2018年06月15日 12:00

Blockbid、詐欺師や資金洗浄者の活動を阻止する技術で暗号通貨取引プラットフォームを拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LexisNexis Risk SolutionsとThreatMetrixのソリューションの導入により「信頼性の高い取引」を実現

ThreatMetrixの親会社であるLexisNexis(R) Risk Solutionsは、安全な暗号通貨の取引プラットフォームであるBlockbidが、RELXグループの一部として新たに統合されたLexisNexis(R) Risk SolutionsとThreatMetrix(R)が提供するソリューションを採用したと発表しました。Blockbidは、利用者が期待する以上の取引サービスを提供する初の取引所の1つとしての地位を確立するため、高い有効性を誇る詐欺防止セキュリティおよび銀行と同レベルのKYC(Know Your Customer)ソリューションを新たに導入します。これにより同社は、世界規模の厳格なマネーロンダリング対策要件を自主的に満たすことができます。

Blockbidは、今回の採用により、利用者にとって最高レベルの安全な取引エクスペリエンスが伴う「信頼性の高い取引」を実現し、成長著しいグローバルな暗号通貨取引所の1つとしてリーダーシップを強化していきます。

また、Blockbidは、LexisNexis(R) Risk SolutionsとThreatMetrixのソリューションを導入することで、物理的およびデジタルのIDデータを融合させた本人確認、認証、およびKYCのソリューションを利用することができます。詐欺師はもとより、暗号通貨のプラットフォームを脅かす資金洗浄者、人身売買業者、テロリストへの資金提供者など、悪意を持った人たちを特定することに関して言えば、物理的およびデジタルの身元データを融合させたインテリジェンスは、競争力のある差別化要因と言えます。アドレス、生体認証、デバイス認証を伴う政府発行の識別子、地理位置情報、行動分析、脅威に関する情報など、さまざまな種類のデータを重ね合わせる技術が、今後主流になると言われています。Blockbidはまさに、この潮流の中で一歩先を歩んでおり、さまざまな産業の数多くの企業がこの技術の実装に取り組んでいます。

今回の発表は、急成長を遂げる暗号通貨空間のライフサイクルにおける重要な時期に実施されました。暗号通貨の取引高は2017年に大きく増加し、ブロックチェーンウォレットの利用者の合計数は21,506,448人を記録しました。その後も利用者の数は順調に伸び、2018年5月20日現在で24,837,455人に達しています。

LexisNexis Risk Solutionsで米国商業市場&世界市場開発を担当するトーマスC.ブラウン(Thomas C. Brown)副社長は次のように語っています。「私たちは、Blockbidが悪意を持った人たちを特定し、彼らの行動をやめさせることへの取り組みを支援していくと共に、適正に行動する消費者が不利益を被ることなく取引をできるようにしています。こうすることで、消費者たちは暗号通貨の空間で容易かつ活発に取引を行うことができます。世界の大手主要銀行が採用しているものと同様の管理手段を実装することで、規制当局における暗号通貨取引所に対する信頼性向上、利用者の安心感改善を実現できます。最終的に、こうした安全策はブロックビッドとその他の企業が収益性を高めてゆくための堅牢な基盤となります」

Blockbidは、0.1%という極めて低い設定の取引手数料で、潜在的なサイバー攻撃や金融犯罪から利用者を防御・保護すると同時に、単一の取引プラットフォーム上で最も充実した暗号通貨取引サービスを提供することを約束しています。極めて高い安全性を誇るこの暗号通貨取引プラットフォームであれば、ほぼすべての暗号通貨を容易に、かつ大量に取引することが可能です。

Blockbidの最高執行責任者(COO)、デヴィッド・サッパー(David Sapper)は以下のようにコメントしています「LexisNexis Risk SolutionsとThreatMetrixと手を組むことで、Blockbidは自社の顧客に世界で最も安心して利用できる暗号通貨取引サービスの提供に関する戦略の展開を加速させています。彼らが提供する技術、KYC処理、および詐欺防止手段は、利用者のエクスペリエンスを向上させると共に、利用者が詐欺行為による被害に遭うことなく、信頼性の高い取引を実行することに貢献します。当社はこれから世界に向けて扉を開きますので、合法的で、資産の安全を保証するプラットフォームを利用したいと考えているすべてのトレーダーや投資家が利用してくれることを期待しています。これを機に、当社がリーダーとなり、暗号通貨取引の安全性の水準を引き上げようとしていることが世の中に伝わることでしょう」

オーストラリア屈指の大手保険ブローカー会社の一つであるScott Winton Insurance Brokers(www.scottwinton.com.au)は、Blockbidに向けてオーダーメードの多面的で、多層的な保険プログラムを開発しています。「顧客担当者のエリ・タカルタ(Eli Takarta)は財務部門の同僚、カズミナ・フランク(Kazmina Francke)と共に、当社の所有権で守られたストレージソリューションの固有のニーズに対応するオーストラリアで初となる保険プログラムを供給しようと根気強く作業に取り組んでいます」と、サッパーは指摘しています。

Blockbidは、大きな話題となった情報と解析を専門とするRELX Groupによる2018年の買収後、LexisNexis Risk SolutionsとThreatMetrixが共同で供給している製品をいち早く取り入れている企業の1つです。

LexisNexis Risk Solutions傘下のThreatMetrixで最高製品責任者を務めるアリスデア・フォークナー(Alisdair Faulkner)は、「市場でのセキュリティを優先させているBlockbidのような暗号通貨取引所は、複雑な一群の課題やサイバー攻撃の脅威に直面することになります。世界規模で起きているサイバー犯罪に対処するための最善の策は、世界規模で共有されているネットワークの力を活用することです。ThreatMetrix(R)のDigital Identity Network(R)は、ログイン、支払い、新たな口座開設申込をはじめ、日々行われている数百万回にも上る消費者の行動から、世界規模で共有される情報を収集して処理します。怪しい挙動が起きればこれを検出し、取引の処理が行われる前に警告を発し、見直し、認証の強化、または拒否が促される一方、信頼性の高い利用者には摩擦の少ないエクスペリエンスを提供するのです」と語っています。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
スレットメトリックス合同会社(スレットメトリックスゴウドウガイシャ)
代表者
Jean-Bernard Dumerc( ジャン・ベルナール・デュメルク)
所在地
〒100-8189
東京都東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビルヂング4F
TEL
03-4530-9576
業種
通信・インターネット
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.