プレスリリースの究め

プレスリリースマガジン
メディアが「おっ?このプレスリリース気になるな」と思うポイントVOL.1
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前開催したセミナーでメディアの方を講師にお呼びしたのですが、プレスリリースをどのように取捨選択するかを見せていただくためご自身のノートPCをお持ちいただいたことがあります。実際にメールソフトの受信ボックスに届いた数百本のプレスリリースから、ニュースになりそうな気になるプレスリリースを数本ピックアップしたスピードは、なんと数十秒でした。

どのような点に着目して、数本のプレスリリースをピックアップしたのでしょうか?
今回は、実際にメディアの方に聞いた【メディアが「おっ?このプレスリリース気になるな」と思うポイントVOL.1】をご紹介します。

これまでにない『新規性』

これは分かりやすいですね。これまでになかった目新しい商品やサービスは、メディアの目に留まりやすい内容の1つです。特に「世界初」「日本初」といった初物はニュース性もあり注目されます。「うちの商品は、世界初とか日本初でないから無理だな」と思ったあなた!あきらめるのはまだ早いですよ。「業界初」や「地域初」など切り口を変えれば「初」物を演出できるかもしれません。

ここで1つ注意点が。「〇〇初」という文言を使用する場合、その根拠が必要となります。プレスリリースは企業の公式文書ですので、プレスリリースの中に必ず根拠の記載をしましょう。

ギャップや驚きを与える『特異性』

人はギャップに弱い生き物です。今まで何とも思ってなかった異性の新たな一面を知ることによって興味を持ってしまういわゆる「ギャップ萌え」は、プレスリリースに活かすことでメディアの興味を引くことができます。

例えば「1粒1万円の梅干し」や「夏に激辛鍋イベント開催」のようなニュースって「1粒なのに1万円って高すぎ!」「夏なのに激辛鍋!?」ってついつい気になってしまいませんか?自社の商品やサービスも「〇〇なのに〇〇」というギャップや驚きを打ち出せるか考えてみましょう。

社会的にどのように役に立つかという『社会性』

実際にニュースになった事例をご紹介します。

ある企業が「新しい乾電池」を新発売することになりました。この「新しい乾電池」のウリは、従来の乾電池よりも〇倍長持ちするということ。この企業は「従来の乾電池よりも〇倍長持ちする」ということから、家計の節約に一役買うことで主婦の役に立つという観点と、乾電池が長持ちすることによりゴミが減り、地球環境の保全につながるという社会的視点をプレスリリースに盛り込み、多くの媒体でニュースとなったそうです。

単に「乾電池を新発売」という情報だけだと、ここまで多くの媒体で取り上げられなかったことでしょう。その商品やサービスを提供することで、誰の役に立つのか、そして社会的にどのように役に立つのかという視点は、メディアの注目を集める上で重要なポイントの1つです。


さて今回はここまで。
次回は、メディアが「おっ?このプレスリリース気になるな」と思うポイントVOL.2です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サービスに関して、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

サービスお問い合わせ専用ダイヤル9:00~18:00(土日祝日を除く)

03-6459-2831

サイトからのお問い合わせ

新規企業会員登録 プレスリリースを配信するには企業会員登録が必要です。

  • ご利用案内ダウンロード

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.