2010年10月04日 13:00

【矢野経済研究所】楽譜の利用状況とコピーに関する消費者調査結果 2010 ~膨大な量の楽譜がコピーされ、楽譜のコピー利用は日常化~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社矢野経済研究所と日本楽譜出版協会では、次の調査要綱にて楽譜の利用状況とコピー実態に関する消費者調査を実施いたしました。

1.調査期間:2010年7月~8月
2.調査対象:全国の15~69歳の男女58,783名のうち、「楽譜を日常的によく利用している」2,649名、なお「音楽活動の実施率・楽譜の利用率」については58,783名から国内人口の男女別年齢構成比率に割り付けて抽出した29,288名を調査対象とする。
3.調査対象とした楽譜の種類:一般の一曲ごとに販売されている楽譜に加え、音楽書籍などに掲載されている楽譜を含む。
4.調査方法:インターネットアンケート

 日常的に何らかの音楽活動をしているのは全体の12.4%、音楽活動の実施率は10代(15~19歳)で28.9%、20代で16.9%と若い層ほど高い。また、楽譜を「良く利用している」は全体の7.4%である。音楽活動と同様に楽譜の利用率も若い層ほど高い。
注: 当該調査結果は58,783名から国内人口の男女別年齢構成比率に割り付けて抽出した29,288名を調査対象とする。
 楽譜利用者の中で「全てがコピーした楽譜」を使っているのは14.9%、「多くがコピーした楽譜」であるのは22.5%である。「コピーした楽譜を利用したことがない」のは15.2%に過ぎず、この半年間で全体の8割以上がコピーした楽譜の利用経験がある。楽譜のコピー利用が日常化していることが示唆される。

無断転載禁止
詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/000681
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 営業本部 広報宣伝グループ
  https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 営業本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
株式会社矢野経済研究所(カブシキガイシャヤノケイザイケンキュウジョ)
代表者
水越 孝(ミズコシ タカシ)
所在地
〒164-8620
東京都中野区本町2-46-2 中野坂上セントラルビル
TEL
03-5371-6900
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.yano.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.