2011年02月14日 12:00

【野球&サッカーに関する調査】野球とサッカーの人気対決では野球に軍配!サッカーアジア杯決勝戦を2人に1人が「見た」との調査結果に(モッピーラボ調べ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モッピーラボでのモバイルリサーチの結果、野球とサッカーでは野球のほうが人気あり、しかし女性、10代・20代ではサッカーが人気。もっとも好きな野球選手はイチローが男女とも1位、もっとも好きなサッカー選手ではアジア杯MVPのCSKAモスクワの本田圭佑を抑えてインテル・ミラノへ移籍した長友佑都が1位に。国内で活躍する選手以上に世界で活躍する選手に人気が集まる結果となった。

株式会社セレス(本社:東京都港区、代表取締役:都木聡)が運営するモッピーラボでは、2011年2月8日に「野球&サッカーに関する調査」を自社アンケートモニターにてモバイルリサーチを実施致しました。調査対象は15~59歳の男女で、有効回答数は1,000サンプルです。

■野球・サッカーを「定期的に見ている」人は2割弱

野球およびサッカーの「観戦頻度」についてモバイルリサーチで聞いたところ、サッカーでは67.9%、野球では58.7%の人が「定期的に見ている」「たまに見ている」と回答した。野球とサッカーで比較すると、「定期的に見ている」と回答した割合はほとんど変わらなかったが、「たまに見ている」と回答した割合ではサッカーのほうが8ポイント高い結果となった。サッカーでは日本代表の試合がスポットで行われているため、それらの試合のみを「たまに見ている」人が多いのかもしれない。また、性別で比較すると「定期的に見ている」と回答した割合は男性のほうが圧倒的に高く、野球・サッカー共に15ポイント以上の差があることがわかった。
図表参照:野球・サッカーの観戦頻度(n=1000)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/325


■もっとも応援しているチームは「読売ジャイアンツ」&「名古屋グランパスエイト」

野球およびサッカーの「もっとも応援しているチーム」について聞いたところ、野球では「読売ジャイアンツ」(15.3%)、サッカーでは「名古屋グランパスエイト」(5.6%)が1位となった。野球の1位「読売ジャイアンツ」(15.3%)と2位「阪神タイガース」(12.4%)は3位以下に大差をつけているが、サッカーでは1~4位まで1.3%差とどのチームも人気が拮抗していることがわかった。また、2005年に球団発足した「東北楽天ゴールデンイーグルス」が全12球団のうち5位に入り、リーグ戦上位のチームを上回る人気を獲得した。試合の成績よりも、勝利に向けてひたむきに奮闘する姿がファンを惹きつけるのかもしれない。

野球(上位)
1.読売ジャイアンツ 15.3%
2.阪神タイガース 12.4%
3.北海道日本ハムファイターズ 6.7%

サッカー(上位)
1.名古屋グランパスエイト 5.6%
2.ガンバ大阪 5.3%
3.浦和レッドダイヤモンズ 4.6%

図表参照:野球・サッカーの最も応援しているチーム(n=1000)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/325


■もっとも好きな選手は「イチロー」&「長友佑都」

野球およびサッカーの「もっとも好きな選手」について携帯で調査したところ、野球では「イチロー」、サッカーでは「長友佑都」が1位となった。野球では、10年連続200本安打など偉業を達成し続ける「イチロー」が1位、現役日本人選手最高年俸を叩き出した「ダルビッシュ有」が2位となった。5位までの顔ぶれを見ると、驚異的な記録をもつベテランと成長著しい若手に人気が集中していることがわかった。サッカーでは、昨年のワールドカップや先月のアジアカップで大活躍を見せた「長友佑都」が1位、「本田圭佑」が2位となった。特に長友はセリエAのインテル・ミラノへの移籍というビッグニュースもあり、本田を抑えてトップとなった。3位以下も代表選手が占めているが、男性はプレースタイル、女性はルックスを重視していると言えそうだ。

野球選手
男性
1.イチロー
2.ダルビッシュ有
3.金本知憲

女性
1.イチロー
2.ダルビッシュ有
3.斎藤佑樹

サッカー選手
男性
1.長友佑都
2.本田圭佑
3.メッシ

女性
1.長友佑都
2.本田圭佑
3.川島永嗣

図表参照:野球・サッカーの最も好きな選手(n=1000)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/325


■野球vsサッカーの人気対決、男性は「野球」、女性は「サッカー」

「野球とサッカーのどちらが好きか」についてリサーチしたところ、全体の45.0%が「野球」、39.5%が「サッカー」と回答し、野球の根強い人気が証明された結果となった。性別で比較すると、男性は「野球」派が半数以上の51.6%だったが、女性では「野球」派が38.4%に対して「サッカー」派が41.0%と僅差で「サッカー」派が多かった。年代別で比較すると、10代・20代では「サッカー」派が多かったのに対し、30代以降では年齢が上がるにつれて「野球」派が増えていることがわかった。
図表参照:野球とサッカーのどちらが好きか(n=1000)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/325


■サッカーアジアカップ決勝戦、2人に1人が「見た」!

「サッカーアジアカップ決勝戦(日本vsオーストラリア)の試合を見たか」についてモバイルリサーチで聞いたところ、全体の52.5%が「見た」と回答した。(株)ビデオリサーチによると、関東地区の平均視聴率は33.1%、瞬間最高視聴率は37.5%と深夜帯にも関わらず高視聴率を記録していたが、今回の調査ではそれをさらに上回る半数以上の人が見ていたことがわかった。昨年のワールドカップと同様、日本代表の勝ち上がりと共に国民の応援熱も高まっていったようである。
図表参照:サッカーアジアカップ決勝戦(n=1000)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/325

モッピーラボとは、モバイルリサーチによって直接生活者からアンケートを回収し、リアルなライフスタイル・世論の動向を調査・分析し、一般ユーザーへコンテンツとして提供することを目的とした、株式会社セレスが運営する、マーケティングリサーチサイトです。
モッピーラボURL : http://pc.moppy.jp/lab/

全設問・選択肢を含む単純集計結果、クロス集計結果、フリー回答を含むロウデータについて全て無償にて提供しておりますので、お問合せフォームより問い合せください。調査がモッピーラボであることを明記のうえ、自由にご利用・転機いただけます。

■調査概要
調査手法:モバイルリサーチ(モッピー会員: http://pc.moppy.jp/
調査地域:全国
調査対象:15~59歳の男女
調査期間:2011年2月8日
有効回答:1,000サンプル
年代内訳:10代 20.0%、20代 20.0%、30代 20.0%、40代 20.0%、50代 20.0%

■調査内容
1.普段、サッカーの試合(国内・海外問わず)を見ますか?
2.もっとも応援しているJリーグのチームを教えてください。
3.サッカーアジアカップ決勝(日本vsオーストラリア)の試合を見ましたか?
4.2014年ブラジルワールドカップに興味がありますか?
5.もっとも好きなサッカー選手を教えてください。
6.普段、野球の試合(国内・海外問わず)を見ますか?
7.もっとも応援しているプロ野球のチームを教えてください。
8.2013年に予定されているワールドベースボールクラシックに興味がありますか?
9.もっとも好きなプロ野球選手を教えてください。
10.野球とサッカーどちらが好きですか?

※単純集計・クロス集計をした調査結果データを用意しております。調査がモッピーラボであることを明記のうえ、自由にご利用・転機いただけます。

■会社概要
会社名:株式会社セレス
代表者:代表取締役 都木聡
所在地:東京都港区北青山3-6-16 佐阿徳ビル4階
設立日:2005年1月28日
資本金:109,600,000円
事業内容:インターネットメディア事業
URL:http://ceres-inc.jp/

■問い合わせ先
株式会社セレス モッピーラボ担当
モッピーラボのお問い合せフォームより問い合せください
http://pc.moppy.jp/lab/ 
TEL:03-5774-7474
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社セレス(カブシキガイシャセレス)
代表者
都木 聡(タカギ サトシ)
所在地
〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエアタワー 24階
TEL
03-5797-3317
業種
通信・インターネット
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.ceres-inc.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.