2010年05月21日 09:00

ますます導入が加速されるWeb社内報。そのわけは? (全2回の2回目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社内コミュニケーションの企画提案から、安価なASPサービスによる電子社内報を提供している株式会社創英では、社内コミュニケーションの現状、そして社内報の今後について、様々な角度から分析、提言を行なっています。 今回は、ますます導入が加速されているWeb社内報。その理由について提言します。

Web社内報の導入が加速する時代へ

今回も、引き続きWeb社内報の導入が加速されている、その理由について考えてみる。

(1) Web社内報の理解度の向上
多くの企業でWeb社内報が導入され、事例も出てきており、印刷社内報との比較、そして共存については、だいぶ一般的理解がされ始めている。一昔のように、「社内報は紙ではないとだめだ」という認識は薄れつつある。そして、経費削減の至上命令のもと、印刷社内報を廃刊して、Web社内報だけで運用している企業も増えている。そして実際に、印刷社内報と同等の効果をあげているところもある。Webならではの機能をフル活用していけば、印刷媒体では到底できない運用方法が展開できるのである。

(2) ブログ、SNS、Twitterの活用
「Web社内報ではじっくり読むのは疲れる」という声はいまだに多い。しかし、日常生活において、さらに企業の対外的情報発信の世界では、ブログ等でメッセージを発信している。さらにTwitterで情報を入手している世代が今後は企業の中心となっていく。Webでの情報の受発信が苦もなくできるのであれば、すぐに情報を入手でき、すぐに情報を発信できるWeb社内報のほうが、スピードを求められる時代においては、必要とされるのではないだろうか。

(3) 電子書籍時代の幕開け、ITリテラシーの向上
さらに、新聞紙上を賑わしている電子書籍がアメリカからやってくる。日本国内ではまだまた足並みが揃わず、すぐに爆発的に広がることはないだろうが、徐々にではあるが、確実に電子書籍が浸透してくる。携帯コミックは既に大きな市場となっているし、書籍についても、Webサイトで一部読ませてから本の販売を始めるケースもある。先のブログと同様に、結果として、個々人のITリテラシーが向上し、さらに、Webで読むのが当たり前、という意識の変化も起こりつつある。


※上記の提言内容が掲載されている、社内報担当者向け冊子
だれも教えてくれなかった 社内広報術』をご希望の方は、下記アドレスまで、
「社内報担当者向け冊子希望」と件名に記載してご連絡ください。
web-info@soei.co.jp

株式会社 創英
東京 新宿区新宿1-12-1 〒160-0022
大阪 大阪市中央区南船場1-17-11 〒542-0081

メールでのお問い合わせは
web-info@soei.co.jp

電話でのお問い合わせは
創英 東京 03-3341-5676  担当 山本・中井
創英 大阪 06-6260-3955  担当 松川・細川

Web社内報について詳しくはこちら
http://www.soei.co.jp/soei_products/web-shanaiho/

このリリースーのお問い合わせ先
東京都新宿区新宿1-12-1 03-3341-5676 中井淳夫
  • 放送、出版

会社概要

商号
株式会社ハル(カブシキガイシャハル)
代表者
越智 賢三(オチ ケンゾウ)
所在地
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場1-17-11 上野BRビル
TEL
06-6263-8038
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.harugakita.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.