)
所在地
〒162-8680
東京都新宿区横寺町55 
TEL
03-3266-6400
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.obunsha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.