2011年06月24日 09:00

歴史は繰り返す「リスク管理」失敗事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業リスク軽視の系譜

IT革命やグローバル化が進展したバブル期以降、「リスク」をいかにコントロールしていくかが、経営上の重要課題となっている。ビジネス白書シリーズの日本ビジネス開発(大阪市住之江区、代表藤田英夫、06-6685-7992)は、これまで「企業リスク白書」で日本企業の様々なリスク事例を整理・分析してきた。
   http://www.jbd-corp.co.jp/

<高度成長期のリスク>
 ●公害リスク
  ・富山イタイイタイ病
   三井金属鉱山
  ・熊本水俣病
   チッソ
  ・新潟水俣病
   昭和電工
  ・四日市ぜんそく
   石油コンビナート各社
 ●薬害リスク
  ・サリドマイド事件
   大日本製薬
  ・薬害エイズ事件
   ミドリ十字

<バブル後のリスク管理失敗例>
 ●多様化するリスク
  ・2000/6----・雪印乳業の乳製品で食中毒が発生、その後の対応及び子会社の食肉偽装事件が絡み、同社グループは解体に至った。
  ・2003/1----・三菱自動車のリコール隠し等の不祥事が、ブランドの失墜を招きトラック・バス事業の分離、三菱グループへの支援を仰ぐ存亡の危機につながった。
 
 ・2004/3----・総会屋への利益供与等の一連の不祥事により、西武グループは再編を余儀なくされた。
 
 ・2005/6----・粉飾決算が明らかになったカネボウは上場廃止となり、その後解体した。
 
 ・2006/1----・証券取引法違反でライブドア堀江社長逮捕。旧ライブドアは解体した。
 
 ・2008/1----・JTの子会社が中国から輸入した冷凍ギョーザに毒が混入、同社冷凍食品事業は致命的な打撃を被った。
 
 ・2009/8----・トヨタリコール問題が拡大。トヨタブランドが大きく傷ついた。

 ・2010/9----・尖閣事件発生。大手製造業にレアアースリスクが勃発した。
  
 ・2011/3----・東日本大震災に端を発した、地震・津波・原子力事故により、多くの企業が存亡の危機に瀕する。

 以上、公害リスクから東日本大震災~原子力事故リスクまで、日本の代表的な企業リスクの系譜を、
  ・企業リスク白書2000年版
  ・企業リスク白書2006年版
  ・企業リスク白書2008年版
  ・企業リスク白書2011年春号
において詳述した。
   
 
(発行所)
 日本ビジネス開発株式会社
〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋5-2-10
 TEL 06-6685-7992 FAX 06-6685-6936
  URL http://www.jbd-corp.co.jp/
    E-Mail jbdhideo@silver.ocn.ne.jp
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
日本ビジネス開発株式会社(ニホンビジネスカイハツカブシキカイシャ)
代表者
藤田英夫(フジタヒデオ)
所在地
〒559-0011
大阪府大阪市住之江区北加賀屋5-2-10 
TEL
06-6685-7992
業種
その他
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.