2018年11月09日 17:00

土が絵の具になる?! 小・中学生対象の「ソイルペインティング ワークショップ」を清里高原 ポール・ラッシュ記念館にて開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山梨県 清里高原の代名詞、清泉寮ソフトクリームと宿泊施設「清泉寮」を運営する公益財団法人キープ協会(山梨県北杜市 理事長:淺田 豊久)にて、11月24日(土)、「ソイルペインティング ワークショップ」が開催されます。

ソイル(soil)とは「土」のこと。ソイルペインティングは、市販の絵の具ではなく土を使って描く技法です。清里の土は大きく分けて4段階の層になっており、使い分けたり組み合わせたり工夫をすることで、様々な絵を描くのに適しています。今回、フィリピン・北ルソン島バギオ市で活動している環境NGO団体 CGN(Cordillera Green Network)より、環境教育に関わるアーティスト2名を講師として招へいし、小中学生を対象としたワークショップを開催します。環境教育、国際理解の一環として、実際にフィリピンの山岳地方の教育現場にて実施されている手法を紹介し、一緒に作品づくりに取り組みます。
参加者の作品は、同記念館にて開催される企画展~「Intertwined Worlds」Karamiatta sekai 絡み合った世界: A Group Exhibition of Soil paintings~にて、12月1日(土)から9日(日)の9日間、展示されます。

【開催概要】
日 時 :11月24日(土) 第1回10:00~12:00 / 第2回14:00~16:00
場 所 :公益財団法人キープ協会 ポール・ラッシュ記念館
対 象 :小中学生
定 員 :各回20名
参加料:無料
講 師 : Micah Hilotin氏、Rochelle Bakisan Apaling氏
お問合せ先:
ポール・ラッシュ記念館 TEL : 0551-48-5330 10:00~17:00
(11月~3月は水・木曜休館)

清泉寮で予定されている各種イベント情報はこちら▽
http://www.seisenryo.jp/index.html

【公益財団法人キープ協会 清泉寮ついて】
http://www.seisenryo.jp/index.html
http://www.keep.or.jp/about/
「清泉寮」は、公益財団法人キープ協会によって運営されている総合観光・宿泊施設です。戦後日本の農村復興を目的とし、米国人ポール・ラッシュによって1956年に設立されました。現在は青少年教育、国際交流、地域協同を進展させ社会文化の向上と世界平和に寄与することを目的に、高冷地酪農、宿泊研修施設、料飲・観光施設、環境教育施設などを運営しています。


  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
公益財団法人キープ協会(コウエキザイダンホウジンキープキョウカイ)
代表者
淺田 豊久(アサダ トヨヒサ)
所在地
〒407-0301
山梨県北杜市高根町清里3545公益財団法人キープ協会 
TEL
0551-48-2114
業種
レジャー・ホテル
上場先
その他
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.seisenryo.jp/
IR情報
http://www.keep.or.jp/about/hojin.php
公式ブログ
http://www.seisenryo.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.