イベント・セミナー情報

【2022年秋】ターミナルケア指導者養成講座

■日時および期間:
2022年(令和4年)10月15日(土)・10月16日(日)※短期集中・2日間連続の講座です。
(1日目10:30~18:00/2日目10:00~16:30)

■場所:
JR「水道橋」駅前・東京学院ビル(〒101-0061東京都千代田区神田三崎町3-6-15)

■概要:
「終末期ケア」「エンドオブライフケア」「看取り」への関心が高まる中、医療・介護の専門職に向けた短期集中講座を開催します。

■詳細:
■ターミナルケア指導者養成講座とは

「ターミナルケア指導者養成講座」は、指導者レベルを到達目標に、ターミナルケアの知識とスキルを総合的に身につける教育プログラムです。修了生にはターミナルケア指導者の資格を認定し、施設内や病院内の研修等で活用していただける教育用資料(約500枚のカラー教材スライド等)を提供しています。訪問看護のリーダー層や「看取り介護加算」の担当者など、質の高い看取りを目指す専門職が共に学んでいます。

2022年秋の講座は、状況に応じて必要な感染症対策を講じた上で、予定通り開催いたします。


*今後の開催日程等、最新情報をお知りになりたい方は、公式サイト上のフォーム(https://learning.ackk.org/0301/oshirase.html)よりお問合せください。決まり次第、事務局よりメールにてお知らせいたします。


■修了生アンケートより

◎知識の整理と追加をする事が出来、有効な時間を持つことが出来た。

◎ターミナルケアにおいて知りたいことが語られている研修内容で、特にコミュニケーションのところでいろいろ考えすぎて無言になってしまうことがあったのでなるほどと関心しました。

◎家族や利用者の対応のヒントが沢山あった。

◎人生の最期に携われる、生き抜かれた方に寄り添えケアさせて頂ける、ターミナルケアの心の研修。知識だけでなく心を大切にしたいと思います。


◎他職種の方の意見を聞くことができて良かった。指導する側の立場、考え方を勉強できた。

◎冒頭に、成人教育においては経験の開発が重要な手法であると言われました。多くのテーマの中に散りばめるちょっとした言葉・言い回しが聞く側の感度を高め、行動から経験に導くのでは…と感じ入りました。

◎フィジカルアセスメント、褥瘡管理、食事介助等、介護でもかなり使える部分が多かった。看護の視点、介護の視点を説明してくれたのが大変良かった。



■本件に関するお問合せ先

一般社団法人知識環境研究会[教育会]
「ターミナルケア指導者養成講座」事務局

〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-11-22
TEL:03(3252)2472
FAX:03(6779)4703
Email:info@ackk.or.jp
URL:https://learning.ackk.org/0301/
<関連講座>
通信制「実務者研修教員講習会」(厚生労働省指定講習会)
https://learning.ackk.org/kyoinkoshu/
1日完結「医療的ケア教員講習会」(厚生労働省指定講習会)
https://learning.ackk.org/iryotekikea/

会社概要

商号
一般社団法人知識環境研究会(イッパンシャダンホウジンチシキカンキョウケンキュウカイ)
代表者
神山 資将(カミヤマ モトユキ)
所在地
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-11-22第二神田ビル13号
TEL
03-3252-2472
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
-
会社HP
https://www.ackk.or.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.