2008年12月24日 14:00

乳製品の需要は世界的に増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社Zenith International発行の最新英文調査報告書「Global Dairy Products 2008」の販売を開始いたしました。

食品・飲料業界の主要なコンサルティング会社であるZenith Internationalが発行した調査報告書「Global Dairy Products 2008」によると、世界の乳製品需要は2003年の4,090万トンから15%増加し、2008年に4,700万トンになると見込まれています。

『世界の乳製品消費量は調査対象となった全商品において伸びを示しました。ヨーグルトは過去5年間で23%増と最大の伸びとなり、アイスクリームは18%増でした。この増加分の多くはアジア/オーストラレーシア、中東での売上によるものです。』とZenith Dairy Market IntelligenceマネージャーEsther Renfrew氏は述べています。

チーズは同社が分析した乳製品部門の最大セグメントを占めており、2008年には1,820万トンが消費されました。これは全体の39%に相当します。これにアイスクリーム(1,430万トン、シェア30%)、ヨーグルト(990万トン、シェア21% )が続きます。2012年までの予測では、さらに10%伸び、5,180万トンに上ると見られ、ヨーグルトの伸び率は16%程度となる見込みです。

同報告書では下記のような消費動向に影響を及ぼす多くの経済的要因や市場要因を明示しています。
◆人口増加と富裕の広がりによる需要拡大
◆コスト増と気候変動による不安定な供給
◆乳製品の利便性や健康意識とともに、消費者はより機能性を重視
◆政府の政策や業界のマーケティングにより乳製品への認識や環境への影響を改善

また、以下の内容が網羅されています。
◆調査期間において、一人当たりの売上、消費量が減少したのは2つの市場(西欧のフロマージュ・フレ、北米のアイスクリーム)のみ。他のすべての市場は拡大傾向を示した。
◆為替相場の変動により市場価値は安定しないものの、キロ当たりの単独売上では多数の製品カテゴリーにおいて増加傾向となった。
◆中東ではヨーグルトがチーズよりも高いシェアを占めたのに対し、アジア/オーストラレーシアではアイスクリームが乳製品市場で優位を占めている。



【 英文市場調査報告書 】

Global Dairy Products 2008

世界の乳製品市場:2008年

http://www.infoshop-japan.com/study/zi77969-dairy-products.html

出版社Zenith International

出版日2008/11



【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業2課

E-mail:sl2@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバル インフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.gii.co.jp/
IR情報
http://www.gii.co.jp/about/ir.shtml

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.