2011年05月12日 15:00

第3回「児童英検受験者(児童)を対象とした英語に関するアンケート」集計結果!「将来英語を使った仕事をしてみたい」 子どもは6割弱(56.1%)「将来外国で仕事をしてみたい」子どもは約4割(40.3%)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

財団法人日本英語検定協会(本社:新宿区、理事長:道明文夫)は、2010年度の第3回児童英検公開会場試験を、2月6日に東京・名古屋・大阪で実施しました。その際、児童英検受験者に対して行ったアンケート結果がまとまりましたのでお知らせします。当アンケートは、児童英検を運営する英語検定協会「児童英検課」が昨年発足させた『こども"ワクワク"英語プロジェクト』の一環として試験開催時に毎回実施しているものです。

【アンケート調査概要】
調査名:児童英検 第3回「児童英検 受験者(児童)を対象としたアンケート」
調査対象:第3回 児童英検 受験者(6歳~12歳)
会場:東京・名古屋・大阪の公開試験会場
有効回答数:144名中139名(回答率96.5%)
調査実施日:2月6日(日)
回収方法:児童英検 試験終了後実施(回答時間約15分。年齢によっては保護者の補助あり)

【ポイント】 
● 将来、英語を使った仕事をしてみたい子どもが6割弱(56.1%)
質問4 将来英語を使った仕事をしてみたいですか?
6割弱の56.1%が「はい」と回答し、英語を使った仕事に関心のある子どもが多いことがわかりました。
● 英語が必要と思う職業は「スポーツ選手」が1位(18.0%)
質問5 英語が一番必要な職業は何だと思いますか?
「スポーツ選手」と回答した子どもが18.0%と最も多く、続いて「医者」(11.5%)「塾の先生」(10.8%)となりました。野球やサッカーに代表される様々なスポーツ選手の海外進出と活躍により、英語の必要性を感じているのかもしれません。また、質問6の将来なりたい職業の1位も「スポーツ選手」だったことから、将来国際的に活躍するスポーツ選手になることを目指して、英語の勉強に励む子どもが多くいることがうかがえます。
● 将来、外国で仕事をしてみたい子どもは約4割(40.3%)
質問7 将来外国で仕事をしてみたいと思いますか?
半数以上、55.4%の子どもが「いいえ」と回答しており、「はい」と答えた40.3%を上回りました。この数値は2010年に内閣府が実施した「労働者の国際移動に関する世論調査」の20代とほぼ同じ結果となっています。

【財団法人の概要】
[名称]財団法人日本英語検定協会 [所在地]〒162-8055 東京都新宿区横寺町55番地 
[理事長]道明文夫 [設立]1963年4月 [TEL]03-3266-6555(代)
[URL](児童英検) http://www.eiken.or.jp/jr_step/index.html (英検) http://www.eiken.or.jp/

【お問い合わせ先】
●ニュースリリースの内容・児童英検に関して
財団法人 日本英語検定協会 事業開発室 
TEL:03-3266-6563(内藤、伊藤)
●ご取材等をご検討いただける場合は下記までご連絡ください
広報窓口:有限会社アネティ TEL:03-5475-3488(大石、真壁)
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
財団法人 日本英語検定協会(ザイダンホウジン ニホンエイゴケンテイキョウカイ)
代表者
道明 文夫(ドウミョウ フミオ)
所在地
〒162-8680
東京都新宿区横寺町55 
TEL
03-3266-6383
業種
教育関連
上場先
未上場
会社HP
http://www.eiken.or.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.