2010年09月13日 13:00

【矢野経済研究所】国内食品市場に関する調査結果 2010を発表~ 食品分析シリーズ1:“大量生産・大量販売”から“消費者視点”のマーケティングへ ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて食品市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間:2010年5月~8月
2.調査対象:食品産業にかかわる有力企業、関連業界団体・省庁等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話ヒアリング、アンケート調査ならびに文献調査併用

<食品市場とは>
本調査における食品市場には、(1)酒類(2)飲料(3)乳製品(4)畜産・水産・農産加工品(5)パン・麺類(6)冷凍食品(7)調味料類(調理、調味料、ホームメイキング材料)(8)インスタント・レトルト食品・その他(9)菓子類(10)健康食品が含まれ、メーカーの出荷金額ベースにて算出した。なお、分野別の数値と動向については、別リリースにて詳述する。


2009年度の国内食品市場規模は、メーカー出荷金額ベースで、前年度比約2%減の29兆8,192億円と見込む。アジア等の新興国を中心として食糧需要が拡大する一方で、天候不順による農作物の減少、投機資金の流入による価格高騰など、グローバルレベルでの食糧争奪戦が始まっている。
国内においては、景気は緩やかな回復局面にあるといわれるものの、将来不安などから消費者の節約志向は継続している。食品市場においては、加工食品の一部で「内食回帰」という追い風がみられたが、消費者の低価格志向や企業間競合による価格競争、低価格販売が続いており、外食市場を含めてデフレ傾向にある。国内市場の拡大が見込めない中で、大手食品メーカーは海外進出やM&Aによる事業拡大を急いでいる。

無断転載禁止
詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/000659
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 営業本部 広報宣伝グループ
  https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 営業本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/
  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社矢野経済研究所(カブシキガイシャヤノケイザイケンキュウジョ)
代表者
水越 孝(ミズコシ タカシ)
所在地
〒164-8620
東京都中野区本町2-46-2 中野坂上セントラルビル
TEL
03-5371-6900
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.yano.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.