2018年12月07日 14:00

インフォア、ガートナー社の2018年 マルチエンタープライズ・サプライチェーン・ビジネスネットワークについてのマジック・クアドラントにおいてリーダーとして評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インフォア、ガートナー社の2018年 マルチエンタープライズ・サプライチェーン・ビジネスネットワークについてのマジック・クアドラントにおいてリーダーとして評価

 あらゆる規模の企業にクラウド型業務ソフトウェアを展開する米インフォアは、マルチエンタープライズ向けのクラウドベースのコマースネットワークとしてグローバル取引とサプライチェーンの管理を提供するインフォアのGT Nexusが、ガートナー社の2018年の「マルチエンタープライズ・サプライチェーン・ビジネスネットワークについてのマジック・クアドラント」でリーダーに位置づけられたことを発表します。インフォアは、実行能力とビジョンの完全性の視点から、「リーダー」として評価されました。

 ガートナー社の2018年のマルチエンタープライズ・サプライチェーン・ビジネスネットワークについてのマジック・クアドラントの全文はこちら( https://pages.infor.com/gtn-gartner-supply-chain-business-networks.html , 英語)からダウンロードできます。

今日の複雑で過酷なEコマース環境において、企業は、サプライチェーンを顧客中心へシフトし、生産者から消費者にいたるまでのすべての段階で、価値とイノベーションを提供することを求められています。ビジネススピードを加速させ、納期を確実化させるのが当たり前になった現状、サプライチェーンパートナーで構成されるコミュニティの整合性と調和を図り、マルチエンタープライズのビジネスプロセスを合理化するためのデジタル基盤が必要不可欠です。

インフォアのGT Nexus Commerce Networkは、多数の関係者が介入する複雑なプロセスを合理化し、グローバルなサプライチェーンを巧みに統括することを目的に設計されています。コマーススピードの加速に追随するためのデジタルトランスフォーメーションが過熱する中で、企業にとってエコシステムに「つながる」ことは必須課題です。

 インフォアのGT Nexusは、次世代のコネクテッドネットワークを実現し、グローバルなサプライチェーンプロセスの可視性、コラボレーション、業務の自動化を可能にします。企業はGT Nexusにより、サプライチェーンをエンドツーエンドにデジタル化し、変革できます。サプライチェーンの動きをライブで可視化し、ネットワーク全体からインテリジェンスを引き出して、豊富な知見を基にしたスマートな意思決定が下せるようになります。

 ガートナー社は、レポート内で次のように述べています。
「データやセンサー信号をリアルタイムに収集し、業務の調整、実行、問題を迅速に解決できれば、サプライチェーンをより効果的に運用できます。これまでマルチエンタープライズのプロセス管理に成功してきた企業は、ほんのわずかです。商取引する以上、パートナーシップを厭わず、情報を共有し、プロセスを再定義し、相互にメリットのあるガバナンスを導入しなければならないからです。」

 インフォア、製造・サプライチェーン担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼ジェネラルマネージャーの Rod Johnson は、次のように述べています。
「ガートナー社のマジック・クアドラントでインフォアがリーダーに位置づけられたのは、サプライチェーン上のパートナーとつながり、マルチエンタープライズのプロセスを巧みに統括できるというインフォアの特別な能力を評価されたからです。従来型のサプライチェーンソリューションは、企業中心のアプローチであることから、取引先と整合性をとりながらやり取りするうえで足かせとなっていました。GT Nexusは、使い始めたその日から、これまでのサプライチェーンで利用されてこなかった価値と知見を解き放つ、消費者を中心とした関係者が一丸となったエコシステムにより、顧客に価値を提供するアプローチをとっています。」

 ガートナーはリサーチ内で「マルチエンタープライズのサプライチェーン・ビジネスネットワークは、いかなる層やタイプのネットワークにおいても、サプライチェーンパートナーで構成されるコミュニティが、多数の企業間におよぶサプライチェーンプロセスを調整し、実行することをサポートします」と述べています。

また、リサーチではマルチエンタープライズのサプライチェーン・ビジネスネットワークは、以下の4つの分野における能力を必須としています。

●パートナーネットワーク管理:ビジネスパートナー間の連携、多対多のネットワークアーキテクチャ(1対多を含む)、ネットワークの相互運用性、エンタープライズシステム統合およびマルチチャネル統合(異なる手法やプロトコルに対応)
●情報ハブ(可視化のための基盤):接続性の階層、中央データハブ、可視化によるさまざまな知見
●ユニバーサル・クロスドメイン・アプリ:ID管理、文書管理、例外管理、視覚化、問題解決、部分的な予測分析、処方的分析、AI/機械学習、供給リスク管理、業績管理
●中核となるサプライチェーンアプリケーション:主としてサプライチェーン実行系の分野、および選択的にサプライチェーン計画系

※GT Nexusは、今期中(2019年4月まで)の日本市場での提供を予定しています。

※当リリースは、2018年11月15日発行、ガートナー社、Christian Titze氏、William McNeill氏、Bart De Muynck氏による共著、マルチエンタープライズ・サプライチェーン・ビジネスネットワークのマジック・クアドラント(Gartner, Magic Quadrant for Multienterprise Supply Chain Business Networks)について扱っています

※当リリースは2018年11月20日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
https://www.infor.com/news/infor-gt-nexus-positioned-in-the-leaders-quadrant

■マジック・クアドラントについて:
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

■Infor GT Nexus Commerce Networkについて:
Infor GT Nexus Commerce Network は、クラウドベースのマルチエンタープライズ向けの世界最大規模のコマースネットワークであり、グローバル取引とサプライチェーンマネジメントを支援します。さまざまな業界における60,000以上の取引で、マルチエンタープライズのコラボレーションプラットフォームの標準としてGT Nexus が利用されています。これには、adidas GroupやCaterpillar社、Columbia Sportswear社、DHL社、 Electrolux社、Levi Strauss & Co社、Nestlé社、Puma社などが含まれます。GT Nexusに参加するすべての組織は、マルチサプライチェーン機能を使って、中核的で、リアルタイム、かつ常時アップデートされる情報をもとにオペレーションを継続できます。オーダーした時点から最終的な支払に至るまで、製品や資金、取引に関わる情報のフローを最適化できるように支援するプラットフォームです。詳しくはwww.gtnexus.comをご覧ください。

■インフォア、インフォアジャパンについて:
インフォアは、業界特化型のビジネスアプリケーションをクラウドで提供しています。17,000人を超える社員が、170か所以上の地域で68,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。
インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくはwww.infor.jpをご覧ください。

【報道機関のお問い合わせ先】
インフォアジャパン株式会社 広報担当:中瀬、鳥羽
E-Mail:Infor.JapanInfo@infor.com

インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
TEL:03-5771-6426 E-mail:Inforjapan-pr@actioinc.jp

本プレスリリースには、本文に記載されている特定の製品に関するインフォアの方針が反映されており、使用者への通知の有無に関わらず、それらすべてはインフォア単独の裁量で変更される場合があります。本発表はいかなる形であっても使用者に何ら約束するものではなく、使用者はいかなる判断も本書またはその内容に基づいて行うべきではありません。インフォアは、特定の拡張機能、アップグレード、製品、機能の開発または提供については、たとえ本書に記載されていたとしても、あるいは「予想する」、「信じる」、 「期待する」、「意図する」、「はずである」、「計画する」「予定する」、「予測する」、「すべき」、「します」や、これらに類似する表現を伴う記載があったとしても、それを約束するものではありません。多くの要因がインフォアの製品開発計画やその性質、コンテンツ、製品リリースの時期に影響する可能性があり、全てはインフォア単独の裁量で変更される場合があります。本発表の全文または一部は、インフォアやその子会社、関連会社とのいかなる契約文書にも組み込まれるものではありません。インフォアは、本発表に関するいかなる責任も明確に放棄します。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
インフォアジャパン株式会社(インフォアジャパンカブシキガイシャ)
代表者
三浦 信哉(ミウラ シンヤ)
所在地
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-1-3 東京宝塚ビル16階
TEL
03-4520-0700
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.