2008年10月24日 09:00

FX利用者の57.5%が2社以上取引をしており、取引会社の選定における重要視していることは取引手数料が79.4%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ボーダーズ(本社:東京都新宿区)が運営するネットリサーチサービス「アンとケイト」にて、『オンラインFXトレーディング』に関する調査を2008年9月3日~9月12日にかけて行い、FX取引に関する利用意識などについてまとめました。 20歳以上の「アンとケイト」登録モニター1,659人から回答を得ています。

◆調査名

 「オンラインFXトレーディング」利用意識に関するアンケート

◆目的

 ・オンラインFXトレーディングの利用状況を把握する参考資料とする

◆サマリ

 ・オンラインFX会社を選ぶ際に重要視することは「取引手数料」が79.4%でトップだが、利用状況によっては重要視する項目の違いがうかがえる

 ・2社以上の取引は、現在の利用者で57.5%、取引をやめた人で26.9%

 ・2社以上取引している理由は「取引価格の比較」が51.5%で最も高い

◆調査方法

 インターネットリサーチ

  「アンとケイト」 (http://research.ann-kate.jp/

◆実施期間

 2008年9月3日~2008年9月12日

◆調査対象

 全国 20歳以上のオンラインFX利用者、過去の利用者および利用希望者

◆有効回答数 1,659 ▽ 回答者分布  

 [性別]  男性 59.5%  女性 40.5%
 [年代]  「20代」19.9% 「30代」39.1% 「40代」24.2% 「50代」11.9% 「60代以上」4.9%

◆調査項目

 オンラインFX会社を選ぶ際に重要視していること

 オンラインFX会社との取引社数

 オンラインFXの複数口座開設理由

◆調査実施会社

 株式会社ボーダーズ(代表取締役:萩野 郁夫) http://borders.jp/ 
 住所 〒162-0065 東京都新宿区住吉町6-6 日本メータービル3F 
 TEL:03-5366-2878(代表) FAX:03-5366-2879
◆調査結果に関するお問い合わせ先
 担当:中島
 TEL:03-5366-2878  mail:sales@borders.jp
◆調査レポート掲載先
 調査データを多数掲載する、調査資料、データバンクサイト「レポセン」 http://reposen.jp/

オンラインFX会社を選ぶ際に重要視することは「取引手数料」が79.4%でトップだが、利用状況によっては重要視する項目の違いがうかがえる。

オンラインFX会社選定における重要項目は「取引手数料」が79.4%であり、「取引システム」が42.1%と続く。また、利用状況別にみると「取引しようと考えている」人は「既に取引している」に比べて「初回証拠金」で12.0ポイント高く、「サポートサービス」で16.8ポイント高いが、「レバレッジ」で14.3ポイント低く、「取り扱い通貨ペア」では10.6ポイント低い。

2社以上の取引は、現在の利用者で57.5%、取引をやめた人で26.9%

2社以上の取引は、現在の利用者で57.5%、取引をやめた人で26.9%であり、3社以上の取引では、現在の利用者で29.5%、取引をやめた人で12.6%であった。また、現在の利用者は6社以上の取引でも7.6%であった。

2社以上取引している理由は「取引価格の比較」が51.5%で最も高い

複数社取引している理由としては「取引価格の比較」が51.5%と最も高く、「スワップ金利の比較」で29.7%、「ニュース・レポートの入手」が23.3%と続く。また、現在の利用者と取引をやめた人では「取引価格の比較」以外で意識の差がうかがえる。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社ボーダーズ(カブシキカイシャボーダーズ)
代表者
萩野 郁夫(ハギノ イクオ)
所在地
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-16-11 VARCA西新宿9F
TEL
03-6279-2814
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://borders.jp/
IR情報
http://borders.jp/
公式ブログ
http://hagino.exblog.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.