2018年05月16日 13:00

文系と理系を行き来し、その溝に苦しんだ著者。鍵となったのは、二人の偉人――土井日出夫・著『ニュートンとマルクス 文理融合をめざして』好評発売中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 幻冬舎ルネッサンス新社は、2018年4月20日に土井日出夫・著『ニュートンとマルクス 文理融合をめざして』を発売いたしました。

文理の間をつなぐ鍵はなんだ?

中学2年生の夏、突然「典型歴」文科系から
理科系へと入れ替わった著者。
その日から、文理の溝を埋めるべく奮闘する日々が始まった。
そんな彼に導きの糸をくれたのは
二人の偉人・ニュートンとマルクスだった。

・文理の選択に悩む学生
・歴史の面白さが分かるようになりたい理系出身者
・科学に強くなりたい文系出身者
など、「文系」「理系」の狭間で揺れるすべての人へ。
二つの世界の相克に悩みぬいた著者が贈る、
複眼思考のヒントが詰まった一冊。



著者略歴

土井日出夫(どい ひでお)
1955年神奈川県生まれ。
横浜国立大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科修了。
現在、横浜国立大学経済学部教授、経済学博士。
論文に、
「ドミトリエフーボルトキェヴィッチの継承関係」(『労働価値論とは何であったのか』創風社、1988年、第六章)、「『還元問題』への一視角」(大石雄爾編『労働価値論の挑戦』大月書店、2000年、第二章)などがある。
趣味はピアノ。近年は、サービス業と流通業の価値論的分析に関心を持って研究している。

書籍紹介

書 名 :ニュートンとマルクス 文理融合をめざして
著 者 :土井日出夫
定 価 : 864円(本体価格800円+税)
発行日: 2018年4月20日
判 型: 新書判、174頁
発行元:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
発売元:株式会社幻冬舎
ISBN : 9784344917187


販売サイト

・Amazon ⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/4344917189
・紀伊国屋書店ウェブストア ⇒ https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784344917187
・honto ⇒ https://honto.jp/netstore/pd-book_29033470.html
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社幻冬舎ルネッサンス新社(カブシキガイシャゲントウシャルネッサンスシンシャ)
代表者
山名 克弥(ヤマナ カツヤ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7 
TEL
03-5411-7188
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.gentosha-book.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.