2010年05月19日 09:00

ますます導入が加速されるWeb社内報。そのわけは? (全2回の1回目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社内コミュニケーションの企画提案から、安価なASPサービスによる電子社内報を提供している株式会社創英では、社内コミュニケーションの現状、そして社内報の今後について、様々な角度から分析、提言を行なっています。 今回は、ますます導入が加速されているWeb社内報。その理由について提言します。

■Web社内報の導入が加速する時代へ

 社内報制作会社への問い合わせ。数年前はほとんどが「紙」の社内報の問い合わせであったものが、いまは、「Web」社内報の問い合わせが主流となってきている。今後はWeb社内報の導入が加速する時代となる。以下、その理由を考えてみる。

(1) 社内報に経費削減の要請
社内報を取り巻く環境でも記したように、多くの企業で社内報の予算が削減されている。場合により、社内報を紙で発行するのをやめて、グループウェアでまかなう、そういう企業すらある。1号発行するのに、数十万円から、場合により数百万円費用がかかる印刷社内報はやめて、経費を抑えた社内コミュニケーションツールが必要とされる時代となった。多少イニシャルコストはかかったとしても、ランニングコストが抑えられる「Web社内報」が注目される時代となった。

(2) 情報の即時伝達の必要性
環境変化のスピード、それにスピーディーに対応しないと生き残れない現状においては、社内のコミュニケーションにスピードが求められる。月刊で発行される社内報で、いわんや、3ヶ月に一度の季刊発行で情報を共有する時代ではない。社内コミュニケーションの先端企業では、印刷社内報もありつつ、ニュースやすぐに伝えなければならない情報については、Web社内報で伝達している。情報伝達のスピードが企業の命運を左右する時代にあっては、Web社内報の存在がますます注目される。

(3) 社内インフラの充実
一人1台、パソコンが配備される時代となってきた。そして、グループウェアや社内イントラの整備も拡充されつつある。そのような社内のITインフラが整ってきたことも、Web社内報の導入が加速する理由となっている。社内イントラで経費精算や人事の申請ができ、さらに社内の情報も共有できれば、業務効率もよいし、業務として必須項目をWeb社内報と絡ませることで閲覧率のアップできる。さらに、一人1台は当たり前の携帯電話と連動させれば、いつでも、どこでも閲覧できるコミュニケーションツールとなる。



※上記の提言内容が掲載されている、社内報担当者向け冊子
だれも教えてくれなかった 社内広報術』をご希望の方は、下記アドレスまで、
「社内報担当者向け冊子希望」と件名に記載してご連絡ください。
web-info@soei.co.jp

株式会社 創英
東京 新宿区新宿1-12-1 〒160-0022
大阪 大阪市中央区南船場1-17-11 〒542-0081

メールでのお問い合わせは
web-info@soei.co.jp

電話でのお問い合わせは
創英 東京 03-3341-5676  担当 山本・中井
創英 大阪 06-6260-3955  担当 松川・細川

Web社内報について詳しくはこちら
http://www.soei.co.jp/soei_products/web-shanaiho/

このリリースーのお問い合わせ先
東京都新宿区新宿1-12-1 03-3341-5676 中井淳夫
  • 放送、出版

会社概要

商号
株式会社ハル(カブシキガイシャハル)
代表者
越智 賢三(オチ ケンゾウ)
所在地
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場1-17-11 上野BRビル
TEL
06-6263-8038
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.harugakita.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.