2010年05月25日 18:00

『オシムの言葉』の著者・木村元彦氏の最新作! Jリーグ大分トリニータ元社長・溝畑宏氏の光と影に迫るノンフィクション『社長・溝畑宏の天国と地獄』発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【村上龍氏推薦!】 本書は、大分トリニータと元社長・溝畑宏氏に関する謎を解き明かし、そして「問い」を突きつける。プロサッカーと経営と地方政治に関する、誰も目を背けることができない強烈な問いである

木村元彦著 『社長・溝畑宏の天国と地獄』
2010年5月25日発売
定価:1,260円(税込)
四六判/240ページ
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-780528-4&mode=1

2008年、Jリーグナビスコ杯で優勝した大分トリニータ。
しかし、2009年はJ2降格。その“天国と地獄”の渦中にいた名物社長、
溝畑宏と大分トリニータの15年を『オシムの言葉』著者・木村元彦が描く。

【内容】
大分トリニータのナビスコカップ優勝までの苦難の道のりと、2009年J2降格、
チーム崩壊の真相に迫るノンフィクション。物語は1990年の大分市内にある
喫茶店から始まる──。サッカー不毛の地と言われていた大分にW杯を招致し、
プロサッカークラブをつくった男、溝畑宏。高級官僚の座を投げ捨て、クラブの
社長に就任すると、選手や監督、スタッフやサポーターたちとともに戦い、日本
一を目指して勝利し、そして敗れた。その光と影が、日本サッカー界の現状を、
地方の現実を照射する。


【プロフィール】
溝畑宏(みぞはた・ひろし)
 1960年京都府生まれ。東京大学法学部卒。
 85年に自治省(現在の総務省)に入省。その後、90年に大分県庁へ出向。
 94年大分トリニティ設立(その後、現在の大分トリニータにチーム名を変更)。
 2004年クラブの社長に就任し、2006年、官僚を辞めてクラブ運営に専心。
 2008年、大分トリニータのナビスコカップ優勝で悲願の日本一を達成した。
 しかし、翌2009年、大分トリニータのJ2降格が決定すると社長を辞任。
 現在、国土交通省・観光庁長官として、新しい観光立国を目指し活躍を続け
 ている。

【プロフィール】
木村元彦(きむら・ゆきひこ)
 1962年愛知県生まれ。中央大学文学部卒。
 ノンフィクション・ライター、ビデオジャーナリスト。
 スポーツ人物論、アジアや東欧などの民族問題などの取材を続けている。
 主な著書に『オシムの言葉-フィールドの向こうに人生が見える』(集英社/
 集英社文庫)、『誇り-ドラガン・ストイコビッチの軌跡』(集英社文庫)、『悪者見参
 -ユーゴスラビアサッカー戦記』(集英社文庫)、『終わらぬ「民族浄化」セルビア・
 モンテネグロ』(集英社新書)など
  • 放送、出版

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.