2018年05月09日 09:00

ジンコソーラー、アメリカのメガソーラーに72MWモジュールを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月8日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSEコード:JKS)はアメリカのメガソーラーに72MWモジュールを提供したと公表しました。

5月8日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSEコード:JKS)はアメリカのメガソーラーに72MWモジュールを提供したと公表しました。該当プロジェクトはアメリカのアラバマ州に設置され、約33万8000枚のジンコソーラー製の太陽光パネルを採用しました。年間発電量は190GWhを見込み、1万8000軒の家庭の年間電気消費量に匹敵します。

メガソーラーの建設はカリフォルニア州のEPC(設計・調達・施工)サービス事業者のSwinerton Renewable Energy社が担当し、パワーコンディショナー(PCS)は独SMAソーラーテクノロジー社の大容量機を36台、架台は米ネクストラッカー社の1軸追尾式システムを5万7000基、導入しました。

ジンコソーラーはずっとグローバルで均衡的な配置方法で発展しています。その中で、アメリカ市場は約18%を占めています。それ以外、アメリカフロリダ州で工場を建設することも正式に公表しました。工場の生産能力は約400 MW、年間100万件のモジュールを生産でき、2019年に稼働する予定です。

そして、最近も世界市価最高の電力会社アメリカNextEra Energyと協力契約を締結しました。該当プロジェクトはジンコソーラーが今まで、最大の案件となっております。契約により、ジンコソーラーがこれからの4年間でNextEra Energyに2750MWの高効率モジュールを提供します。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2017年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで8.0GW、太陽電池で5.5GW、太陽光発電モジュールで8.00GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で8ヶの生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、16の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2000人以上を雇用しております。

〒104-0031
東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.