2018年06月12日 13:00

Revatron株式会社が世界初AI2.0カメラを発表 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AIソリューションを手掛けるRevatron株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:浅田麻衣子)は、2018年6月12日(火)に、AI 2.0を使用した『何を見た?』を知らせる世界初のスマートカメラを発表しました。

AIソリューション企業であるRevatron株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:浅田麻衣子)は、2018年6月12日(火)に、カメラが見ているものをチャットやテキストでユーザーに知らせる世界初のスマートカメラを発表しました。この革新的なカメラ・ソリューションはエンド側にオブジェクトの三次元形状を学習するリアルタイムAIエンジンを搭載。学習した三次元情報に基づいてオブジェクトを・分類し、見ているものを人間に伝える機能を持つAIエンジンを使用しています。本カメラ・ソリューションはオブジェクトの説明、位置、速度、そしてオブジェクトに何らかの懸念点があるかどうかを伝えることが可能です。

本カメラはRevatronのDOORs (Direct Object-Oriented Reality system-ダイレクトオブジェクト指向のリアリティシステム)技術と、機械学習に焦点を当てたリアルタイムAIソリューション、3Dモデリングを基礎としています。

当カメラ・ソリューションのリアルタイムAI機能は、株式会社ソシオネクストのA11プロセッサで作動し、FPGAチップをアクセラレータとして使用。このカメラ・ソリューションは3D測定のために複数台のカメラ映像入力が可能です。通常のアクティブ方式と異なり、DOORsカメラ・ソリューションはフラッシュや電磁波を用いないパッシブ型が特徴。同期された複数のカメラ映像入力による三角測量法から3Dデプス情報を取得し学習します。

今日の機械学習アプライアンスの多くは、既に捕捉・保存されたデータを使用しているクラウドデータセンター施設内で実装されています。このアプローチの課題は、膨大な生データを、分散デバイスからデータセンターに効率的かつ高セキュリティで移行する方法です。ハッキング等のサイバー犯罪が取りざたされている昨今で、プライバシーは大きな懸念事項です。

一部のIP監視カメラでは、ハッカーによってカメラ映像が傍受されていることが問題視されています。弊社のカメラ・ソリューションでこれらの問題を解決可能です。DOORsカメラは、注意を払うべき対象物をユーザーにテキストで警告し、必要に応じてユーザーが非公開でビデオや画像を安全に確認できるという、監視員付き監視カメラの機能をカメラのみで果たすことが可能となります。

本年4月、ラスベガスで開催されたNABとISC Westの二つの展示会でDOORsカメラのコンセプトデザインのデモンストレーションを行い、概念設計を紹介したところ業界から強い反響を得て、大手自動車メーカーや大手GPS企業から開発用カメラの発注を得ました。

DOORsカメラ・ソリューションは、完成した製品ではなくオープンプラットフォームであり、革新的な製品を創り出すために、DOORsのカメラデザインを共同で変更するパートナーを積極的に求めています。

6月13日(水)から15日(金)にかけてパシフィコ横浜で開催される画像センシング展でRevatron株式会社は出展し、DOORsの展示を行ないます。また、6月15日(金)13時半より、弊社代表浅田による講演も予定しておりますので、詳細は主催者までお問い合わせください。
上記イメージ
-DOORs技術は、カメラがクラウド施設またはユーザーに対して、カメラが見ているもののテキストディスクリプタを提供します。 AIエンジンを使用して、人々に観察した事柄を通知。 DOORsカメラは、この有用な情報を非公開かつ安全に提供します。



■Revatron株式会社(レバトロン)とは―
Revatronは、大規模なコンピュータチップ設計のベテランパイオニアのチームによって設立された日本法人で、リアルタイムの人工知能の世界で画期的な設計と最新のイノベーションの性能特性を開発しています。 Revatronは、ビデオステッチング機能を備えたワイヤレスVRおよびARのための破壊的なテクノロジーを提供、展開、および商業化することによって、革新的な力を実証してきました。この技術は、2016年のIDFで米国Intel社のCEO、ブライアン・クルザニッチのライブデモンストレーションで紹介されたように、商用アプリケーションへの移行に成功しました。現在、ハイパースケーラのクラウドによる導入のため、技術を移行中です。
※Intel社のデモページはこちら
https://www.altera.com/solutions/industry/computer-and-storage/applications/enterprise/vr-streaming.html


■お問合せ先
Revatron株式会社
TEL: 03-5859-0155
E-mail: Contact@Revatron.com


■免責事項
本資料は、正確性を期すべく作成されていますが、完全性を保証するものではありません。また本資料の作成にあたり、当社に入手可能な第三者情報に依拠しておりますが、スペックや構成等は保証するものではなく、事前の通知なく変更される可能性があります。本資料には将来に関する予定が含まれ、事前の通知なく変更される可能性があります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Revatron株式会社(レバトロンカブシキガイシャ)
代表者
浅田麻衣子(アサダマイコ)
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座八丁目17番5号 アイオス銀座901
TEL
03-5859-0155
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://revatron.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.