2018年06月12日 17:00

TPCマーケティングリサーチ株式会社、クローン病に関する患者調査の結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、クローン病の治療の実態を探るべく、医療機関を受診・服薬している161人を対象にアンケート調査を実施。その結果、治療薬としては、活動期・寛解期ともに「5-ASA製剤」が最も使用されていることがわかった。次いで、「生物学的製剤」が使用経験率6~7割で続いた。当調査では、活動期・寛解期に使用している薬剤の種類・ブランド、生物学的製剤/バイオ後続品の使用状況や治療満足度等を分析している。

概要
調査趣旨
◆当調査では、クローン病の治療で医療機関を受診・服薬している161人を対象に、初回診断時と現在の重症度、活動期・寛解期に使用している薬剤の種類・ブランド、生物学的製剤/バイオ後続品の使用状況や治療満足度、今後の使用意向などを集計・分析している。

◆調査結果より、活動期・寛解期ともに最も使用されている治療薬は「5-ASA製剤」、次いで「生物学的製剤」が使用されていることが判明。また、クローン病の治療における「生物学的製剤」の使用経験者は6~7割に上ることがわかった。

【調査ポイント】
・初めて症状が出た年齢及びCDと診断された年齢
・活動期/寛解期における治療薬の使用状況
・薬物治療の治療満足度および不満点
・生物学的製剤の治療満足度および不満点
・生物学的製剤の使用経験と今後の使用意向
・新薬に対するニーズ

TPC患者調査シリーズNo.63
「クローン病の患者調査」
―活動期・寛解期の薬物治療の実態と、生物学的製剤の満足度を探る―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/pr310180082
体裁:A4判カラーコピー製本167頁+CD-ROM版
発刊日:2018年5月28日
頒価:460,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531
  • 医療、福祉

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.