2010年10月06日 13:00

【矢野経済研究所】バイオプラスチック市場に関する調査結果2010を発表~原料のバイオマス転換が加速、市場は群雄割拠の時代へ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内バイオプラスチック市場の調査を実施いたしました。

1. 調査期間:2010年7月~9月
2. 調査対象:生分解性、植物原料由来プラスチック原料メーカー、加工メーカー、ユーザー
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送・電話・e-mail・FAXによるヒアリングを併用
<バイオプラスチック市場の定義>
バイオプラスチックとは、使い終わったら水と二酸化炭素に還る「生分解性プラスチック」と原料に植物など再生可能な有機資源を含む「バイオマスプラスチック」の総称で、本調査におけるバイオプラスチック市場とは、この2つの環境調和型プラスチックを対象とした市場を指す。

 2009年のバイオプラスチック市場規模は、13,690t(前年比7.7%減)となった。リーマンショック以降の景気悪化に伴い、ユーザーのコストダウン指向が強まった影響が大きい。バイオプラスチックへの関心度は依然高いが、汎用プラスチックに比べて価格の高いバイオプラスチックにとって、2009年は強い逆風が吹いた。

無断転載禁止
詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/000685
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 営業本部 広報宣伝グループ
  https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 営業本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社矢野経済研究所(カブシキガイシャヤノケイザイケンキュウジョ)
代表者
水越 孝(ミズコシ タカシ)
所在地
〒164-8620
東京都中野区本町2-46-2 中野坂上セントラルビル
TEL
03-5371-6900
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.yano.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.