2007年07月20日 09:00

インドネシア・トルコにおける化粧品・トイレタリー市場が急拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーションは、英国調査会社のEuromonitor International社発行の調査報告書「インドネシアにおける化粧品・トイレタリー市場」及び「トルコにおける化粧品・トイレタリー市場」を販売しております。当調査報告書では、両国における化粧品・トイレタリー市場の概要、主要企業プロファイルや各商品部門の業績などの予測を取り上げています。

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社Euromonitor International社発行の調査報告書「インドネシアにおける化粧品・トイレタリー市場」及び「トルコにおける化粧品・トイレタリー市場」を販売しております。当調査報告書では、インドネシア及びトルコにおける化粧品・トイレタリー市場の概要、主要企業プロファイルや各商品部門の業績などの予測を取り上げています。ここに本文1が入ります。

Euromonitor Internationalの調査によると、インドネシアとトルコの化粧品・トイレタリー市場が拡大する可能性が高まっており、世界の多くの化粧品メーカーから関心が寄せられているということです。

Euromonitor Internationalの予測では、インドネシアでは化粧品・トイレタリー市場が2006年から2011年にかけ34%以上も拡大すると見込まれており、一方トルコでは経済回復によって今後長期に渡って成長を遂げると期待されています。

インドネシアとトルコの化粧品・トイレタリー市場は、2001年から2005年にかけてインドネシアのGDPが62%、トルコのGDPが173%拡大していること、及び両国が多くの人口を抱えていることによって拡大しています。Euromonitor Internationalの化粧品・トイレタリー業界シニアアナリストのDiana Dodson氏は、『インドネシア、トルコの両国には重要な消費者市場の土台を有しており、急速な都市化が進み、新興のミドルクラスが確立されているものの、未だ化粧品の使用率が低いなど、国際企業にとって完璧なターゲット市場となっているのです。』と説明しています。

インドネシアでは消費者の外見への関心の高さから同市場の拡大が推進されている

インドネシア市場の主な促進因子のひとつに、消費者が単に清潔であるばかりではなく、外見により関心を持ちつつあることが上げられます。消費者は新商品を試用しはじめています。Euromonitor Internationalの最新調査報告書によると、例えばインドネシアではアンチエイジング商品の売上高が2006年に27%以上も伸び、全体では2011年までに145%増加すると予測されています。2006年はスキンケア商品がより頻繁に使用されるようになり、全体の売上が23%以上拡大しました。一日に二度の顔の手入れが定着してきたのです。

トルコの'Masstige'セグメントへの期待

トルコのMasstige(マス+プレステージ)セグメントでは、より高品質な商品が大量に販売されており、これが化粧品・トイレタリーメーカーに大いなる機会を与えています。化粧品市場が発展し、消費者が使用頻度を上げれば、値のはる商品が売れるようになります。Diana Dodson氏は、『L'Oreal ParisやProcter and GambleのMax Factorといった大手ブランドは高価だと思われていますが品質も高いため、人気が上がっているのです。』と語っています。

国際企業はこうした最重要市場での地位獲得に乗り出している

国際企業はすでにこの急成長市場に投資を開始しています。インドネシアではUnileverがナンバーワンの企業であり、化粧品メーカーの上位10社のうち6社がこうした海外メーカーとなっています。こうした企業が成功したのは優れた経済力とともに、自社のブランドを地元色に合わせて調整する能力があるからです。EuromonitorのDiana Dodson氏によると、『海外ブランドは国内の競合メーカーと比べ、高品質でより効果的だと認識されています。他を凌ぐ企業とは、より明確なブランドを所有しつつ、かつアジア人の肌に合わせた製品ラインナップを提供できる企業です。』と分析しています。

トルコでは広告や技術革新に焦点を当てるなど、国際的企業が同市場に付加価値を与え主導権を握っています。また2005年の法改正もあり、化粧品商品、トイレタリー商品を輸入できるようになったことも追い風となりました。しかし、インドネシアとは違い、トルコ市場においては、海外ブランドは地歩を確立できていません。ですから品質と価格の両面で、国内メーカーとのより激しい競争への対応を余儀なくされています。


【 英文市場調査報告書 】
インドネシアにおける化粧品・トイレタリー市場
Cosmetics And Toiletries in Indonesia
 http://www.infoshop-japan.com/study/eo32144-cosmetics.html

 トルコにおける化粧品・トイレタリー市場

Cosmetics And Toiletries in Turkey
 http://www.infoshop-japan.com/study/eo32503-cosmetics.html

出版社 : Euromonitor International



本件に関するお問合せ先
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004
川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
 担当: 営業2課

E-mail: sl2@gii.co.jp
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109


※記載内容(リンク先を含む)のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.