2009年12月09日 10:00

米国電力業界が推進する太陽光発電事業とその戦略:2009年~2020年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Emerging Energy Research発行の最新英文調査報告書「US UTILITY SOLAR PV MARKETS AND STRATEGIES: 2009-2020」の販売を開始いたしました。

米国の電力会社は、今後総発電量が4.8GWを上回る大規模な太陽光発電プロジェクトを実施する予定です。これらのプロジェクトが計画通り実施された場合、3~5年後には電力業界が米国で最も大きな太陽光発電プロジェクトの推進グループとなり、限定的な役割に終始していたこれまでとは大きく様変わりすると見られています。現在米国にある33の州で電力買取り契約の締結やオーナーシップ構想を推進し、太陽光発電事業の拡大を目指している電力業界は、このチャンスを生かし、各種発電技術の利用のあり方を長期的な視点で展望しつつ、太陽光発電の役割を見直そうとしています。

次世代エネルギー市場を専門とする米国の調査会社Emerging Energy Research(EER)が発行した報告書、「US Utility Solar PV Markets and Strategies: 2009-2020」では、太陽光発電市場における米国電力業界の戦略を詳細に分析しており、多額の費用がかかる太陽光発電施設を電力会社が整備する能力についての短期的、中期的な見通し、太陽光発電が電力会社の主な発電手段になる可能性、ネットワークとリソースに関する計画の見直しが必要になった場面で期待できる太陽光発電施設立地条件の柔軟性、ソーラーサービスプロバイダー(SSP)と独立系太陽光発電事業者(PV-IPP)に対抗するため電力会社が推進している分散発電戦略の有効性、といった問題を扱っています。

同報告書の主な内容
● 2020年までの市場予測(高成長シナリオ、低成長シナリオ、標準シナリオ)
● 米国太陽光発電市場の成長促進要因と阻害要因
● 投資家が保有する電力会社、地方自治体が運営する電力会社、協同組合が運営する電力会社の戦略
● 米国電力会社の太陽光発電市場におけるランキング

【 英文市場調査報告書 】
US UTILITY SOLAR PV MARKETS AND STRATEGIES: 2009-2020 
米国のユーティリティ企業による太陽光発電市場と各種戦略:2009-2020年 
http://www.gii.co.jp/report/een102548-us-solar-pv.html

出版社Emerging Energy Research
出版日2009/11
関連するその他レポート一覧
http://www.gii.co.jp/topics/EN06_jp.shtml


【 本件に関するお問合せ先 】
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
担当: 顧客サービスグループ
E-mail:customer-service@gii.co.jp
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.gii.co.jp/
IR情報
http://www.gii.co.jp/about/ir.shtml

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.